Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • 音色にインスパイアされて生まれるピアノアドリブ50秒(17日目)

音色にインスパイアされて生まれるピアノアドリブ50秒(17日目)

Upright Pianosより、Barroom Uprightを使ったアドリブ・プレイ

2013.12.18

スタッフHです。

先日、外出先のとあるディーラーさんの店頭で、たまたま本企画をご覧くださっているという方とお会いしました。まさにピアノ音源をどれにしようか迷われている、という方で、本企画で使用されているIvory IIシリーズを店頭に試しにこられたのだそうです。

スタッフさんを経由して私が「その担当者」という事を伝え、Ivory IIシリーズの特徴について解説をさせて頂きました。サウンドに惚れました、との事でご購入いただきましたが、無事にインストールは完了されましたでしょうか…(容量大きいですからね)。

さてさて、その方に購入いただいたのはIvory II Upright Pianos。制作されている楽曲がポップスやファンク、ジャズなどが多いとの事でしたので、オススメいたしました。

今日もまたUpright Pianosより、Barroom Uprightを使ったアドリブ・プレイを。

本日のプリセットは「Honky Tonky」。ホンキートンクピアノと言えば、現在放送中のNHK 朝の連続テレビ小説の「ごちそうさん」の音楽を担当された菅野よう子さんの、こんな記事を(私たちのTwitterアカウントで)ご紹介しました。

http://tower.jp/article/interview/2013/12/16/kanno_yoko

(リンク先はTowerRecords Onlineのページです)

「スタインウェイのアップライトピアノを、あえて調子はずれなホンキートンクチューニングにして」。私は毎朝このドラマを楽しみにしていますが、ホンキートンクピアノが流れてくる、ちょっと切なくて、しみじみする感じが好きです。

さてさて、明日のアドリブはどうなるでしょう。 Synthogy Ivory IIシリーズの詳細はこちらから


<ピアニストプロフィール>

Michiwaki_photo-200x298道脇 直樹

http://michiwaki.com/

1974年大阪府堺市生まれ。3歳からオルガン、6歳からピアノを始める。

神戸大学工学部を卒業後、数年間のエンジニア勤務を経て、2006年バークリー音楽院映画音楽科に留学。

2008年Alf Clausen Awardを獲得し、首席で卒業。

現在は都内を中心にピアニスト兼作曲家として活動している。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報