Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Event
  • クリエイターが知っておくべきモニタースピーカーのノウハウが満載!EVE Audio Summit 開催!
scroll

クリエイターが知っておくべきモニタースピーカーのノウハウが満載!EVE Audio Summit 開催!

10/26 (Thu) @ ONKIO HAUS

2017.10.12

独自の設計思想に基づきモニタースピーカーを開発、ヨーロッパ、北米、そしてここ日本でプロジェクト・スタジオ、ホームスタジオで着実に導入数を延ばしているEVE AudioのCEO、Roland Stanz氏が来日、自らEVE Audioの製品の特長を徹底解説、設計者の目線でホーム・スタジオでのスピーカーのセットアップ・ノウハウをレクチャーします。

ゲストの特別講師には、EVE AudioのTS108を愛用するJeff Miyahara氏をお迎えし、数々のJ-POPヒット作を生んできたプロデューサーとしての視点から、楽曲におけるベース・マネージメントとサブウーファーの重要性を、自ら関わったプロジェクトを使って解説して頂きます。

開催場所は、レコーディング、ミキシング、マスタリング、ポストプロダクション業務までをカバー、東京銀座で40年以上の歴史を持つ音響ハウスのMA1スタジオ。EVE AudioのSC408とSC207が7.1chサラウンド用のスピーカーとして導入されており、完璧に調整された空間で、EVE Audioのサウンドとセミナーをお楽しみ頂けます。

開催は10月26日(木)、13時と16時の2セッション、各回12名様限定の貴重なセミナーです。募集人数に達し次第ご応募を締め切らせて頂きますので、お早めのご応募を!


このセミナーは、こんな方にお勧め!

  • Jeff Miyaharaさんのプロデュース手法や哲学を学びたい。
  • 自分の部屋に最適なモニターが何なのかわからない。
  • 部屋のサイズに応じて、最適なスピーカーの設置方法が知りたい。
  • サブウーファーの導入を検討している。
  • EVE Audioのハイエンドのスピーカーを試聴したい。…etc.

Roland Stenz

1980年代に「東欧のNEVE」と称えられる事も多い、旧東ドイツ最大の放送機器メーカー「RFZ」に研究開発者として勤務し、技術者としてのキャリアをスタートさせる。東西ドイツ統合後はBerlinのHi-Fi オーディオ機器メーカーに勤務し電子回路の研究を継続、その後世界的に有名なモニタースピーカーメーカーの設立に関わりCEO を務める。2010 年に経営学修士(MBA)を取得し、自らの技術研究の成果を体現するために、EVE Audio GmbH を設立。

ゲスト講師:Jeff Miyahara

Jeff Miyaharaは数々のNo.1ヒットと4,000万デジタル&CDセールスの実績を誇り、JUJU with JAY’EDが歌った「明日がくるなら」で2009年の 日本レコード大賞・作曲賞を受賞。 2013年に自ら発掘した、新人アーティスト(当時)クリス・ハートのデビューをプロデュースし、その年に“輝く!日本レコード大賞”企画賞を受賞。

日本でいま最も注目されている作曲家兼音楽プロデューサーの一人である。 ボーイズIIメン、少女時代、SHINee、EXO、三代目 J SOUL BROTHERS等、世界トップクラスのアーティストとの仕事を通じ、海外にも活躍の場を広げている。 ロサンゼルスで生まれ、日韓のハーフという多文化なバックグラウンドから生み出される楽曲は、文化や言語の壁を越える力を持つ。

現在は、自ら立ち上げた株式会社J-POPの代表として、また、クリエイティブスーパーバイザーとして、国内外の作家やグラミー受賞ミュージシャンなど を率い、世界的に様々なクリエイティブワークを展開している。


開催概要:

  • 開催場所:(株)音響ハウス MA1スタジオ
    〒104-0061 東京都中央区銀座1-23-8(映像ビル1F)
  • 開催日時:2017年10月26日(木)
    セッション1:12:45開場 13:00スタート 15:20 終了
    セッション2:15:45開場 16:00スタート 18:20 終了
     *セッション2はご予約が募集定員に達したため、キャンセル待ちでの受付となります。
    (両セッションとも内容は同一です。)
  • 募集人員:各セッション12名
  • 主催:(株)メディア・インテグレーション MI事業部
  • 協力:(株)音響ハウス、EVE Audio GmbH
本イベントは終了しました。多数のご参加、ありがとうございました。

関連製品

SC204 2-Way, 4" Active Speaker

SC205 2-Way, 5" Active Speaker

SC207 2-Way, 7" Active Speaker

SC208 2-Way, 8" Active Speaker

SC305 3-Way, 5" Active Speaker

SC407 4-Way, 7" Active Speaker

SC307 3-Way, 7" Active Speaker

SC408 4-Way, 8" Active Speaker

TS108 8" Active Subwoofer

TS107 7" Active Subwoofer

TS110 10" Active Subwoofer

TS112 12" Active Subwoofer

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報