Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • ミックスバスに最適なコンプレッサー 6種類のキャラクター比較!
scroll

ミックスバスに最適なコンプレッサー 6種類のキャラクター比較!

2021.01.14

ミックスバスにコンプレッサーを挿入することで、曲に一体感やインパクトを与えることができます。本記事ではミックスバスに最適なコンプレッサーを6種、比較していきます。

まず、はじめに注意すべき点として、ミックスバスのコンプレッションに使うべき「ベスト」なコンプレッサーというものはありません。エンジニアやレコーディングミュージシャンはそれぞれの楽曲や自分のイメージによって、少しずつアプローチを変えていくのです。

WAVESは、ミックスバスにおいて、非常に効果的なコンプレッサーを揃えています。それぞれが異なるヴィンテージハードウェアユニットをエミュレートしています。この記事では、6つのコンプレッサーを比較して、それぞれの特徴の違いを見ていきましょう。サウンドサンプルも掲載していますので、実際にコンプレッサーをかけた時の音を聴いてみてください。


Abbey Road RS124

Abbey Road RS124は、アビー・ロード・スタジオで使用されているクラシックな真空管コンプレッサーを丹念にエミュレートしています。RS124の実機は、働いていたエンジニア達からは「秘密兵器」として扱われていました。アビー・ロードでレコーディングした他の多くのアーティストのトラック、言うまでもなくビートルズのすべてのレコードでRS124の滑らかなサウンドを聞くことができます。

ビートルズのミックスエンジニアである、Geoff Emerickはポール・マッカートニーのベーストラックにシルクのような光沢を加えるためにRS124を使用したことで有名です。もう一人のビートルズのエンジニア、Norman SmithはリズムバスをしっかりまとめるためにRS124を好んで使用し、アビー・ロードのカッティングルームで働いていたマスタリングエンジニアも定期的にRS124を使用していました。ミックスエンジニアのKen Scott氏はBeatlesのギタートラックでRS124を使ってました。

RRS124 は、これまでに約25台しか製造されず、一般に販売されることはありませんでした。もともとは1959年、当時のAltec 436B tube compressorとして開発されたユニットを元に、アビーロードのエンジニア達が大幅に改造しRS124となりました。

WAVESバージョンには2つのモードを搭載しています。StudioモードはRS124のシリアルナンバー60070Bの個体をモデルとし、速いアタック感が特徴です。一方Cutterモードは、アタックとリリースが遅い個体のバージョンです。アビー・ロードのマスタリング・エンジニアが好んで使っていたRS124の代表的なもので、通常とは異なる真空管を採用しています。アタックとリリースが遅いため、ミックスバスの用途ではCutterの方が適していると思われます

Abbey Road RS124は、オリジナルのすべてを正確に再現しているだけでなく、さらなる追加機能も提供しています。例えば、スーパーヒューズモードでは、よりエキサイティングでアグレッシブなキャラクターが追加されています。スーパーヒューズをオンにした状態でマスターバスで RS124 を使用する場合、MIXノブを使ってパラレルな処理を適用することをお勧めします。(Expand ボタンを押したときに表示されます)。

Expand ボタンを押すと、ステレオ、モノラル、またはMSモードで聴けるモニターセクションと、ミックスの低域がコンプレッサーのトリガーにかからないようにするSidechain High-Passフィルターノブが表示されます。ミックスには一般的にローエンドの情報が多く含まれているため、RS124をミックスバスコンプレッサーとして使用する際には、この機能が役立ちます。


Abbey Road TG Mastering Chain

アビー・ロード・スタジオのEMI TG12410トランスファーコンソールをモデルにしたWaves Abbey Road TG Mastering Chainは、EQ、フィルタリング、ステレオスプレッダーなど、ダイナミクス処理だけでなく幅広い機能を提供する、総合的なモジュラープラグインです。そのため、1つの統合されたプラグインで事実上すべてのミックスバス・プロセッシングを行うことができます。

