Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報

MultiRack SoundGrid + DiGiCoコンソールのセットアップ方法

2019.04.04

最新のDiGiCoコンソール用ソフトウェアをお使いの場合、MultiRackは外部のWindowsまたはMacで動作します。その場合も過去のDiGiCoコンソール・ソフトウェアと同様に、コンソールミラーリング、セッションの同期、スナップショットによる連動が行えます。ここでは、その設定方法について解説しています。

MultiRack SoundGrid と DiGiCoコンソールをご利用の場合は、本ページをご参考の上設定をお試しください。

必要な機材

  • DiGiCo Console
  • Waves DiGiCo I/O card または DMI card (for SD12, S21 and S-Series Consoles)
  • MultiRack SoundGrid ソフトウェア,  およびライセンス
  • SoundGrid DSP Server 、リダンダント用予備サーバー(オプション)
  • SoundGrid 対応Gigabit Ethernetスイッチ
  • CAT 5e 以上のEthernetケーブル
  • SoundGrid 対応 pluginライセンス
  • 対応Mac または PC コンピューター
  • 最新の SD software

 

●リモートコントロール設定 - DiGiCo:
1.DiGiCoコンソールで、[Options]> [Console]タブに移動します。[Enable External Waves MultiRack]を[Yes]に切り替えます。
2.「Choose Waves network」の下に、SoundGridネットワークがあらかじめ選択されています。コンソールをホストコンピュータにリンクするネットワークを選択し、コンソールを再起動します。


●リモートコントロール設定 - MultiRack :
1. preferencesメニューから、 "General"タブを選択して関連するLANポートを選択してください。
2.[Remote Control]タブをクリックし、同じLANポートを選択して[Apply]と[Assign]をクリックします。
3.ステータスセルに「Connected」と表示されます。
4.コンソールで[Enable MultiRack]を選択していないと、使用可能なコンソールのリストは表示されません。
5.接続が確立されると、トップバーのRemote (RMT) LEDがオレンジ色の文字で黒くなります。
6.同期の問題が発生した場合、MultiRackはアラートを表示します。


●MultiRackセットアップ
同期の問題が発生した場合、MultiRackはアラートを表示します。

以下の手順にてSoundGrid system inventoryを設定しなおしてください。

1.[Audio]> [SoundGrid Inventory]に移動します(または[F2]を押します)。
2.接続したさまざまなネットワークコンポーネントを割り当てます。
・SDコンソールIO - 1に割り当て
・MultiRackソフトウェア - 1にあらかじめ割り当てられています
・SoundGrid server - 1に割り当て
・冗長性のために2台目のサーバーを接続した場合 - 2として割り当て

3.SoundGrid Connectionsページを開きます。Audio> SoundGrid Connections(またはF3を押します)
4.コンソールからMultiRackに送り、コンソールに戻すオーディオのルーティングを設定します。

最大64チャンネルの入出力が可能です。


●コンソールミラーリング:
完全な冗長性を提供するために、2台のDiGiCoコンソールをミラーリングできます。
障害が発生した場合、制御と処理は冗長DiGiCo / MultiRackシステムに移ります。

メインコンソールと冗長コンソールまたはエンジン間の切り替えは、コンソールによって処理されます。
これには2つの完全なDiGiCo / MultiRack SoundGridネットワークと、それぞれが同じ最新バージョンのソフトウェアである必要があります。

 

●セッション管理
MultiRackセッションはMultiRackコンピューターに保存され、コンソールが要求を送信したときにロードされます。MultiRackコンピューターの[Integrated Sessions]フォルダーに同じ名前のセッションが既に存在する場合は、ロードされます。

同じ名前のファイルがMultiRackコンピューターに存在しない場合は、空のセッションが作成されますが保存されません。

同じ名前のセッションがコンピュータにも保存されるように、コンソールからセッションをもう一度保存する必要があります。

同期セッションファイルは、MultiRackホストとコンソールに保存されます。それらは同じ名前でなければなりません。

・「SES」ファイルがコンソールのコンピュータに保存されます。(D:\ Projects)
・「MRDB」ファイルは、MultiRackコンピューターの次の場所に保存されます。
  Mac:/ユーザー/共有/ Waves /MultiRack/ Integrated Sessions
  PC:C:\ Users \ Public \ Waves Audio \ MultiRack \ Integrated Sessions

同じコンソールの旧バージョン(DiGiCoコンソール上でMultiRackを起動するバージョン)からMultiRackを使用していた場合、セッションを維持したい場合は、MultiRackセッションファイルをコンソールコンピューターからMultiRackコンピューターのIntegrated Sessionsフォルダーにコピーする必要があります。

次回MultiRackを起動すると、コンピュータは同期します。このセッション同期は一度だけ実行する必要があります。

これらのセッションにスナップショットが含まれる場合は、それらをコンソールと対応させるために追加の手順が必要です。

 

MultiRackセッションのスナップショットタイトルをDiGiCoフォーマットに変換するには:

1.元のMultiRackセッションをバックアップし、DiGiCoセッション(.ses)ファイルとまったく同じ名前で新しいコピーを保存します。
2.MultiRackでリモートコントロールをオフにして、MultiRackとDiGiCoセッションで同じ数のスナップショットがあることを確認してください。
3.MultiRackスナップショットの番号と名前を、 DiGiCoスナップショットとまったく同じ名前に変更します。
例えば:
1.00 First Song
2.00 Second Song
3.00 Third Song Part A
4.00 Third Song Part B

以下の場所に保存されます:

Windows:C:¥Users¥Public¥Waves Audio¥Multirack¥Integrated Sessions
Mac:Mac HD>ユーザー>共有> Waves Audio> Multirack>Integrated Sessions

前述のように、Remote-Control接続を再びオンにします。

> Waves Liveに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報