Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • スタッフルーム – Sonarworks Match the Mix で「自分の耳」を試してみよう!
scroll

スタッフルーム – Sonarworks Match the Mix で「自分の耳」を試してみよう!

2021.07.30

スタッフUKです。
 
さまざまなレコーディングスタジオや、自宅のミックス環境の構築にも最適な今大人気のSonarworks Sound ID Reference。スタジオや自宅に設置したモニタースピーカーや、お持ちのヘッドホンの特性を限りなく「フラット」な状態に調整し、ミックス作業を劇的に改善します。
 
その効果について、まずは下記の記事をご確認ください。 
 
 

 
そのSonarworks Sound ID Reference の便利さを体感できるコンテンツがSonarworks メーカーサイトに用意されています。その名も「Match the Mix」。
 
 
耳だけで素材曲をいかにリファレンスに近づけられるかチャレンジできます。手順はこちら。
 
1.Start Gameをクリック。
20210730_sonarworks_matchthemix01
 
2.この状態で参考となるリファレンスの音が再生されます。
20210730_sonarworks_matchthemix02
 
3.この状態で自分のミックスが聞けます。EQを操作してリファレンスに近づけてみてください。
20210730_sonarworks_matchthemix03
 
4.バッチリ!と思ったところで、Submitを押すと採点できます。
20210730_sonarworks_matchthemix04
 
全部で3ステージあるのですが、これがなかなか難しいです。
 

Sound ID Referenceの効果は?

今回はスタッフ宮地がチャレンジしてみました。使用するヘッドフォンはFocal Listen Professional 。まずはSound ID Referenceなしで、本人の実力(?)のみでチャレンジしてみます。

20210730_sonarworks_matchthemix05

実際にやってみるとこれがなかなか難しいのですが、結果は…

20210730_sonarworks_matchthemix06

75.6%。悪くはありませんが、できればもう少し正確にミックスを行いたいところです。
 
ここでSound ID Referenceを使って、さらに正確なマッチングができるか試してみましょう。Sound ID Referenceにはさまざまなヘッドフォンのキャリブレーション用のプロファイルが始めから用意されており、そのプロファイルを選ぶことでお使いのヘッドフォンの特性をフラットに近づけることができます。
 
用意されているプロファイルから、Focal → Listen Professional を選択します。
20210730_sonarworks_matchthemix07
 
キャリブレーションが適用されて、フラットな音に調整されます。
20210730_sonarworks_matchthemix08
 
Sound ID Referenceオンで再度挑戦した結果がこちら。
20210730_sonarworks_matchthemix09
 
87.6%!前回よりも正確なジャッジをすることができました。スタッフ宮地いわく、「Sound ID Referenceを適用したほうが、ん?と迷う帯域が減って判断がしやすくなった」とのこと。
 
ちなみにMatch the MixはチャレンジするたびにReferenceサウンドが変わるので何度でも遊べます!ご自身の耳と現在のモニター環境でまずお試しいただき、その後ぜひSound ID Referenceをインストールしてその効果を体感してみてください。
 
Sound ID Referenceは3週間デモでお使いいただくこともできます。まずは一度お試しを!
 

Sonarworks デモ試用バージョンのご利用方法
https://support.minet.jp/portal/ja/kb/articles/sonarworks-trial

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報