Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • 【MI FESTIVAL】「キノコ音学校」出張版!! LEWITTコンデンサーマイクをご紹介!
scroll

【MI FESTIVAL】「キノコ音学校」出張版!! LEWITTコンデンサーマイクをご紹介!

2020.12.24

2020年11月、私たちメディア・インテグレーションは過去にない規模で生配信セミナーを実施いたしました。総計23プログラム、2日間に渡って開催されたこの生配信イベントには延べ5000人もの方にリアルタイムでご視聴いただきました。

いずれのプログラムも濃密かつためになるセミナーとなりましたが、ここではその中から、音楽制作団体ノスタルジック・オーケストラのお二人をお招きし、今もっとも注目を集めるマイクブランド、Lewittのコンデンサーマイクについて語って頂きました。


このセミナーのみどころ

ノスタルジック・オーケストラのお二人はLewittマイクをすでにいくつも所有されており、LCT240 Pro、LCT440 Pure、LCT640TSを実際のレコーディングでも使われているとのこと。

Lewittマイクを「フランクに扱えて、音がいい」マイクと位置付け、コンデンサーマイクに慣れ親しむにはベストチョイスのブランドである、と軽快なトークで進行いたします。

20:00近辺からは禁断(?!)の比較試聴実験。LCT240 Pro、LCT440 Pure、LCT540Sに加えて、スタジオマイクとしては超定番のNeumann 87aiを比較対象に追加。最大の価格差が約1/15にも及ぶ比較は、どのような結末となるのでしょうか?実際のボーカルレコーディングを聞きながら耳で判断をしてみてください。

ノスタルジック・オーケストラさんには過去にもアコースティックギターのレコーディングTipsでLCT240 Pro、LCT440 Pureの録り比べをしていただいていますので、併せてチェックしてみてくださいね。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報