Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

Renaissance Equalizer
Analog warmth. Paragraphic control.

製品の説明

よりアナログで音楽的なサウンドを追求した、

RenaissanceシリーズのパラグラフィックEQ

リアルタイムEQ グラフ、ビンテージモデルのフィルタカーブ、そして拡張された内部ヘッドルーム。Waves全製品でも屈指の人気を誇るプラグインがRenaissance Equalizerです。大きくゲインアップしても不自然さを抑える、アナログタイプのサウンドと多くの機能を搭載するこのパラグラフィックEQは、マスタリング時に少しばかり退屈でフラットなト ラックに対して音のエッジを立たせ、リアルな息吹を与えることが出来るでしょう。また、複数パラメータの同時調整が可 能です。

 

特徴

20170529_waves_renaissance-equalizer

  • REQ2、4、6バンド、3つのコンフィギュレーションを利用可能
  • ビンテージなアナログイコライザーを基にしたフィルターカーブ
  • レゾナンスシェルフ・フィルター
  • 複数パラメータの同時調整を含む柔軟なコントロール
  • ステレオ/モノラル2系統/リンクモードに対応したオペレーション
  • リアルタイムEQグラフ表示
  • 倍精度ビット解像度処理
  • Mono/Stereoコンポーネント

Renaissance Equalizer

税別価格
¥12,000

税別特価 : ¥5,167

レビュー

気鋭クリエイターが語る!とっておきのプラグイン・テクニック〜第1回:杉山圭一

色付けしたくない場合はWAVES Renaissance EQ(6バンド・バージョン/以下、REQ)を使うことが多いです。僕はREQをコンソールのチャンネルEQのように扱っていて、楽曲内のほとんどの音源に挿しています。つまり基本的な音作りは“REQありき”です。カット方向で使うことが多く、その音のピーキーな帯域を切ってからミックスを始めるというやり方です。ピーキーな部分はどうやって見つけるの?と言われそうですが、方法は簡単。Q幅を極端に狭めてゲインを上げ、音を鳴らしながら低域から高域まで…

続きを読む

収録製品

この製品は以下のバンドルにも収録されています。

仕様・動作環境

20151029_waves_system_req_600

Waves製品はプラグインによって対応ホストアプリケーション、機能などが異なるものがございます。動作環境、対応ホストアプリケーションなどについてはこちらのページをご覧ください。

 

その他の最新の対応環境や製品比較については下記Wavesサイト(英文)もご参考ください。

 

Renaissance Equalizer

税別価格
¥12,000

税別特価 : ¥5,167

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報