scroll

The Saxophones
Baritone, Tenor, Alto & Soprano

製品の説明

バリトン、テナー、アルト、ソプラノ、代表的な4つのサキソフォンを、一つのパッケージで提供するのが、The Saxophonesです。すべてのインストゥルメントで独自開発のプラットフォームであるSWAMエンジンが採用されたことで、管楽器独特の表現をリアルタイムで演奏したり編集するために最適化されたユーザーインターフェースと、開発者が目指したリアルで表現力に溢れた音色を実現しています。

20150226_SampleModeling_Saxophones

The Saxophonesでは、プロのサックス奏者の演奏を半音階づつ、細かく段階分けされたボリュームで演奏された音をサンプリングした音源をベースにしています。このベースとなる音色は当然、本物の楽器と同じ音色です。普通のサンプル・ライブラリーならこれだけで終わりですが、SWAMエンジンには、ダイナミクス、ピッチ、フォルマントをリアルタイムに変化させる技術が組み込まれています。これにより、ビブラート、サブ・ハーモニック、グロール、フラッター・タンギングなど、サックス独特の表現をキーボードで演奏することを可能にしているのです。

特徴

開発コンセプト

新しいSWAMエンジンは「コンピューターの中で本物の楽器を再現する。」ことを目指して開発されました。その音色は本物のサックスと聴き分けることができないほどリアルです。

リアルタイムで演奏するには、キーボードかウインド・コントローラーに加えて、エクスプレッション・ペダルやブレスコントローラーが必要です。さらに、複数のMIDI CCコントローラーを組み合わせることで、本物の楽器のように、オーバーブロー、サブハーモニクス、グロウルやフラッターを表現することができます。


MIDI CCを使ったコントロール

20150226_SampleModeling_instruments

ほとんどすべてのパラメーターはMIDI信号でリアルタイムでコントロールすることができます。Ms. Sax Sは表現力を高めるために複数のMIDIコントロール信号を使います。基本は、ピッチ・ホイール、CC11(またはCC7かCC2)でダイナミクス、CC1(モジュレーション・ホイール)でビブラートの密度、ポルタメント・タイムは、オッバーラップするノートまたは他のCCにアサインすることができます。キーのノイズ(CC9)、サブハーモニクスの密度(CC20)、フラッター(CC23)などの特殊な奏法もCCでコントロールします。CC129のチャンネル・アフタータッチでも、ビブラートの強さや速さ、サブハーモニクス、グロウルやフラッターの強さのコントロールに使うことができます。

MIDIキーボードだけではなく、Yamaha WX5、EWI USB、EWI 4000Sなどのウィンド・コントローラーでも、Samplemodeling製品の表現力を生かした演奏を楽しむことができます。


視認性の高いインターフェイス(GUI)

20150226_SampleModeling_Saxophones_GUI

画面上のGUIでパラメーターのデフォルトの値を適切に設定/確認します。音色、ハーモニクス音の構成、フォルマント、アタックのタイプ、サブハーモニクスの密度、グロウル、キーノイズ、ブレスノイズ、オーバーブロウの値を調節します。ピッチの揺れ、ダイナミクスの波、ダイナミクスの変化にともなうピッチの反応、パイプの共振、伝達によるサブハーモニクス音の強さ、リリースとポルタメント・タイムも細かく設定できます。転調、マスター・チューニング、ピッチベンドの反応、ボリューム、パン、コンプレッションのかかり具合、密度とディケイと内蔵のリバーブの密度とディケイも調節可能で、実に細かく自分好みの反応をしてくれるソプラノ・サックスを、コンピューターの中で作り上げることができます。


リアルタイムに演奏するには、ピッチベンド、モジュレーションホイール、MIDI CC11がアサイン出来るエクスプレッションペダルやブレスコントローラーをご用意下さい。

スタンド・アローンでの使用について
VSTやAU フォーマットのプラグインが動作可能なホストアプリケーションをお持ちで無い場合、SaviHost(PC)などのプラグインホスト・アプリケーションを経由することで使用可能です。Mac 環境の場合は、標準搭載のGarageband 経由で起動できます。

仕様・動作環境

Sample Modeling Swam動作環境

SWAM Engine製品

Double Reeds、The Flutes、The Saxophones、The Soprano & Bass Clarinets、The Viola、The Cello

  • Mac OS X 10.7-10.11
  • Windows 7/8
  • AU、VST (2.4)、AAX Native 各32/64bit対応
  • Core2Duo 2GHz以上のプロセッサ
  • 2GB以上のメモリ(4GB以上を推奨)
  • MIDI CC#11の送信が可能なMIDIコントローラ(必須)

 

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。本製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。 製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

TOPへ