Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?
scroll

コンプレッサーの種類ってたくさんあるけど、どれを使ったらいいの?

2020.11.18

今回の記事では、コンプレッサーの種類と、それぞれのコンプレッサーをどのような場面で使用するのかを学んで行きます。

VCA、FET、Optical、Variable-Mu、デジタルコンプレッサープラグインなど、様々な種類のコンプレッサーを知ることで、ミックスのレベルを上げていきましょう。

コンプレッサーは、ダイナミクスコントロールとサウンドカラーリングの両方において、音楽の制作やエンジニアリングを行う際に非常に重要です。コンプレッサーには非常に多くの種類があるため、状況に応じてどれを選べばいいのか混乱することがあります。この記事の目的は、様々なコンプレッサーの種類を明確にし、それらがどのように使われているかを説明することです。

さまざまなタイプのコンプレッサーの長所と短所を理解すれば、与えられた状況でどのタイプのコンプレッサーを選択すべきかの判断の参考になります。 ここでの提案はあくまでもガイドラインです。様々なコンプレッサーがどのように一般的に使用されているか記載しています。もちろんあなたの音楽に合ったものであれば、例外的な使い方もあるでしょう。

まず、アナログ・コンプレッサーの主なカテゴリーについて説明します。多くのプラグインは、これらの伝統的なアナログサウンドデザインの特徴をシミュレートするように作られています。それらがどのように機能するのか、長所と短所は何か、そしてそれぞれのコンプレッサーがどのように異なるのかを少し知っておくと便利でしょう。


VCA Compressors

VCAは「電圧制御アンプ」の頭文字をとったもので、このタイプのコンプレッサーの回路の中心にあるコンポーネントです。VCAコンプレッサーは、ユーザーが設定したスレッショルド以上のピークに反応します。VCA コンプレッサーはレスポンスが速いことで知られており、ピーキー、リズム、またはトランジェントの多い素材に適しています。

多くのVCAコンプレッサーの設計では、スレッショルド、レシオ、アタックとリリースの時間、メイクアップゲイン、場合によってはニーを含む幅広いコンプレッションパラメータを正確にコントロールすることができます。この豊富なコントロールのおかげで、VCAコンプレッサーは汎用性の高いダイナミクス・プロセッサーとなっています。設定の仕方によっては、VCAはオリジナルのトーン&ハーモニック特性に透明感を持たせたり、持たせなかったりすることができます。

Waves dbx 160は、dbxとのコラボレーションにより開発され、コンプレッサーのユニークなサウンドと特性をエミュレートし、"プラグインのみ "の機能を追加しました。

透明感を出すためには、アタックを速く設定しすぎないことが重要です。スレッショルドを低く設定しすぎたり、レシオを高く設定しすぎたりすると、ピークよりも圧縮された音になってしまい、"圧縮されすぎている "ように見えてしまうことがあります。それだけでなく、VCAは強く押しすぎると深刻な歪みを引き起こす可能性があります。正確にモデル化されていれば、VCAコンプレッサーのデジタル・エミュレーションはアナログ・ハードウェア・バージョンと同様の特性を示します。

VCAのコンプレッサーといえば、バスコンプレッサーとしても個別のソースにも使えるAPI 2500、SSLコンソールに内蔵されているSSL G-Master Buss Compressor dbx 160などが有名ですが、後者は特にドラムのトランジェントに独特のキレの良さを与え、スナッピーなキャラクターを加えることでドラム用コンプレッサーとして長年愛用されてきました。


おすすめの使用用途
  • ドラム、パーカッションなどのトランジェントの圧縮
  • パンチの追加
  • 例えば、ボーカルや楽器演奏のダイナミックレンジを制限して、トランジェントを押しつぶさずにピークを滑らかにします。
  • バスコンプレッション(マスターとサブグループの両方)
  • 非常に汎用性が高いので、好きなソースに使える
効果が出にくい使用用途
  • 温かみを出したり、色をつける

FET Compressors

FETコンプレッサーはVCAと同様に半導体ですが、「電界効果トランジスタ」と呼ばれる特殊なコンポーネントを使用しており、真空管回路の動作をエミュレートするように設計されています。FETコンプレッサーはVCAよりもさらに高速な反応時間を実現しています。
多くのFETコンプレッサーには、スレッショルドコントロールがありません。適用される圧縮の量は、入力信号の振幅と入力レベルコントロールの設定の組み合わせによって決まります。入力が大きくなればなるほど、圧縮される信号は大きくなります。

