• POPULAR LINKS
検索

本サイトでの Cookie の使用について

  • TOP
  • ソフトウェア

Software

ソフトウェア

ツールタイプを絞り込む

ブランドを絞り込む

UM225 / UM226

Waves

UM225 / UM226

ステレオ素材をサラウンドソースへとリアルタイムにコンバート、帯域バランスなどの調整も可能なプラグイン UM225/UM226 Stereo-to-Surround Processorは、2chのステレオ素材を5.0ch/5.1chのサラウンドソースへとリアルタイムにコンバートするプロセッサーです。 音楽から映画のサウンドトラックまで、今日のフルマルチスピーカー環境の感動を得るため、オーディオエンジニアはありとあらゆるコンテンツをステレオからサラウンドにアップミックスしています。オリジナルのマルチトラックセッションが利用できない場合、ステレオミックスを使用しなければいけません。 経験を積んだエン

V-Comp

Waves

V-Comp

音楽的なパンチ感、レンジ感を備えた、誰もが知るビンテージ・ハードウェアの銘機2254を再現 固定された記載出力ゲインと時定数を備えたV-Compは、ビンテージ2254ハードウェアコンプレッサーのリッチで魅惑的なマスターバス・サウンドを再現します。この非常に反応の早いダイナミクス・プロセッサーは、数え切れないヒットレコードで聴く事の出来る、わかりやすく音楽的なパンチ感を出すことができます。そのコントロールされた柔らかいコンプレッションは、ミックスを実にうまく馴染ませることができます。

V-EQ3

Waves

V-EQ3

60〜70年代のリッチでクラシックなサウンド、世界中で愛される銘機1073、1066を再現   世界でもっとも好まれる2台のコンソールモジュール、1073と1066を再現。最高のサウンドキャラクターの組み合わせが実現します。クラシックな3バンドEQによる絶妙なカットオフポイントと可変式ハイパスフィルターは、ミキシング、マスタリングに最適です。   V-EQ3こそ、60年代や70年代のリッチでクラシックなサウンドに辿り着く近道です。  

V-EQ4

Waves

V-EQ4

60〜70年代のリッチでクラシックなサウンド、世界中で愛される銘機1081を再現   人気の高い1081コンソールモジュールを再現。クラシックな4バンドイコライザーには、細やかな高周波ブーストに加え、ハイパス/ローパスフィルターを備えています。   V-EQ4はビンテージアナログ機器の特徴的なサウンドをキャプチャーしており、無限のフレキシビリティとバーサタイルなデジタル環境を提供してくれます。

V-Series

Waves

V-Series

ビンテージと、未来との出会い 2254、1066、1073、1081…。多くの人にとって、これはただの数字です。しかし、オーディオ・プロフェッショナルにとって、この数字はハードウェアの名機を連想させます。   Waves V-Seriesは、数多くのレコーディングスタジオに設置され、世界で最も名高いコンソールのサウンドを完全に再現する、3つのビンテージモデリング・プラグインです。   分かりやすく音楽的なパンチ感を出す2254ハードウェア・コンプレッサーを再現したV-Comp、世界中で最高の人気を誇る2つのコンソールモジュール、1073と1066を再現するV-EQ3、そ

Video Sound Suite

Waves

Video Sound Suite

ノンリニア編集に最適な、オーディオ・プラグイン・バンドル ノンリニアのクリエイターなら誰もが、第一印象が作品の印象に大きく影響する事を知っています。全フレームに集中しているプロデューサーやクライアントと共に、ラフカットであっても彼らを納得させなければいけません。つまり、再生ボタンを押した瞬間、スピーカーから出てくる音は、素晴らしい映像と同様に、あらゆる点で最高でなければいけません。   ビデオ編集用途に最適なオーディオプラグインを集めた Waves Video Sound Suite を使えば、映像作品に不可欠なサウンドのクオリティを、素早く簡単に上げることができます。  

VisLM-H 2 Loudness Meter

NuGen Audio

VisLM-H 2 Loudness Meter

 デジタル放送の普及にともない大きな問題となってきたチャンネル、番組、CM、放送素材間による音量差。そこで問題となるのは、デジタル信号のピーク値ではなく、人が「うるさい」と感じる音量に近いラウドネス値です。そんな問題に対応するため、デジタル放送で許容されるラウドネス値を標準化し、放送時の音量感を統一しているのが、いわゆるラウドネス基準です。 VisLM-H 2 Loudness Meter は、日本のARIB TR-B32、NAB T032の準拠するITU-R BS.1770-2の他、EBU R128、ATSCなど様々な規準に準拠、世界中の放送局、ポストプロダクションを中心に導入されているDA

Visualizer

NuGen Audio

Visualizer

ミックス、プロダクションの過程で、いつものやり方では解決できない問題にぶつかったとき。何かがおかしいが、実際に何が問題なのか分からない時。経験では上手くいくはずなのに、今回に限って上手くいかないという時。そんな時に必要なのは、信頼できる音響解析ツールです。 特定の周波数帯にへこみがある場合、必要なのは位相問題の解決なのに、むやみにEQ補正に時間をかけていることは無いでしょうか?Visualizerがあれば、レベル、周波数分布、位相、L/Rの相関度合いから、瞬間的なクリップまで解析可能です。 クリアなミックスを実現する処方は、症状の分析と原因の追求から。 Visualizer 2では、複数のメー

Vitamin Sonic Enhancer

Waves

Vitamin Sonic Enhancer

ミックスに倍音の「栄養」を補給する、マルチバンド・ハーモニック・エンハンサー Waves Vitaminはマルチバンドのハーモニック・エンハンサー/トーン・シェイピング・プラグインです。るトラックのサウンドにパワーを与え、エンハンスされた音とオリジナルの音をミックスすることでトラックに輝きをもたらします。 Vitaminをインサートしてもレイテンシーはゼロなので、スタジオでもライブ・ミックスでも同じように使えます。トラックやバスにインサートするだけで、EQ、コンプレッサー、サチュレーション・プロセッサーをパラレルにチェインした効果に似た、暖かい、活力溢れるサウンドをたった一つのプラグインで得る

Voca

Sonnox

Voca

ヴォーカル・コンプレッションの未来 ハイクオリティなミックスの中心にボーカルがあることはエンジニア、ミキサー、プロデューサーの共通認識。一方、ボーカル・プロダクション、とりわけコンプレッションは「芸術」とも言えるスキルとノウハウが必要。その芸術であるヴォーカル・コンプレッション処理をSonnox Vocaは格段に容易にします。 ボーカルをブーストし、ワークフローをシンプル化 人間の声のパフォーマンスであるヴォーカル・トラックのダイナミクスは複雑で、複数のプラグインを駆使して整えていくことが一般的。豊富なプリセットが搭載されていても正確な判断が必要で、作り込むうちに魅力に欠けたヴォーカルの仕上が

TOPへ