Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • 新しくなったWaveform 9 – Multi Samplerでボーカルチョップしてみよう –
scroll

新しくなったWaveform 9 – Multi Samplerでボーカルチョップしてみよう –

2018.04.18

ご無沙汰しています。また!Waveformの連載を担当する事になりました。帰ってきたアシザワマンです。

メディアインテグレーションさん、Tracktionさんから是非アシザワマンに触ってほしい。と、ご連絡いただいて歓喜なアシザワマン。思い返せば、2017年の夏。何も知らない、触ったことがないWaveform8の連載を始めることになった。連載が終わった後、色々な方から面白かったです!また連載してください!

 

って言われている夢を見ました。

 

実は夢ではなくて、実際にメディアインテグレーションさん宛てにお声が届いていたようです。ボクの連載をキッカケにWaveformを買ってくださったり、とっても嬉しく思っています。ありがとうございます!!

今回も!Waveform Peopleと一緒に習得を目的とする、とても意識の高い連載にしようと思う。これから三ヶ月(6回連載)、よろしくお願いします!

 


 

Waveform9では、様々な機能が追加されたんだ。アップデート内容に合わせて、連載記事にしていこうかと考えてます。

 

まずは・・Multi Sampler!

キタコレwきちゃったコレ。ボクのために追加されたのか、と思うぐらい嬉しいMulti Sampler。

 

 

編注:MultiSampler…Waveform 9に完璧に統合されたサンプラー・インストゥルメント。DAWからのサウンドを直接取り込むだけでなく、他のアプリケーション、例えばお使いのウェブ・ブラウザからでも直接サンプリングが可能な柔軟さを持つ。

インポート、スライス、MIDI変換ツールなどサンプラーに求められる機能を全て盛り込んだクリエイティブ・ツール。

 

 

今回、Multi Samplerを使ってデモ曲を作ったので、ご参考になれば幸いです。

デモ曲に使えるボーカル素材を探していて、良いのが見つかった。TwitterやDTM界隈などで著名な方。ゆにばすさんがご紹介されていた、無料のボーカル素材を使用する事にしました。

 

コチラ↓

【無料】女性ボーカルセッションサンプルパック、Function Loops「FREE Female Vocal Sessions」無償配布開始!

 

連載第1回目 - Multi Samplerでボーカルチョップしてみよう

ボーカル素材(121BPM_D29_OOHM PARA F#)をトラックに貼ってテンポを合わせる。

 

20180413_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture_1

 

オーディオファイルを選択して、ループのプロパティをクリック。
ルートテンポを元素材の121に変更。ストレッチをElastique(プロ)を選択。

 

20180413_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture_2

 

オーディオファイルの長さを小節に合わします。

上部の右端▷を、optionを押しながらクリックして小節を合わせます。

動画を参照してくださいね!

 

20180413_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_movie_1

 

オーディオクリップを選択して、Multi Samplerをクリック。

 

20180413_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture_3

 

Multi Samplerにボーカル素材がインポートされます。

 

20180413_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture_4

 

インポート後、スライスされた状態になっているので、

変更したい場合はClear all slicesでスライス情報を削除。

 

20180413_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture_5

 

ビート感度を調整してお好みにスライスしてね。

Create sound layer with each sliceを実行すると、

キーノートにスライスが割り振られる。

 

20180413_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture_6

 

後は!かっこいいボーカルチョップのフレーズを作るのだ!

こんな感じ。

 

デモ1

 

かっこいいボーカルチョップに合わして、アレンジしていこう。

まずは、4つ打ちキックとシンプルなベースを入れてみた。

 

デモ2

 

ボーカルチョップ、ベース、リズムだけでラフなイメージは出来てきたね。

ここから、さらに良くしてみよう。

ベースを芯のある音+広がりを出してみた。

ハイハット、シェイカー、コンガを足してグルーヴを追加。

最後に、ボーカルチョップした元のボーカル素材を使用。

 

デモ3

 

エクセレント!(自画自賛。

デモ曲をどのように作ったか、全体図を最後に載せておきます。

 

20180413_hideyuki-ashizawa-returns-waveform-9_picture_7

 

Wveform9から追加されたMulti Sampler。

スライス機能が付いているサンプラーはあまりないのと、Waveformに付属されているのが貴重だと感じてます。

もちろん、一般的なマルチサンプラーとしても使うことは可能です。KONTAKTのようなイメージ。

 

まだまだ、色々できそうなMulti Sampler。

みなさんも、楽しくMulti Samplerを使ってみてくださいね。

では!またね~

 


 

著者プロフィール

Exif_JPEG_PICTURE

芦沢英志
(サウンドクリエイター)

『ホームセンターでゾンビと戦うゲーム』(海外7カ国で新着アドベンチャー1位を記録/Android版)、『200億人の俺の嫁』などの楽曲及び効果音制作を担当。2017年6月配信、個人名義アルバム「Tropical 43」がiTunes Store トップエレクトロニックアルバム4位を記録。

 

 

関連製品

WAVEFORM 9

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報