FET コンプレッサーは、透明感のあるゲインコントロールが必要な場合に選択するものではありません。FET コンプレッサーは、ソースマテリアルに独特のサウンドの痕跡を残します。おそらく最も有名なFETコンプレッサーはUrei 1176で、何千もの名盤で聴かれており、ボーカル、ドラム、ギターなどに最適なアグレッシブで高速なコンプレッションを提供しています。

CLA-76は、1176のコントロールセットをエミュレートするだけでなく、よく知られたコンプレッサーの2つの異なるイテレーションのモデルを切り替えるオプションを提供するプラグインエミュレーションです。


おすすめの使用用途
  • ボーカル、ドラム、ベース、ギターなどにアグレッシブなサウンドとエキサイトメントを加える
  • アタックが速いためリミッターとして使用
  • アグレッシブに潰したサウンドを原音に混ぜて使うパラレル・コンプレッション
効果が出にくい使用用途
  • 透明性を求めるコンプレッション

Optical Compressors

コンプレッサーは通常、入力信号を2つの部分に分割します。1つは、コンプレッサーがどのように動作するかを決定する検出回路を介して送られ、もう1つは、コンプレッションされ出力に送られるオーディオです。オプトコンプでは、検出回路がユニークで、オーディオ信号は光に変換され、電気光学センサーがトリガーとなり、ゲインリダクションの量を制御します。このセットアップのレスポンスは滑らかで透明感があります。他のタイプのコンプレッサーとは異なり、ハードウェアのオプトコンプは固定比率で、通常は3:1です。

おそらく最も有名なオプトコンプは、Teletronix LA-2Aでしょう。技術的には "レベリングアンプ "と呼ばれていました(名前の "LA "が由来)。電気光学回路と真空管アンプの両方を組み合わせ、滑らかで気持ちの良いコンプレッションを実現しました。LA-2Aハードウェア・ユニットは、商業用スタジオではどこにでもあり、数え切れないほどのレコーディングで使用されています。プラグインでは、CLA-2Aとして忠実に再現されています。

LA-3Aモデルも同様の機能を持っていますが、真空管回路を搭載していないため、よりクリーンなサウンドを実現しています。プラグインでは、CLA-3Aとして用意されています。


おすすめの使用用途
  • 透明性を求めるコンプレッション
  • ボーカル、ギター、ベース、その他の楽器に温かみと光沢を与える(特にCLA-2Aはその傾向が強いです)。
  • ボーカル曲の雰囲気を改善
効果が出にくい使用用途
  • トランジェントのコントロール
  • アグレッシブな響きのコンプレッション

Variable-Mu Compressors

真空管回路をベースにした可変コンプレッサーは、滑らかなコンプと心地よい発色を実現しています。 真空管のリバイアスにより減衰を実現しています。 超高速で動作するコンプレッサーではないので、トランジェント・コントロールには向いていませんが、どんなものにも温かみと深みを与えます。

可変コンプレッサーの最も伝説的なイテレーションは、Fairchild 670 Tube Limiter(モノラルバージョンのFairchild 660もありました)。オリジナルのフェアチャイルドは信じられないほど希少で、とても高価です。幸いなことに、PuigChild 660と670プラグインを含む優れたチューブエミュレーションがあり、オリジナルのフェアチャイルドユニットのリアルなエミュレーションを提供してくれます。

オリジナルとエミュレーションでは、アタックとリリースのコントロールは「時定数」パラメータの下でリンクされており、あらかじめ設定された6つの異なるアタック/リリース時間の組み合わせから選択できます。


おすすめの使用用途
  • 温かみ、色、太さをプラスする
  • パラレルコンプレッション
  • マスターバス全体の一体感を出す
  • マスタリング・リミッティング
効果が出にくい使用用途
  • 正確なアタックとリリースコントロール
  • トランジェントのコントロール

Non-Emulative Digital Compressors

アナログモデルのコンプレッサーは非常に人気がありますが、特定のビンテージユニットのサウンドや動作をシミュレートするように設計されておらず、デジタルテクノロジーの精度と汎用性を活用した機能を持つコンプレッサープラグインは、市場に数多く存在します。

例えば、Waves eMo D5 Dynamicsは、デジタル・プラグインでしか実現できないWavesのパラレル・ディテクション技術を使用しており、驚くほどの精度とその他のワンストップ・ダイナミクス・コントロールを提供します。H-Compは、ハードウェアユニットでは不可能な方法で、異なるタイプのアナログ圧縮特性をダイヤルする機能を提供します。

