Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

VOVOX レビュー:綿貫 正顕 氏

2021.10.20

出てくる音は別次元

VOVOX sonorus protect Aを導入するまで、およそ20年近く他社のいわゆる「ハイ・エンド」と呼ばれているケーブルを使っていましたので、sonorus protect Aを試すまでは「今更、そこまで変わるのか?」と思っていました。そんな軽い気持ちでクリーントーンで鳴らしてみたのですが、あまりに別物で愕然としました。

実は長年使っていたアンプシミュレータを別のものに変更して、それまでライン録りのクリーントーンに感じていた「音の細さ」という不満がかなり解消できたと思っていたのですが、sonorus protect Aを通して出てくる音はさらに別次元でした。「音が太い」からといって低域が過剰に出ているわけでも、高域が足りないわけでもない、何とも不思議な感覚です。

「レンジが広い」と言われる機材やケーブルは、必要ないと思われる帯域まで過剰にでていて、どこかギターっぽさが損なわれるという印象を受けることも多かったのですが、sonorus protect Aにはそれもない。レンジは広いのですが、硬いわけでもブーミーなわけでもない。「そのまま再生される」というのはこういうことなのか!と驚かされます。


もう戻れない。VOVOXケーブルの透明感

よい印象は歪ませても同様で、今までのケーブルでは変なところにあるピークがそのまま歪んでしまうように感じていましたが、それがありません。コードと単音が同じ音量、むしろ単音の方が前に出てくるような感覚。ここに気づくと、もう戻れない。VOVOXケーブルの透明感を実感できると思います。

ギター本体のヴォリュームをいじったときの変化も音楽的で、ピッキングの強弱に対する反応がより自分の体感に近いのもいいですね。特にハムバッカーのときに良い印象を感じました。音の情報量が多い。それと速く弾いたときの追従性がすごくて、ストレスが全くありません。

「音が太い」「透明感」「反応が速い」という言葉はよく使われますが、今までとは全然違う意味合いをもって体験できると思いますので、ぜひ試してみてください!


プロフィール

綿貫正顕(わたぬき・まさあき)

作曲家・ギタリスト

    主な作品
  • ZARD「MIND GAMES」:作曲、編曲、ギター、コーラスで参加。オリコン1位。
  • ZARD「GOOD DAY」:作曲、ギターで参加。オリコン2位。
  • 愛内里菜「赤く熱い鼓動」:作曲で参加。オリコン7位。
  • WANDS「Brand New Love」:作曲、ギターで参加。オリコン17位。
  • BOYS AND MEN「どんとこいやー!」「花道ゴージャス」(アルバム『Cheer up!』収録) 作曲、ギターで参加(松田純一との共作)。オリコン1位。

  • '04 ZARD『What a beautiful moments tour』
  • '04 稲葉浩志『en』
  • '02~'07 愛内里菜のライヴ
  • '11 ZARD 『What a beautiful memory ~forever you~』
以上にギタリストとして参加。
  • '07 モリダイラ楽器主催『FINGER PICKING DAY 2007』決勝大会進出
  • '12『Young Guitar』『Burrn!』にインタビュー掲載
  • '13 教則DVD『ピッキングミスを完全排除させる超合理的ギタープラクティス』発売
  • ‘15 オリジナル曲でフル・オーケストラと共演 (2015.9.27. マグノリア・ポップ・オーケストラ @ びわ湖ホール中ホール)
  • '16『Young Guitar』『Burrn!』にインタビュー掲載

ブログ『気まぐれな日々


sonorus protect A

Instrument Cable

プレイのタッチ、楽器の持つトーンをピュアに再現します。その表現力に限界はありません。エレクトリック・ギター/ベース、キーボードなど、あらゆる電子楽器とピックアップ・システムを搭載したアコースティック楽器に最適。またマイクロフォンノイズからの保護にも最適です。

詳細
ストアへ

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報