Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • 芦沢英志の、Geist 2でトラックメイクをもっと深く!~かっこいいビートを作るコツ
scroll

芦沢英志の、Geist 2でトラックメイクをもっと深く!~かっこいいビートを作るコツ

2018.09.07

また帰ってきたアシザワマン。

これから半年間、FXpansion Geist2の連載を担当する事になりましたので、

よろしくお願いします!

 

Geist2

 

2018年の夏。

ボクはメディアインテグレーションさんに呼ばれて、

オフィスまでスキップしながら向かいました。

 

夏の渋谷はベリーホット。

昨年の夏もベリーホットの中、連載の打ち合わせに行った事を思い出しながら、

まずはロックオンカンパニーさんの店舗で機材を物色。

 

ボクは作曲と同じぐらい、音楽機材やソフトが大好きなんだ。

大好きなソフトの連載を担当できるなんて幸せな事。

だから、いつもスキップしながら打ち合わせに向かう。

 

そんなウキウキなボクの気持ちが伝わるような連載にしますので、

最後まで楽しんでいただければ幸いです!

 

FXpansionと言えばBFDシリーズで有名だよね。

秀逸なプロダクトを生み出しているメーカーで、

Geist2も素晴らしいソフトで機能が豊富。

ざっくり言うとサンプラー。AKAI MPCのイメージに近い。

 

公式でもビートクリエイターに推奨しているぐらい、

リズムトラックを作るのに長けているツールです。メロディーを作る事も可能だよ。

現状、日本語マニュアルがなかったり動画で学ぶ事も難しい。

初級編、中級編、マニアック編に分けてGeist2の良さをお伝えできればと思います。

 

Geist2 連載1回目~かっこいいビートを作るコツ~

早速、ビートを作ります。

 

BROWSER>Geist2 FactoryのPresetsから、

KitsのDrum Kitsを選択。Big Room1を読み込みます。

このキットが大好き♡めっちゃ良い音してる。

 

20180907_hideyuki-ashizawa-geist2-1-picture1

 

PATTERN画面で、キックとクラップとハットを鳴らしてます。

マスのところにカーソルを持っていくとペンツールに変わるので、

ペンツールで音符を置いていく感じ。

 

次に、Shakerを入れてみよう。

 

20180907_hideyuki-ashizawa-geist2-1-picture2

 

まずは1拍目に、こんな感じに入れてみてね。

2個を置いているけど、2番目の音のベロシティーを下げて強弱を付けてる。

ベロシティーを変更できる画面が表示されていない場合、

PATTERNタブの下、Singleをクリックして水色になれば表示できます。

 

このShakerのデータを、2拍目と3拍目と4拍目にコピーします。

 

 

shiftを押しながらShakerデータを選択、選択後にoptionを押しながらクリックでコピー。

Shakerの音量が大きかったので、MIXノブで音量を下げてます。

リズムの土台が出来たので、磨きをかけていこう!

 

土台のリズムはEngine1で作成したので、

別パートを追加したいのでEngine2 selectorをクリック。

Geist2の素晴らしい機能のひとつ、

ループ素材をスライスしてアサインが簡単にできる。

 

BROWSERで音色を選択する時、A LoadとSliceを設定していると、

瞬時にループ素材をスライスしてパッドにアサインできるんだ!すごい!

 

 

ループ素材は、Circuit Bentという拡張音源から使用しています。

この拡張音源なんだけど・・

 

20180907_hideyuki-ashizawa-geist2-1-picture3

 

【Geist 2ライブラリ、さらにGeist拡張音源から
2つのライブラリを無償で選択】

 

Geist2を購入してアカウントにシリアル登録すると、

数あるGeist拡張音源からお好きな音源を2つ選択することができるんだ。

Circuit Bentは、ボクのお気に入りです。

 

Geist Expander: Circuit Bent

 

もう少しサンプルで表現を付けてみよう。

Engine3 selectorをクリックして選択後、

Circuit BentのMiscからSpeak &Maths Glitch Loop 03を使用。

 

20180907_hideyuki-ashizawa-geist2-1-picture4

 

MIDIパターンは必要がないので削除。

素材名のところで右クリックでミニメニューを表示、

Clear all tracksを選択で削除できます。

 

このままだと音のリリースが伸びたままなので、
リリースを最小にしてグリッチ感を出してみる。

 

 

パッドにアサインされた全音色のリリースを調整する場合、

一番左下のパッドをクリックしてshiftを押しながら一番右上のパッドをクリック。

SETUPのOne shotをGatedに変更。

リリースがなくなって、音の余韻が切れる感じになる。

この状態で、リズムに合わせて適当に気持ち良く録音してみよう!

 

さらにグルーヴ感を出すため、Swingを30%に設定。

 

20180907_hideyuki-ashizawa-geist2-1-picture5

 

執筆中に!なんと!Omnisphere2.5がリリースしたので!

Omnisphere2.5のサウンドを、Geist2にサンプリングしている芦沢がいた。

シンセベースとシンセ(木管みたいなサウンド)を追加。

 

Geist2で作成したパターンをオーディオで書き出して、

Studio One 4に読み込んでブラッシュアップ。FXを足してます。

 

 

次回以降に、サンプリングの手順などを記事にしようと思います。

お楽しみに。ではでは~。

 


 

著者プロフィール

Exif_JPEG_PICTURE

芦沢英志
(サウンドクリエイター)

『ホームセンターでゾンビと戦うゲーム』(海外7カ国で新着アドベンチャー1位を記録/Android版)、『200億人の俺の嫁』などの楽曲及び効果音制作を担当。2017年6月配信、個人名義アルバム「Tropical 43」がiTunes Store トップエレクトロニックアルバム4位を記録。

 

 

関連製品

Geist2

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報