Media Integration,Inc.

  • TOP
  • プラグイン・エフェクト

Plug-In

プラグイン・エフェクト

ツールタイプを絞り込む

ブランドを絞り込む

EchoBoy

Soundtoys

EchoBoy

業務用スタジオ・クオリティのデジタル・ディレイ。柔らかい音のテープ・エコー。グランジ系の歪みのかかったローファイ・エコー。そして、グルーブ感にあふれたダビーなディレイ。あなたの望むディレイ、エコーが何であっても、もう迷う必要はありません。 ディレイは、数あるエフェクトの中でも、最もシンプルで、気軽に使いたいものだけど、実際は使いにくいものが多いのが現実です。デジタル・ディレイは音が固すぎて、耳障りになりがち。タイムをmsec表示されても楽曲にあうテンポが探しにくい。 テンポをBPM、音符単位で指定できても、リズムが正確すぎてグルーブ感が損なわれたり、他の音を重なって埋もれてしまうことが多い。そ

EchoBoy Jr.

Soundtoys

EchoBoy Jr.

時代を象徴する7つのエコー銘機のサウンドを 1つのプラグインに再現  Soundtoys EchoBoy プラグインは、アナログフィールに溢れるエコー・サウンドと、シンプルさとカスタマイズを両立する柔軟さから、リリースから長きに渡りプロフェッショナルのエンジニアから、ナイン・インチ・ネイルズ、モデラット、ゼッド、スコット・ハンセンほか数多のミュージシャン、作曲家にも愛用されています。   その後継者である”ジュニア”の名を冠したプラグイン、EchoBoy Jr.は、Echoboyの持つ高いクオリティはそのままに、時代を彩る7つのエコー・エフェクト銘機のサウンドを、一つのプラグインに再

ECHOES

Nomad Factory

ECHOES

過激なダブ・ミックス、ギター・エフェクトからボーカルの隠し味まで、音楽的なディレイ音を生み出すアナログエコー・ボックス 画面の真ん中にある赤い「ECHO MODE」ツマミを切り替えるだけで、テープ・エコー、真空管モデル、オイルカン、ギタリスト御用達のベダルなど、エコーボックス名機のモードが切り替わります。ホストのBPMにシンク可能なエコー・タイム、ピンポンなどのステレオ・モード、リピート回数、直接/ディレイ音のバランスといった基本ツマミの上に並んだ黒いツマミの内容は、モードに合わせて変化します。 最低限のツマミで、音楽的なディレイ音を生み出すNomad Factory ECHOES。過激なダブ

Eddie Kramer Bass Channel

Waves

Eddie Kramer Bass Channel

2つのフレーバーでクリアかつ存在感のあるベースを生み出す、E.クレーマーのテクニックを再現したベース専用チャンネルプラグイン Eddie Kramer、ベースチャンネルを語る: 「Eddie Kramer Bass Channelの背後にあるアイデアは、威圧的にならず切り裂くような、プレゼンスたっぷりのファットベースを作り上げるということ。一般的に中低域に特徴を持たせる。だからこそラジオミックスで本当にはじけて聞こえる。それに、この方法なら常にベースはクリアに聞こえる。ボリュームを絞った小さなスピーカーでもね。 Bass Channelは2つのフレーバーを提供する:Bass1、このコンプレッシ

Eddie Kramer Drum Channel

Waves

Eddie Kramer Drum Channel

E.クレーマーのドラム・サウンドのエッセンスを捉え、多彩なクラッシク・ドラムミックスに対応するオールインワン・プラグイン Eddie Kramer、Drum Channelを語る: 「Drum Channelは私のドラムサウンドのエッセンスを本当にうまく捉えたプラグインだ。レッド・ツェッペリンのような空気感にあふれる巨大なサウンドや、ローリングストーンズのよりドライで実直なサウンド、過激に潰したコンプ感のあるジミ・ヘンドリックスのサウンド…このプラグインなら素早く、簡単に到達できる。 バスドラム、スネアといった具合に個々のモードが用意されているから、自分自身のハイブリッドなドラムキットを作成し

