Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • コンプとゲートを使いこなして、ミックスを立体的に「彫り込む」
scroll

コンプとゲートを使いこなして、ミックスを立体的に「彫り込む」

2011.08.02

スタッフHです。

本日より新しい「MixがうまくなるTips」のシリーズ、Sonnox Oxford社ウェブサイトに掲載されているムービーTips集に日本語字幕をつけて公開していこうと考えております。これがまた面白くてためになるTips満載なんですよ。

シリーズは現時点でVol.9まで公開されており、順次公開をしてまいります。本日のお題は「コンプとゲート」で作るエフェクトについて。

コンプはさておき、ゲートの用途といえば、タムのマイクに立てたマイクの被りを除去するためとか、ボーカル録音時の不要部分を消すためとか、そんな用途くらいしか私は思いつかなかったのですが、このビデオで解説するのは、ゲートでループサウンドにスタッカートエフェクトを出すというもの。

三分ほどのビデオなので、まずはご覧ください。

 

いかがですか?ゲートによってループからアタッキーなサウンドのみを抽出し、さらにゲートのアタック設定でグルーブやノリといった部分を調節。「ホールド」というパラメータは「ブレンド具合」と置き換えると理解しやすい他のパートとの「馴染み」を調節するには…?と、ミックス時に役立つTipsがありましたね。

アタックを出すために闇雲にコンプをかけるのではなく、ゲートで素材を立体的に彫り込む、というのもまたクセになりそうなテクニックですね。

Oxford Dynamicsはコンプだけではなく、ゲート、エクスパンダ、リミッター、サイドチェインEQ、Warmath(暖かみを加える)など、ダイナミクスにまつわる様々な処理を一手に行えるスーパープラグイン。見た目のクールさに反して、実は結構大胆なコンプサウンドも生み出せる製品なんですよ。

 


出演者プロフィール

解説: Rich Tozzoli
Rich Tozzoliによる、ミキシングを中心にOxfordプラグインのクリエイティブな使い方を紹介するTips集!
グラミー賞ノミネートのプロデューサー/エンジニア/コンポーザー、Rich Tozzoliは、アル・ディメオラ、デビッド・ボウイ、ホール&オーツをはじめとするアーティストのプロデュース/エンジニアを担当。ディズニー・チャンネル、HBO、FOX NFL、アニマル・プラネット、Nickelodeonなど数多くのTV番組楽曲も手がけています。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報