Abbey Road TG Mastering Chainは、3種類のコンプレッサー/リミッターとEQ、フィルターなどのモジュールを搭載しています。

インプットモジュールには、インプットレベル、バランス、フェイズ、テープEQが搭載されています。テープEQの設定は元々、規格の違うテープ間で音質補正を行うための機能です。あえてクリエイティブに使用しても面白いでしょう。トーン・モジュールには4つのバンドのEQが搭載されており、周波数とフィルター・シェイプを選択することができます。

リミッターモジュールには3つの選択肢があります。Originalモードは実際のAbbey Roadコンソールのコンプレッサーをモデル化、Modernモードは現代的なVCAコンプレッサーで、Limitモードはオリジナルコンソールのリミッターをエミュレートします。リカバリー・ノブは、アタックとリリースの時間を6つの異なるプリセットの組み合わせで提供しています。

その他のコントロールには、メイクアップゲインや、ハイパスとローパスのフィルターと調整可能なミッドレンジベルフィルターを含む内部のサイドチェインフィルター(低音域でコンプレッサーをトリガーしたくない場合、特に便利です)を切り替える機能があります。

このプラグインの利点の一つは、各モジュールをステレオ、デュアルモノラル、ミッドサイドの3つの動作モードのいずれかに個別に設定することができ、サイドとセンターで異なるコンプレッションを適用できることです。スプレッダーノブを使ってステレオイメージを広げることもできます。


API 2500

Waves API 2500は、VCAベースのオリジナルハードウェアの特徴的なコントロールをすべて備え、バスや個々のトラックに明快なパンチを生み出すことで知られています。

オリジナルのトーンセクションでは、コンプレッサーのレスポンスを調整できる3つの設定を提供しています。Knee(ニー)パラメーターでは、コンプレッサーがシグナルにどのくらいの速さで作用するかをハード、ミディアム、ソフトから選択することができます。

API 2500 プラグインは、サウンドにパンチ感を加えることに長けています。

スラストコントロールは、検出器に入る信号に対して、ローエンドのフィルタリングの量を変えます。これにより、ローエンドがコンプレッサーを過度にトリガーすることなく、低音の多い素材を処理することができます。

また、圧縮方式はフィードフォワード(新方式)とフィードバック(旧方式)から選択することができます。フィードフォワードは、VCA に当たる前の信号をディテクターに送ります。フィードバックは、VCAを通過した信号を検出器に送ります。実用的な違いは、フィードフォワードは少しエッジの効いたサウンドですが、フィードバックはよりスムーズなサウンドになります。

オリジナルのハードウェアと同様に、Waves API 2500にもL/Rリンクセクションがあり、左右のチャンネル間のリンク率を変えることができます。両側が完全にリンクされている場合、片側で大きな音が発生した場合、コンプレッサーが両側でクランプダウンすることを避けることができます。


PuigChild 670

Waves PuigChild 670は、レディ・ガガやU2などを手がけたプロデューサー/エンジニアであるジャック・ジョセフ・プイグ氏とのコラボレーションにより開発、ジョセフ・プイグ氏のスタジオに設置されている伝説的なFairchild 670ステレオコンプレッサーをエミュレートしています。オリジナルは、回路内の真空管のバイアスを調整することでレベルを上げたり下げたりする可変ミュー・ユニットでした。このハードウェア・ユニットには20本の真空管と11個のトランスが搭載されており、これらすべてがそのサウンド・クオリティーの高さに貢献しています。

主に個々のトラックやグループで使用されることで知られていましたが、670はミックスバスでも使用することができます。このプラグインからは多くの「色」を得ることができ、どのようなサウンドに入れても絶妙なハイエンドの輝きを与えてくれます。

PuigChild 670プラグインは、特にパンチを加えるのに向いています。

このラウンドアップの他のコンプレッサーとは異なり、PuigChild 670にはレシオの設定がありません。その代わりに、「入力をどれだけ強く叩くのか」、「スレッショルドをどこに設定するのか」の2つの組み合わせで圧縮量をコントロールします。