Waves Renaissance Compressorは、オリジナルデザインのデジタル・コンプレッサーのもう一つの例です。Warm "と "Smooth "の両方の特性タイプがあり、低域の高調波の温かさに働きかけたり、信号の元のトーンに忠実な透明感のあるコンプレッションのためにバイパスしたりすることができます。また、"Electro "と "Opto "の仕様も内蔵されており、それぞれの仕様は、より速いリリースタイムと遅いリリースタイムに対応しています。


おすすめの使用用途
  • 汎用性があり、あらゆるソースに使用できる
  • アナログユニットでは不可能なあらゆる追加機能が仕様できる
  • 総合的で正確な制御が可能
効果が出にくい使用用途
  • 特定のハードウェアのコンプレッサーのエミュレート

Multiband Compressors

マルチバンドコンプレッサーは、ユーザーが複数の帯域を決めて自由にフォーカスすることができます。マスターバスやマスタリングの状況で最も一般的に使用されますが、ミキシングの状況でも非常に役立ちます。クロスオーバーポイントを設定して周波数帯を定義し、それぞれの周波数帯のコンプレッションパラメータを個別に設定しなければならないため、使用するには少し複雑です。シングルバンドコンプレッサーでは適切ではない多くのタイプのタスクに役立ちます。

特定の周波数領域をターゲットにして圧縮することで、マルチバンド・コンプレッサーはダイナミクスをコントロールするだけでなく、周波数操作にも使用することができます。

Wavesは、6バンドC6、4バンドC4Linear Phase Multiband Compressorの3つの異なるマルチバンドプラグインを提供しています。


おすすめの使用用途
  • 圧縮のために特定の周波数帯をターゲットに使用する
  • マスタリング
  • ボーカルなどのソースを滑らかにする(ミックス中に音量が大きくなったり、柔らかくなったりすると音色が変化する)
  • ソース内の問題周波数領域の削減
効果が出にくい使用用途
  • シンプルな使用

Low-Level Compressors

デジタル形式でしか存在しないもう一つのタイプのコンプレッサーは、ローレベルコンプレッサーです。標準的なダウンワードコンプレッサーと同様に、ダイナミックレンジを減らしますが、大音量の音を下げるのではなく、ソフトな音を上げることでダイナミックレンジを減らします。例えば、ボーカルトラックで歌手がある単語の音が小さくなりすぎる場合、ローレベルコンプレッサーを使って自動的にその単語の音を上げることができます。

また、低めに録音された信号の部分を強調するために使用することもできます。そのため、例えばルームやオーバーヘッドのドラムマイクがあれば、ローレベルコンプレッサーを使ってルームの音にアクセントをつけることもできます。

Wavesはローレベルの機能を持ついくつかの異なるコンプレッサーを提供しています。MaxxVolumeMV2です。これらのモデルはどちらもローレベルコンプレッサーだけでなく、ダウンワードコンプレッサーも搭載しており、ソースを上からも下からも潰すことができます。MaxxVolumeには、ノイズゲートとレベラーも搭載されています。

アップワードコンプレッサーで良い結果を得るためには、繊細な設定が必要です。一般的には、個々のソースにローレベルコンプレッサーを使用しますが、マスターバスではサウンドを少し厚くするために使用されることもあります。例えば、Abbey Road TG Mastering Consoleの "モダン "リミッターモードには、オリジナルデザインのVCAベースのコンプレッサーが搭載されており、モダンなマスタリングサウンドに最適なローレベルコンプレッションエレメントが組み込まれています。


おすすめの使用用途
  • ルームサウンドのようなトラックの低レベルな部分を持ち上げる
  • 静音部を上げることでダイナミックレンジを抑えたい場合
効果が出にくい使用用途
  • 温かみの追加
  • トランジェントのコントロール
  • ピークの減少
  • パラレルコンプレッション

最後に

ご覧になったように、コンプレッサーには非常に多くの種類があります。それぞれに長所と短所があり、一度使いこなせば、どのような状況にも最適なものを選べるようになるでしょう。様々な選択肢の中から、自分なりの答えを見つけていく事で、音に違いが現れてくるでしょう。

様々なソースで様々なコンプレッサーを試す事で、それぞれのサウンドや動作を知ることができます。自分の持っているコンプレッサーの特徴を理解すれば、どんな状況でも自分のトラックに適したコンプレッサーを選ぶことができるようになるでしょう。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報