Media Integration,Inc.

Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • プラグイン・エフェクト

Plug-In

プラグイン・エフェクト

ツールタイプを絞り込む

ブランドを絞り込む

Spatial Sound Card – Pro Stereo App

New Audio Technology

Spatial Sound Card – Pro Stereo App

The Spatial Sound Card App – Stereoはソフトウェア・ベースのバーチャル・サウンドカードです。今までは特別な場所と予算をかけて、複雑で高価なスピーカー・システムを設置して行っていた、プロフェッショナルなオーディオのモニタリング環境をソフトウェアで実現します。このSpatial Sound Card Appを導入することで、コンピューターに接続したごく普通のヘッドフォンで、ステレオ・ソースのモニタリングを可能にします。 Spatial Sound Cardは、ソフトウェアとOSで私用するオーディオ・デバイスの間にインサートして使うバーチャル・サウンドカードで、AR

Spatial Sound Card – Spatial Sound Card Pro

New Audio Technology

Spatial Sound Card – Spatial Sound Card Pro

The Spatial Sound Card App – Stereoはソフトウェア・ベースのバーチャル・サウンドカードです。複雑で高価なスピーカー・システムを設置して行っていた、プロフェッショナルなオーディオのモニタリング環境をソフトウェアで実現します。このSpatial Sound Card Appを導入することで、コンピューターに接続したごく普通のヘッドフォンで、ステレオと7.1chまでのサラウンドのモニタリングを可能にします。 Spatial Sound Cardは、ソフトウェアとOSで私用するオーディオ・デバイスの間にインサートして使うバーチャル・サウンドカードで、ARRI Stag

SPC2000

McDSP

SPC2000

多段がけ、並列がけが1つのプラグインで可能になる、マルチステージ・コンプレッサー。 SPC2000シリアル/パラレル・コンプレッサーは、McDSPのロングセラーCompressorBankのパワーとフレキシビリティーに加えて、2、3、4バンドの設定を、直列にも並列にもルーティングすることができる、類い希なダイナミック・プロセッサーです。SPC2000は、AAX DSPとAAX Nativeに対応しています。 【SPC2000のコンポーネント】 SPC202 – 2バンドの設定 SPC303 – 3バンドの設定 SPC404 – 3バンドの設定 SPC2000のコンプレションには、評価の高いMc

SSL 4000 Collection

Waves

SSL 4000 Collection

伝説的SSL 4000 Seriesコンソールのチャンネルストリップ、バス・コンプレッサーを、細部までモデリング Waves SSL 4000 Collectionは、伝説的なSSL 4000 Seriesをベースに細心の注意を払ってモデリングされた4つのプラグインのバンドルです。   SSL E-Channel、SSL G-Master buss Compressor、SSL G-Equalizer、そして新たに追加されたSSL G-Channel。いずれもSolid State Logicのライセンス許諾のもと、実に1年以上もの開発期間を経て、SL 4000ファクトリー・リファレ

SSL E-Channel

Waves

SSL E-Channel

SSL 4000 Series-Eコンソール そのチャンネルストリップを細部までモデリング SSL E-Channel 伝説のエンジニア、ジョージ・マーティンを迎え1983年に開発されたSSL 4000Eコンソールに搭載されたチャンネルストリップを再現。 ハイパス/ローパスフィルター、4バンド・パラメトリックEQを備えるEQセクションは「ブラック・ノブ」イコライザーとして知られます。ダイナミクス・セクションには、SSL LS611Eをベースにしたソフトニー・コンプレッサー/リミッター、エクスパンダー/ゲートを備え、インサート・ポイントを、EQセクションの前・後から選択可能です。  

SSL G-Channel

Waves

SSL G-Channel

SSL 4000 Series-Gコンソール そのチャンネルストリップを細部までモデリング SSL G-Channel SSL G-Channelは、SSL 4000 383 G EQをベースとするハイパス/ローパスフィルターおよび4バンド・パラメトリックを備えたEQセクション、そしてダイナミクスセクションで構成される、SSL 4000 Series-Gコンソール搭載のチャンネルストリップを再現したプラグインです。 ダイナミクス・セクションには、ソフトニー・コンプレッサー/リミッター、エクスパンダー/ゲートを備え、インサート・ポイントを、EQセクションの前・後から選択可能です。  

SSL G-Equalizer

Waves

SSL G-Equalizer

SSL 4000 Series-Gコンソール そのEQセクションを細部までモデリング SSL G-Equalizer SSL G Series EQ292をベースに、その4バンドEQセクションを再現したのが、SSL G-Equalizerです。E-SeriesのEQに比べより大きなゲインの可変幅を持ち、カーブもわずかに変更、プリブースト・ディップ、プリカット・ライズ、そして広いQ幅を備え、より極端なEQにも対応します。こうした違いから、問題の解決やミキシングにはE-Channelが、大胆な音作りやキャラクターをつけるためにG-Equalizerが好んで使われました。   SSL 40

SSL G-Master Buss Compressor

Waves

SSL G-Master Buss Compressor

SSL 4000 Series-Gコンソール そのバス・コンプレッサーを細部までモデリング SSL G-Master Buss Comp SSL 4000 Gコンソールのマスターバス・センター・コンプレッサーをベースに、Solid State Logicとの共同開発により誕生したのがWaves SSL G-Master Buss Compressorです。実機のコンソールで採用されていた、IC入力と2つのVCAゲインリダクション・アンプによるユニークなサウンドまで再現しています。   ピアノのダイナミクス調整、ドラムやパーカッションにパンチを加えるといった処理。そして多くのエンジニア

Stereoizer

NuGen Audio

Stereoizer

Stereoizerは、自然な音質でステレオ・イメージを広げる、狭くする、モノにする、といったステレオ音像の調整を可能にするプラグインです。特に注意を払ったのは、モノ互換性です。テレビ、ラジオ、イベントのPAシステムなど、モノ互換性は想像以上に多くの再生環境で必要となる重要な要素であるにも関わらず、多くのステレオ・イメージ調整プラグインで軽視されているのが現実です。 Stereoizerを使えば、不自然な副作用を抑えたままステレオ・イメージを操作して、自然な空間表現を実現することができます。その背景にあるのはNUGEN Audioならではの高度なアルゴリズムですが、わかりやすいインターフェース

Stereoplacer

NuGen Audio

Stereoplacer

モノ&ステレオ音源の中身を、自由にパンニング  モノラル音源をステレオにしたい。ステレオ・ループの中にあるパーカッションの定位を調整したい。2ミックス・マスターのバランスを調整したい。Stereoplacer 3は、そんな音像処理を1つの画面内で実現したプラグインです。 Soloモードで試聴して、ターゲットとなる音源の周波数帯を選ぶ。Soloモードを解除して、各バンドのL/Rバランスを調整する。それだけで、周波数帯域別にパンニングされたステレオ音像を生成することができます。 高品位なリニア・フェイズ・アルゴリズムによる、透明なステレオ定位の調整をお楽しみください。  

TOPへ

Media Integration,Inc.

Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報