Generic selectors
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
Post Type Selectors
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報

本サイトでの Cookie の使用について

  • TOP
  • Tips / Article
  • Kingside StudioがNeve® 8424コンソールでワークフローを一新
scroll

Kingside StudioがNeve® 8424コンソールでワークフローを一新

2021.12.15

スタジオオーナーのオットーウェルトン氏は、AMS Neveの新しいコンソールのNeve® 8424で、最新のデジタル機器と彼のコレクションであるアナログのアウトボード機器を組み合わせ、ワークフローを一新しました。

オットーウェルトン氏

Kingside Studioは、スウェーデンで最初にNeve® 8424コンソールを導入したレコーディング施設となり、このフレキシブルなコンソールが提供する比類のない接続性の恩恵を受けています。

プロデューサー兼エンジニアのオットーウェルトンが2004年にストックホルムに設立したKingside Studioは、2009年にオットーと妻のリンダがより静かな田舎暮らしを求めてSödermalandに移転しました。彼らの家の隣に新しいスタジオが作られ、今では田舎に逃避したいと思っているアーティストたちに人気を博しています。

「スタジオは住宅地にあり、近くには森やいくつかの湖がある素晴らしい環境にあります。また、大きなコントロールルーム、高い天井の大きなレコーディングルーム、隣接する2つのブース、独立したライタールームがあります。また、お客様がリラックスして過ごせるように、プールや素敵な外のバーエリアもあります」

とオットー氏は説明します。

Kingside Studioは常にNeveの機材に大きな投資をしてきました。8424コンソールを購入する前に、オットー氏は既に1073OPX、1073DPX、そして様々な500シリーズ製品を購入していました。また、以前使用していたコンソールはNeve VRP60でしたが、寿命が来ていたため、買い替えを検討することにしました。

「古いNeve VRP60コンソールは、メリットも大きいのですが、経年劣化による信頼性の問題が出始めていました」

と説明します。

「その不安感から、外部プリアンプの数が増えていきました。それに加えて、今日のようにミックスがSpotifyにアップされるまで常に変更し続けるやり方では、小さな変更を加えたり、同時に複数のプロジェクトのバランスを取ることが難しくなっていました。その結果、私たちはますますボックスの中で作業するようになり、コンソールを非常に実質的なモニター・コントローラー/サミング・デバイスとして使用するようになりました」 

Kingside Studioの顧客の作業方法を考えると、オットー氏はNeve 8424が完璧に適合すると感じました。2020年に発売されたこのコンソールは、アナログとデジタルの世界をつなぐ集中型のプラットフォームを提供します。小型のコンソールではありますが、大型のNeve 80シリーズの象徴的なサウンドを提供するだけでなく、優れたルーティングの柔軟性とモジュール性を備えているため、アーティストやプロデューサーが最新のデジタル・ワークフローとアナログのアウトボード機器を組み合わせることができます。 

「私はちょっとしたギアマニアで、このコンソールの購入を決めたときにはかなり詳しい知識を持っていました」

とオットー氏は言います。

オットーウェルトン氏

「いろいろなプロオーディオの雑誌で読んで、最終的にはAMS Neveの現地ディーラーであるSoundware Swedenのアンダーズ グランツに連絡して、デモを手配してもらいました。アンダースは私の親友であり、このプロセスにおいて誰にも負けないサポートをしてくれました。デスクは初夏に設置され、現在はスタジオのすべてのアウトボード機器をつなぐ中心的なハブとして機能しています」

新しいワークフローに慣れることは、オットー氏にとってそれほど難しいことではありませんでした。というのも、彼はすでにEQの調整のほとんどを「イン・ザ・ボックス」で行っていたからです。しかし、アナログのヘッドルームを使って作業ができるようになったことは大きな違いだと言います。

「もちろん、目ではなく耳で確認しながらバランスを整えることも重要なポイントです。コンソールがすっきりしていて、すべてが手の届くところにあるのもいいですね。また、従来のコンソールよりも小さいにもかかわらず、音は最高です。オートメーション・パッケージが発売されれば、さらに好きになるでしょう。30年以上もフェーダーそ使用してきたので、オートメーションパッケージを導入することで、私のワークフローも大きく改善されると思います」

Kingside Studioは、非常に多様性のあるプロダクション施設であり、様々なプロジェクトやクライアントを魅了している。外部の顧客だけでなく、オットー氏は妻のリンダ氏と経営するレコードレーベルと契約しているアーティストのレコーディングにもこの施設を使用している。

「8424が導入されてからは、スウェーデンとスーダンのアーティストAbu Diopのアルバムのミキシングに使用しています」

新しいデスクを使用したお客様は、その音質に非常に感銘を受けているそうです。

ただし、スタジオの中心に巨大な古いデスクがなくなったことで、スタジオの外観に慣れるのに少し時間がかかるとのことでした。

TOPへ
Generic selectors
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
Post Type Selectors
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報