BFD3 v3.2.0.6アップデータリリース

2017.05.13

2017.3更新

BFD3 v3.2.0.6がリリースされました。BFD3いずれのバージョンからも無償にてアップデート可能です。

本バージョンよりOS X32ビット環境およびRTASフォーマットのサポートが終了しております。同環境/フォーマットをご利用のユーザーの方はv3.1.4をご利用ください。

 

主な追加・変更点

  • OS X 32ビット環境サポートを終了
  • Windows 32ビット環境についてはサポートを継続
  • OS X/Windows共にRTASバージョンのサポートを終了
  • Ableton Live 9.7.1、 Win10においてプリセットが選択できなくなる問題を修正
  • キーボードショートカット設定が再起動時に保存されなくなる問題を修正
  • インストーラーをROLIバージョン対応に更新
  • ベートおよびベロシティレスポンスカーブが奏法の少ないキットで適正に反応しない問題を修正
  • 情報ボタンを繰り返し押した際にデモ版の画像が製品版に重なって表示される問題を修正
  • BLOCKS DashboardとBFD3スタンドアローンを同時に起動した状態でMIDIイベント情報が重複して受信される問題を修正
  • BLOCKS Dashboardが起動した状態でBFD3スタンドアローンがクラッシュする問題を修正

 

動作環境

  • OS X 10.9-10.12
  • Windows 7-10
  • AU*、VST (2.4)、AAX Nativeスタンドアローン対応
  • Intel Core 2Duo 2 GHz以上
  • RAM空き容量2GB以上
  • Core Audio(Mac)/ASIO(Win)ドライバー対応インターフェース(WDM非対応)

*Apple GrageBand 10以降には非対応となります。

 

アップデータのダウンロード方法

FXpansionウェブサイトにて画面上部のメニューSupport>Product Downloadsをクリックします。アカウントにログインの上、BFD3の項目をクリックしてダウンロードページにアクセスし、下記のアップデータをダウンロードします。

  • BFD3 – v3.1.x

ダウンロードの詳細な手順については、下記ページをご参考下さい。

FXpansion製品アップデータダウンロード方法

 

アップデータのインストール方法

Macintosh

zip形式にて圧縮されています。解凍してご利用下さい。アップデータアプリケーションをダブルクリックして起動し、画面に沿ってインストールします。

Windows

インストール時「32bit VST Plugin Path」および「64bit VST Plugin Path」画面で適切なVSTプラグイン・フォルダーを指定する必要があります。下記ページを参照の上、ご利用のDAWソフトウェアの設定に沿ってプラグインフォルダを指定してください。

VSTプラグインのインストール場所について

 

アップデート履歴

2017.3更新

BFD3 v3.1.4.5_signedがリリースされました。BFD3いずれのバージョンからも無償にてアップデート可能です。

本バージョンでは、macOS Sierra 10.12でのインストールおよび動作に対応しております。

主な追加・変更点

  • macOS Sierra 10.12に対応
 
2015.4更新

BFD3 v3.1

主な追加・変更点

  • BFDLAC Tool: BFD2拡張音源をロスレス圧縮し、HDDスペースを大幅に削減
    使い方詳細はこちらをご参照ください
  • VCA Compエフェクトを追加
  • 24の新しいプリセット/キットを追加
  • Demo Packパネルを追加。Percussion、Deluxe、Jazz & Funk、Oblivionほか拡張音源のデモ試用が可能に
  • 最適化およびバグフィックス

> FXpansionに関するサポート情報一覧に戻る

TOPへ