Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • 新しくなったWaveform 9 – 優れた音楽はコードトラックから生まれる
scroll

新しくなったWaveform 9 – 優れた音楽はコードトラックから生まれる

2018.06.13

Waveform Peopleのみなさん。

 

最近、色んなチャンスが訪れてる芦沢です。
ピンチはチャンスと言うけど。ピンチはピンチですね(経験談。

 

思い返せば、メディアインテグレーションさんから与えていただいたチャンスは数知れず。

足を向けてアイディアを練れません。

Waveform9の連載、次回が最終回でちょっぴりセンチメンタル。

 

連載第5回目 - 優れた音楽はコードトラックから生まれる

Waveform9で追加されたコードトラック。

 

↓オフィシャルから引用

 

新しいコードトラックでは、

楽曲のコード進行・アレンジをより豊かなビジュアルで確認することが可能になりました。

もう一つの優れた機能であるMIDIパターンジェネレーターと組み合わせれば、

複数のMIDIクリップを同期させながら、異なるコード進行を素早く切り替え、

実験することができます。

 

MIDIパターンジェネレーターとコードトラックを組み合わせれば、

たしかに強そうだ!

 

まずは、Omnisphere2の「Coffee Can Arp」で試してみます。

 

20180612_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture1

 

Omnisphere2のトラックに新しいMIDIクリップを挿入。

MIDIクリップ名をsynthに変更。

 

パターンジェネレーターのパターンスタイルからコードを選択。

プリセットの人気のある4つのコード進行で(洋楽で王道)、

I-V-vi-IVを選んでね。

 

そして、コードトラックにクリップを作成。

クリップの長さを、synthトラックに合わせる。

クリップを入れたばかりだと、synthトラックのコード進行と同期していない。

 

同期するには、Chord Clipのプリセットをクリックして、

「その他のクリップ」の「synth」を選択。

 

synthのMIDIクリップの「キー」から、Follow Chord Trackを選択。

コードトラックとsynthトラックのコードが同期できた!

動画を参照してください。

 

 

音を再生してみると、こんな感じ。

 

 

実際、コードトラックのコードを変更してみよう。

コードトラックのコードを変更すると、

MIDIトラックのコードが変化しているよね?(動画を参照。

 

 

例えば、コードトラックでみんな大好きなコード進行(FM7→GM→Em7→Am7)に変えてみると!

ちゃんとsynthトラックのコードが追従します。

打ち込みしなくてイイw楽です。どうしよう。

 

20180612_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture2

 

もう打ち込みしないぞ!

キックのトラックを作成。お気に入りプラグインのKick2を使用。

パターンジェネレーターのベースプリセットをOn Beatに選択。

 

20180612_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture3

 

音程の変わらない設定のキックなら、ドン!ドン!ドン!ドン!と鳴る。

こんな感じ。

 

 

次にスナップ音のトラックを作成。

あらかじめ、Multi Samplerにスナップ音をインサート。

赤枠で囲っている鍵盤アイコンをOFFにする事で、

どの音程を演奏してもスナップ音の音程が変わらなくなります。

 

20180612_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_snap

 

パターンジェネレーターのベースプリセットをOff Beatに選択。

 

20180612_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture4

 

あああ!いい感じ!

 

 

ベースを入れてみよう!

ベースと言えばTrilian。Trilianと言えば「Clubbing Swedes 1」だね。

カッコイイ音色でお気に入り。

 

20180612_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture5

 

Trilianがまだセール中。(編集注:2018年6月掲載時、現在は終了しています)
http://www.minet.jp/contents/promotion/spectrasonics-early-summer-sale/

 

ベースのトラックを作成。

パターンジェネレーターのベースプリセットをRapidに選択。

 

20180612_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture6

 

 

最後に、Omnisphere2の「Breakdown Wobbly Pad」を足してみた。

 

20180612_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture7

 

 

コードトラックでコードを変更すれば、各MIDIトラックのコードが追従されるので、

とっても便利な機能。MIDIトラックごとに変更しなくてイイもんね!

 

みなさんも、楽しくコードトラックを使ってみてくださいね。

では!またね~

 


 

著者プロフィール

Exif_JPEG_PICTURE

芦沢英志
(サウンドクリエイター)

『ホームセンターでゾンビと戦うゲーム』(海外7カ国で新着アドベンチャー1位を記録/Android版)、『200億人の俺の嫁』などの楽曲及び効果音制作を担当。2017年6月配信、個人名義アルバム「Tropical 43」がiTunes Store トップエレクトロニックアルバム4位を記録。

 

 

関連製品

WAVEFORM 9

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報