さらに、670には独立したアタックとリリースのコントロールもありません。その代わり、6つの時間が固定されたプリセットが用意されており、アタックはどれも比較的高速で、最も遅いものでも0.4msです。リリースタイムは0.3秒から5秒までと幅広く、2種類のオートリリースが選択できます。

670は3つの動作モードから1つ選ぶことができます。「L/Rモード」では左右を個別にコントロールすることができ、実質的に2つの独立したコンプレッサーで、それぞれの設定を使い分けることができます。「リンクモード」では、両チャンネルのコントロールは 1 セットのみとなります。「LAT/VER モード」は、フェアチャイルドのオリジナル用語である「和と差」(いわゆる「ミッド/サイド」)を意味し、ミッドとサイドのシグナルを別々にコントロールすることができます。ミッドとサイドの相対的な出力レベルでステレオイメージを変化させることができます。


SSL G-Master Buss Compressor

SSL 4000-Seriesコンソールのマスターセクション・コンプレッサーは伝説的なもので、Waves SSL G-Master Buss CompressorはこのVCAコンプレッサーのコントロール、サウンド、動作を正確に再現しています。

コントロールはシンプルで簡単です。スレッショルドとメイクアップゲインノブを連続的に可変できます。アタックは0.1msから30msまでの6段階の選択が可能です。リリースには、0.1秒から1.2秒までの4つのプリセットオプションとオートリリース設定が用意されています。

SSL G-Master Buss Compressorは設定が簡単で、あらゆるタイプのミックスバスコンプレッションに対応します。

レシオは2:1、4:1、10:1の3種類から選択できます。アナログボタンは、アナログモデリングのオン/オフを切り替えることができ、オーディオサウンドのクリーンさや暖かさを微細に変えることができます。


V-Comp

V-Compは、クラシックコンソールであるNeve 2254をベースにしています。V-Compプラグインは、ミックスのダイナミクスをコントロールするのと同時に、サウンドにアナログカラーを提供します。独立したリミッターとコンプレッサーセクションを備えており、アナログノブでアナログエミュレーションの量を変えることができます。

クラシックなNeveバスコンプレッサーをエミュレートしたV-Compは、ミックスに瞬時に個性を与えます。

コンプレッサー部の切り替えが可能です。オリジナルのNeve 2254ハードウェアユニットと同様に、プラグインのスレッショルドは固定されています。ゲインリダクション量を決定するためにはレシオと入力ゲインコントロールを組み合わせて使用します。

レシオコントロールは、1.5:1、2:1、3:1、4:1と6:1の固定設定です。そして 珍しいですが、設定したレシオに合わせ自動でメイクアップゲインされ、レシオを上げると音量が大きくなります。アタックタイムは5ms固定ですが、オートリリースを含む数種類のリリースタイムから選択できます。

シグナルチェーンの中でコンプレッサーの前にあるリミッターは、独立してON/OFFが可能で、独自の設定が可能です。リミッターを使用する理由の 1 つは、1 マイクロ秒から 1ms の間の高速なアタックタイムです。比較的遅い5msのアタックタイムでコンプレッサーよりもトランジェントコントロールを求める場合には、アタックタイムが速いことが役立ちます。


ミックスバスコンプ設定の6つのヒント

    コンプレッションは軽めに

    最初にゲインリダクションを 1-2 dB 程度に抑えておきましょう。ゲインリダクション量は、スレッショルドやレシオだけでなく、アタックによっても影響を受けることがわかります。アタックが速ければ速いほど、より多くのコンプレッションが発生します。つまり、3つのコントロールのバランスをとる必要があります。

    パラメータの効果を理解する

    アタックタイムやリリースタイム、ゲインリダクションの量を変えて実験してみると、その効果を実感することができます。一般的に、速いアタックはトランジェントを押しつぶす効果が高く、遅いアタックはよりオープンで透明感のあるサウンドになります。速いリリースではポンピングが発生することがありますが、遅いリリースでは、コンプレッサーが減衰した状態を長時間維持しているために、ミックス全体がオープンでないサウンドになってしまうことがあります。

