Media Integration,Inc.

Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報

本サイトでの Cookie の使用について

  • TOP
  • ハードウェア

Hardware

ハードウェア

ツールタイプを絞り込む

ブランドを絞り込む

ON WALL 301 STAND

Focal CI

ON WALL 301 STAND

On Wall 301スタンドは、スピーカーを壁に取り付けずに楽しむことができます。安定性と適応性に優れ、簡単に組み立てることができます。最大101cmまで上げることができ、仕上げはブラックとホワイトの2色からお選びいただけます。ケーブルは各スタンドの内部に目立たないように配線されているので、リビングエリアにさらにエレガントに設置することができます。 スタンドはオプションで、2本1組での販売となります。

On Wall 302

Focal CI

On Wall 302

フランスのFocal社のアトリエで作られたOn Wall 302は、ホームシアターとステレオリスニングのすべてのニーズを満たす壁掛け式のラウドスピーカーです。エレガントなデザインで、スリムでコンパクトでありながら高いパワーハンドリングを実現しています。4つのFlaxコーン・スピーカー・ドライバーにより、サウンドは非常に正確で、声は完璧に定義され、低音はパワフルです。 ホワイトハイグロスまたはブラックサテン仕上げのOn Wall 302は、壁への固定や、オプションで販売されているスタンドでの設置を簡単に行うことができます。 理想的なFocalのサウンドシステムを完成させるために、On Wall

ON WALL 302 STAND

Focal CI

ON WALL 302 STAND

On Wall 302スタンドは、スピーカーを壁に取り付けずに楽しむことができます。安定性と適応性に優れ、組み立ても簡単で、最大146cmまで上げることができます。ケーブルは各スタンドの内部に目立たないように配線されているので、リビングエリアにさらにエレガントに設置することができます。 スタンドはオプションで、2本1組での販売となります。

On-Wall frames

Focal CI

On-Wall frames

概要 特長 製品仕様 ドキュメント この壁付け用フレームは、インウォール型ビルトイン・ラウドスピーカーElectraシリーズの設置専用に設計されています。防振ゴムブロックは非常に薄く、簡単に取り付けることができます。 このフレームには2種類の寸法があります。 Electra IW 1002、Electra IW 1002 Be、Electra IW 1003 Beと互換性があります。

Onda Angled

Zaor

Onda Angled

広々とした作業スペースと合計12Uの豊富なラックスペースを備えた実用的なスタジオ・コンソール・デスク Onda Angledは、左右にそれぞれ6Uのラックスペースを備え、その上部にはモニター・スピーカーの設置に最適なスペースが用意された、 軽くて堅牢なアングルド(角度付き)タイプのスタジオ・デスクです。 Ondaシリーズは、ミュージシャン/プロデューサーのニーズの多様性を考慮し、幅や高さ、角度、そしてラックスペースに到るまで、あらゆる種類の構成に合わせられるように設計されています。 デスク部分のチップボードの他、サイドパネルやトップパネル、フロントアームレストには、美しいデザインと高い耐久性を

ONE [生産完了]

Apogee

ONE [生産完了]

Mac対応 2入力 × 2出力 USBオーディオ・インターフェイス/マイク Apogee ONEは、スタジオ・クオリティの2入出力を備えたMac/Windows用USBオーディオ・インターフェイス/マイクです。手軽に、かつ高音質なプロフェッショナル・クオリティのレコーディングを実現するようデザインされています。Apogeeの洗練されたAD/DA変換により音楽制作からポッドキャスト、ナレーション収録、更にはリスニング用のハイ・クオリティなヘッドフォン・アンプとしてお使いいただけます。 Oneは独自の特殊回路とUSB 2.0接続によりローレーテンシー パフォーマンスを実現しています。 Apogee

OP-1

Teenage Engineering

OP-1

世界でいちばん、楽しいシンセ。 8ビット・タイプからFMまで、複数用意されたシンセ・エンジン。内蔵マイクやFMラジオを使って気軽に使えるサンプラー。モーション・センサーを使った本体の動きでもコントロール可能なエンベロープやエフェクター。Shiftを押しながら鍵盤を弾くだけで、どんどん入力できるステップ・シーケンサー。そして、リバースやスピード調整も思いのままのテープ・レコーダー。   シンセ、ドラム、シーケンサー、テープ、ミキサーといった明快なモード構成と、随所に織り込まれた「遊び心」に慣れた頃には、「これだけ」で曲やパフォーマンスのアイデアが次々に生まれてくることでしょう。 &nb

OP-1 field

Teenage Engineering

OP-1 field

予約開始となりましたら改めてページ内で発売日をアナウンスさせていただきます。 より大きく、より薄く、”100倍”の進化を。 永年にわたって蓄積された「アイデア」と「改良」を投入した、まったく新しいOP-1field。OP-1で培った、10年以上にわたるアイデア、改良、改善が盛り込まれています。 シグナル・チェーン全体のステレオ化。さらにBluetooth MIDI、USB Type-C、新しいスピーカー・システム、パッシブ・ドライバーが搭載されました。パッシブドライバーを搭載した新しいスピーカーシステムにより、きめ細かく、太く、大きなサウンドを実現します。 100以上の新機能 24時間駆動の大

OP-Z oplab module

Teenage Engineering

OP-Z oplab module

oplab module – OP-Zに楽器をリンクさせる魔法のモジュール 小さなボディに幅広い機能を搭載した画期的なマルチメディアシンセサイザー/シーケンサー、OP-Z。そんなOP-Zのパワーと柔軟性を活かして、他の楽器と組み合わせて使いたいと思ったことはありませんか? 新しいoplabモジュールなら、OP-Zと他の楽器を魔法のリンクで繋げることが可能です。oplabモジュールはOP-Z用の初めてのハードウェア拡張モジュールです。OP-Zの背面にoplabをセットするだけで、ポケットオペレーターやモジュラーシンセサイザーを含むあらゆるハードウェア・シンセサイザー、標準的なCVとゲートを使用す

OP-Z rumble module

Teenage Engineering

OP-Z rumble module

rumble module – 音楽体感モジュール rumbleモジュール – ビートの鼓動が弾けだす rumbleはOP-Zのハードウェア拡張モジュール 第二弾となる、OP-Z用サウンドレス触覚式サブウーファーです。 内蔵の触覚サブウーファーは、心理音響技術を応用した高解像度の振動触覚フィードバックを備えており、ビートを体で直接感じることができるのです。 rumbleに触れることで、あたかも重量級のサブウーファーを抱えながらサウンドを聞いているように感じるでしょう。 周波数応答10 – 150 Hzという設計により、追加のエネルギー消費は最小限に抑えつつ、強烈なインパクトを与えます。 また、

TOPへ

Media Integration,Inc.

Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報