Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

MIX前の心得。5選

2021.03.03

素晴らしいミックスは、オーディオとしてスピーカーから音を鳴らす前から始まります。トラックの前処理、ファイル管理、ゲイン構造、プラグインテンプレートの設定などの良い方法を学び、最高のミックスのための準備しましょう。

"準備に失敗することは、失敗する準備をしていることになる"

ベンジャミン・フランクリンは特に曲をミックスするための準備のことを言っているわけではありませんが、それでもミックスに当てはめることができるでしょう。

良いミックスの基礎は、オーディオがスピーカーから出る前から始まっています。外部のエンジニアに作品を委託しミックスしてもらう場合でも、自分で音楽をミックスする場合でも、ワークフローシステムを整えておくことは非常に有益なことなのです。

ここでは、トラックの前処理、ファイル管理、ゲイン構造、プラグインのテンプレートソリューションについて、いくつかの事例をご紹介します。


1. ゴールを見据える

プロデューサーやエンジニアとして、サウンドを編集したり加工したりする際には、最終的な曲のビジョンを念頭に置いておくことが重要です。この考え方やワークフローを "Mixing as you go "と呼ぶ人もいます。自信を持って曲のためのサウンドに取り組むことを忘れないようにしましょう。

この方法で作業をすることで、制作の進行スピードをあげることができ、アーティストにインスピレーションを与え、ミックスエンジニアが最終ミックスに取り組む際の基準と方向性の出発点を与えてくれます。

楽曲制作に携わる全員にとって有益なことなのです。

もしあなたが自分のプロダクションのミキシングをしているとき、最終的なサウンドを決め作業を進めていけば、はるかに効率的に作業をすることが可能でしょう。

自分のプロダクションでクリエイティブな決定をした後、自分のセッションをミックスエンジニアに伝えるにはどうしたらいいのか、と悩むかもしれません。

最初の選択肢は、すべてのトラックをWAVファイルにバウンスしてミックスエンジニアに送ることです。不要なプラグインや、レコーディングやプロデュースの際で残っている不要なトラックがないかチェックしましょう。

レコーディング中にリードボーカルを複製してしまったり、実験的なリバーブを使用していて、ビジョンに合っていないと判断した場合などが考えられます。ミックスに送る前にこれらのトラックを削除しておけば、ミックスエンジニアの混乱を避けることができ、物事を整理整頓することができます。

セッション内のすべてのトラックが曲とラフミックス全体にとって重要なものであることを確認したら、現状のまま処理に専念してください。 多くのDAWでは、プロセッシングをオンにした状態でトラックをバウンシングすることで、素早く簡単にこの作業を行うことができます。また、FX Aux をオーディオトラックにプリントすることもできます。

このようにすることで、ミキサーは素早く作業を開始することができます。

もう一つの方法は、あなたと同じDAWやプラグインを使用しているミックスエンジニアと一緒に作業をする方法です。この方法で作業をすると、自分で新しい処理を追加するのではなく、ミックスエンジニアが自分の好みに合わせてプラグインを微調整できるという利点があります。


2. コミュニケーション

ミックスを準備する上で最も重要なのはコミュニケーションです。

アーティストに最高のミックスを提供するために何が必要かを伝えることは非常に重要で、関係者間の摩擦を最小限に抑えることができます。

あなたがプロデューサーの場合は、ミックスエンジニアにミックスにどれくらいの時間がかかるのか、いつまでに何ができるのか、ビジョンのプロセスはどうなっているのかなどを伝えるだけでも、全員の意見が一致していることを確認するためには欠かせません。

また、トラックのラベル付け、整理、統合をどのようにしたいかをミックスエンジニアとオープンに話し合うことも重要です。 ミックスエンジニアのワークフローや好みはそれぞれ異なります。

何が必要なのかを前もって伝えることで、双方のフラストレーションと時間を節約することができます。 最初のうちにコミュニケーションをとり、相互理解を深めておきましょう。


3. セッションの整理

このステップは、人によってはかなりシンプルでわかりやすいものでしょう。ダウンロード素材の整理、ラベル付け、色分けは、非常に重要です。

第一の理由はスピードです。

セッションが自分にとって快適な方法でカラーコード化され、ラベル付けされていれば、大規模なセッションをナビゲートしたり、操作する必要のある正確なチャンネルを正確に見つけたりするのが素早く簡単になり、時間を大幅に節約することができます。DAWの中で自分に合ったカラーコーディングシステムを見つけて、それに従ってください。

適切に整理する2つ目の理由は、信頼性です。

各セッションに不適切なラベルが貼られていたり、オーディオファイルがコンピュータのハードドライブのあちこちに配置されていたりすると、リコールが悪夢のようになってしまいます。

数週間後にセッションを開いてみて、オーディオファイルが見つからないことに気付いても、それがどこにあるのかわからないということほど最悪なことはありません。 繰り返しになりますが、あなたのワークフローに合ったシステムを見つけ、すべてのものにラベルを付け、バックアップを取り、メンテナンスしておきましょう。