    自信がない場合は、オートリリースを使用してみましょう。

    プラグインを勉強中で自信がない場合は、プログラムに依存したリリース設定がうまくいきます。

    手がかりを探すためにメーターの針を見る

    聴こえてくる音に加えて、ゲインリダクションメータの動きは、何が起こっているのかを示す良い指標となります。すべてのトランジェントがコンプレッサーをトリガーしている場合、それはやり過ぎている可能性を示唆しています。例えば、「4分音符のタイミングだけ針が動く」という目標でコンプレッサーの各パラメーターを調整するという方法もあります。

    バイパスボタンを使用する

    設定を調整する際には、定期的にコンプレッションのあるミックスとないミックスをA/Bで比較することが重要です。特に同じボリュームで比較していることが大切です。コンプレッサーのメイクアップゲインを使用して、両者のレベルのバランスを調整しましょう。

    プロセスの早い段階でミックスバスのコンプレッサーをオンに

    多くのエンジニアは、ミキシングプロセスの早い段階でミックスバスのコンプレッサーをオンにして、"それに合わせてミックスする "ことを好みます。つまり、ほとんどのミックスの決定は、コンプレッションがすでにオンの状態で行われ、より有機的にするために、コンプレッサーで最後を仕上げるのではなく、プロセスの一部となるようにしています。


実際に音を聴き比べてみよう

以下の例では、6つのバスコンプレッサーを2つの異なる曲で使用しています。

最初の例は、"Come with Me "という曲のポップロックデモからの抜粋です。ミックスバスコンプレッションの意図は、ミックス全体に1つのダイナミクスプロセッサーを適用することで得られるまとまりのあるサウンドである「グルー」とパンチの効いたサウンドの両方を加えることです。



2 つ目の例は、The TriSonics というバンドによるブラジリアンテイストのア コースティックインストゥルメンタル曲「Estrada Bahia」からの抜粋です。この曲はアコースティックインストゥルメントが特徴で、よりナチュラルなサウンドに仕上がっているため、ミックスバスのコンプレッサーをオープンでトランスペアレントに設定し、グルーを追加しました。



これらの 6 つのプラグインはすべて、ミックスバスの圧縮のための優れたオプションを提供しています。

ミックスやマスターにパンチを加えたいのであれば、API 2500は素晴らしい選択です。一貫してトランジェントにスナップを加え、スネアをパワフルに前進させてくれます。SSL G-Master Buss Compressorもこの点では非常に強力でした。

6つのコンプレッサーすべてがサウンドに 「グルー(まとまり)」を加えていますが、SSLはこのタスクに最も精通していて、最も簡単に設定できました。シンプルなコントロールとオートリリースオプションも、このコンプレッサーを使いやすくしています。

色や風味を加えるには、PuigChild 670、RS124、V-Comp、Abbey Road TG Mastering Chainがおすすめです。PuigChildはトップエンドに光沢と少しのサチュレーションを加え、RS124は独特の滑らかさをもたらし、V-Compは様々なサチュレーションのファットさを提供し、TG Mastering Chainはモデル化されたハードウェアトーンと様々なEQとフィルタリングオプション(特にユニークなサウンドのテープEQ)の組み合わせにより、別のEQプラグインを開くことなく多くのトーンコントロールを可能にしました。

ステレオイメージの様々な部分をコントロールするには、RS124、TG Mastering Chain、そしてミッドサイド処理オプションを備えたPuigChild 670が最適な選択でした。

曲のスタイルを考えて、それぞれのコンプレッサーのレスポンスを試してみてください。ミックスにまとまりとパワーを加えることができるパワフルなコンプレッション・ツールとしてどれを選びますか?

さあ、早速バスチャンネルにコンプを入れてみましょう。


関連セール情報

28年もの間、プラグイン・エフェクトの世界的ディベロッパーとして、音楽制作の現場を支えてきたWaves。今回は、Wavesバンドルの中でも特に人気が高く、所有されている方も多いGoldから、3つの人気バンドル「Horizon」「Diamond」「Platinum」へのアップグレードを、日本の皆様だけの特別価格でご提供いたします。

>詳しくはこちら

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報