Eddie Kramer Effects Channel

Waves

Eddie Kramer Effects Channel

2つのスラップ・ディレイとEMTプレート・リバーブをブレンド、E.クレーマー・サウンドの色彩を再現する、エフェクト・チャンネル Eddie Kramer、Effects Channelを語る: 「Effects Channel プラグイン用に、私は音を絵の具を塗るように使う、基本的ないくつかの要素を再現することから始めたんだ。そして何年もの時間をかけ、これらの要素がウィスパーボーカルから咆哮するギターまで、様々なソースとスタイルに適合するよう進化させてきた。 H-Slap: 15 inch/secのテープをエミュレートした、短いディレイとミディアム設定のEMTプレートリバーブが一緒になっている

Eddie Kramer Guitar Channel

Waves

Eddie Kramer Guitar Channel

目の前に迫る生き生きとしたギターサウンドを生み出す、E.クレーマーによるワンストップのギター・チャンネル Eddie Kramer、Guitar Channelを語る: 「Guitar Channel plug-inはリードギター向けと2種類のリズムギター向けの設定をフィーチャーしている。 リードギターパートは、ライブ感や息をのむようなオーガニズムがあって、ミックスの中ではっきりとした刺激を創り出して欲しい。正しい量のEQ、コンプレッション、ディレイ、リバーブ、わずかなフランジャー、この5種類を組み合わせて、一緒に使用することで、リードギターパートを生き生きとしたものにできるんだ。 リズムギタ

Eddie Kramer Signature Series

Waves

Eddie Kramer Signature Series

輝かしいロックの歴史、そしてサウンドを再現 ビートルズが”愛こそはすべて”をレコーディングしたときコンソールにいたのは、 エディ・クレーマーという名のエンジニアでした。   ジミ・ヘンドリックスが”パープル・ヘイズ”をレコーディングしたときコンソールにいたのも、 やはりエディ・クレーマーでした。   レッド・ツェッペリンが”胸いっぱいの愛を”をレコーディングしたときコンソールにいたのも、 エディ・クレーマーでした。   輝かしいロックの歴史を自分のものにする。 コンソールにいた彼のサウンドを、Eddie Kramer Signature Seriesで手に入れてください。   &nb

Eddie Kramer Vocal Channel

Waves

Eddie Kramer Vocal Channel

E.クレーマーによる強烈なクラッシク・ロック/スムーズ・サウンド、2つのフレーバーを切換え可能な総合的ボーカル・チャンネル 「ミキシングの際、いつもボーカルとその他のトラックの間では葛藤が存在する。私の場合、よいミックスというのは、すべての要素がシームレスに結びついているということであり、お互いに尊重し合っている状態だ。 Vocal Channelプラグインをデザインするにあたり、私たちはユーザーがボーカルをミックス内で配置し、その後トラックに戻し、飛び出ることなくできるようにした。ボーカルの元々の透明感と存在感がすべて保たれるようにね。」 (Eddie Kramer、Vocal Channe

Elixir

Flux::

Elixir

ITU-R.BS1770 / EBU R128 準拠。トゥルー・ピークを自在に操る、プログラム・リミッター。 Elixirは、オーディオ素材の質感に影響を与えることなく、ピュアでナチュラルなサウンドを保ったまま、トゥルー・ピークをコントロールすることができる、斬新なプログラム・リミッターです。Elixirは、ITU-R.BS 1770とEBU R128基準に適合した値のトゥルー・ピーク出力を必要としている、放送局、ポストプロダクション、マスタリング業界で高まるニーズに対応するために開発されました。サラウンド/マルチチャンネルでの作業にも対応し、最大8chまでの同時入出力に対応しています。 El

TOPへ

Media Integration,Inc.