4. ゲイン構造のリセット

デジタル領域で作業する際によくある誤解は、「アナログ領域とは異なり、オーディオレベルやゲインステージングは重要ではない」ということです。 DAWでアナログモデルのプラグインを使用する場合に関しては、ゲインレベルは非常に重要です。

エンジニアが新しいミックスを始める前にコンソールを「ゼロアウト」してテープマシンをキャリブレーションするのと同じように、DAWでレベルを設定することはミックスを始める準備をする際にも必要な練習となります。

DAW での適切なゲインステージングについてはまた別の機会に詳しく説明しますが、簡単に説明すると以下のようになります。

トリムプラグインや内蔵のクリップゲイン機能を使って、プラグインをインサートする前に、各オーディオファイル自体が-10dBFS付近でピークを迎えていることを確認します。これにより、後のミックスでクリップせずにオーディオを処理するためのヘッドルームを十分に残すことができます。各チャンネルが最適なレベルになったら、すべてのフェーダーをグループ化し、数 dB 引き下げて、マスターフェーダーがクリップせず、処理のためのヘッドルームが十分に確保されていることを確認してください。


5. プラグインテンプレートのセットアップ

前準備の段階でラフなプラグインテンプレートを設定することで、しっかりとした基盤を持ってミックスを始めることができ、より完成に近づきます。多くの人が Waves NLSのようなコンソールエミュレーションスタイルのプラグインを各チャンネルやバスに使用しています。これは、アナログサミングのサウンドと色をボックス内で得るための簡単な方法で、新鮮味が失われてしまったサウンドを素早くウォームアップしミックスに生命感と深みを与えることができます。

Waves NLS

Waves NLSでは、3 つの異なるレコーディングコンソールを選択することができます。

Spike SSL コンソール) のエミュレーションはパンチの効いたミッドフォワードなサウンドでロックミックスに最適ですが、Nevo (Neve) と Mike (EMI) のコンソールは少し丸みを帯びたバイブなサウンドで、ローエンドを拡張したり、ミッドレンジの攻撃性を抑えたりしたいミックスに適しています。それでもアナログの歪感とカラーが必要です。

実際のコンソールのように、これらのプラグインの各インスタンスには専用の「チャンネル番号」があり、プラグインごとにレスポンスやサチュレーションが若干異なります。(実際のスタジオで固定で使用されていたドラムバスのchやギター用のchなどのそれぞれの滲みを反映しています。)また、各チャンネルのDriveを使用して、カラーとアナログサウンドをどの程度オーディオに反映させるかをコントロールすることもできます。

ミックスを始める前の準備の段階では、あまり「トーン」にこだわりたくないかもしれませんが、デジタルプラグインを扱う上で便利なのは、これらの設定を後からすぐに変更できることです。

準備の段階で扱う価値のあるもう一つの要素は、ミックスバスで使用しているテープエミュレーションです。コンソールと同様に、テープマシンはミックスを彩るプロセッサーであり、アナログスタジオ環境では常にアクティブな状態になっています。Abbey Road J37Kramer Master Tapeのようなプラグインエミュレーションは、テープが与えるトーンや特性に柔軟性を与えてくれます。基本的に、ミックスの前処理中にテープマシンのキャリブレーションを行うことができます。

J37 Tape

これらのトーンシェイピングプラグインをセットアップすることで、プレイする前にミックスのを作ることができます。可能な限りトーンパレットを設定しておくことで、ミックスを開始する時にスムーズに物事を進めることができます。

また、FX用のAUXセンドを使ってセッションの準備をすることもできます。ミックスではリバーブやディレイ、その他のタイムベースのエフェクトを使用することが多いでしょうから、専用のAUXセンドに設定してプリセットを開いておくと、後で時間を節約できます。

Abbey Road ChambersAbbey Road Reverb Platesのようなリバーブプラグインは、箱から出してすぐに素晴らしいサウンドが得られるだけでなく、何百ものプリセットが用意されているので、素早く簡単に始めることができます。

H-Delayは、短いディレイタイムと長いディレイタイムの両方をミックスに何度も使用することができる、真のプロセッサーです。すべてのプロジェクトでこれらのエフェクトを使用しない場合でも、インスピレーションが湧いた時のために準備しておくと、効率的でクリエイティブな作業ができるでしょう。

Abbey Road Chambers


これらのステップの多くは、私たちが考えるプロデュースやミキシングの 「楽しい 部分」とは異なるかもしれませんが、すべて重要なものです。

自分や他の人にミックスしてもらうために時間をかけて適切な準備をすることで、あなたの曲を成功に導くことができるのです。自分に合った方法とワークフローを見つけて、キャリアを通してそれを実践してください。

そうすれば、あなたのプロセス全体が改善されたことにきっと気づくでしょう。

さあ、早速制作を始めましょう。


関連セール情報

Waves Update Plan(WUP) 25%オフ プロモーション

>詳しくはこちら

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報