The Trumpet2.0.1aリリース

2009.03.03

SampleModelingよりThe Trumpet2.0.1aがリリースされました。


本アップデートはInstrumentsのアップデートとなり、Kontakt Playerはアップデートされません。
Mr.Sax T ユーザー様は無償にてアップデート可能です。
現在インストールされているInstrumentsのバージョンは、Kontakt Player画面上のInstrumentsメニューより確認頂けます。また、事前に下記の2.0.1のアップデートが行われている必要があります。

trumpet201a_1


2.0.1アップデート内容

  • CPU負荷の軽減
  • レガート: ウィンドコントローラーへの最適化


ダウンロード方法

下記のダウンロード方法をご参考下さい。

インストール方法

アップデータはzip形式で圧縮されています。
ダウンロード後、解凍し、The Trumpetの音色ライブラリーの入っているフォルダ内から、"Documentation"および"Instruments"フォルダ、"The Trumpet_info.nkx"ファイルの3つを、ドラッグ&ドロップにて置き替えてください。






2.0.1アップデート内容

本アップデートはライブラリーのアップデートとなり、Kontakt Playerはアップデートされません。
The Trumpetユーザー様は無償にてアップデート可能です。
現在インストールされているライブラリーのバージョンは、Kontakt Player画面上のInfoメニューより確認頂けます。(製品付属のバージョンは1.0.1です)

1. Windcontrollerモード(WC)の搭載
ウィンドコントローラー特有のマウスピースでの演奏に最適化されたビブラート、ピッチベンドにThe TrumpetのPitchbendを追従させるモードです。

2. Breathcontorller(BC)モードの搭載
プレス・コントローラーのスレッショルドに応じてノートオン/オフを認識させるモードです。より自然なブラス、ウィンド楽器の演奏を行うことが可能です。

3. コントローラー・リマッピングの拡張
CC11に加え、Dynamics、 Vibrato Intensity、 Vibrato Rate、 Dynamic Pitchおよび Portamento Timeといった主要パラメーターのCCリマッピングが可能になりました。

4. コントローラー・パネルの追加
The Trumpetの動作で必要となるすべてのパラメーターが、画面上のノブから操作可能になりました。コントローラーは3つのGUIパネルに分かれ、ドロップダウンメニューからアクセスできます。

5. MIDI CCポルタ面メッセージによるMute選択の追加
ドロップダウンメニューに加え、CC100から各Muteの選択が行えます。メニューのController 3からアクセスが可能です。

CC100
0〜21: ミュートなし
22〜42: Straight
43〜63: Cup
64〜85: Bucket
86〜106: Harmon
107〜127: Harmon + stem

6. ポルタメント・タイムの調整
ベロシティだけでなく、CC5によるポルタメント・タイムの調整が可能になりました。

7. Doitキースイッチの追加
演奏中にC2+G1(スタンダード Doit)、C2+G#1(ハーフバルブ Doit)のノートを抑えると、各グリッサンド効果が得られます。

8.CCコントロールによるダイナミック・ピッチ・モジュレーション
CC11のエクスプレッションに連動したピッチの揺らぎ加減を、CC24によってコントロールします。デフォルトのパラメータは64に設定されています。


ダウンロード方法

本アップデータは、Kontakt Playerと同時にインストールされる、ServiceCenterアプリケーションを使用してダウンロードを行ないます。(Native Instruments社のサイトからもダウンロードが可能です)

  • The Trumpet 2.0.1 Documentation(2.0.1英文マニュアル)
  • The Trumpet 2.0.1 Update(サウンドライブラリーアップデータ)

1.ServiceCenterを起動します。起動時にパスワードを求められるので、コンピュータのパスワードを入力して下さい。


2.アップデートが必要な場合、アップデートを促す画面が表示されます。この場合"Next"をクリックしてアップデートを行ってください。


3.アップデート完了の画面が表示されたら、"Next"をクリックして再起動させます。


4.再度ServiceCenterを起動したら"アップデート"タブをクリックします。


5.現在ご利用頂けるアップデータが表示されます。
該当製品にチェックを入れ、画面右下の"ダウンロード"ボタンをクリックしてダウンロードして下さい。
ダウンロード場所は画面下に表示されます。

6.ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして起動し、画面に沿ってインストールを行ってください。

> Sample Modelingに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