Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

McDSP

2019.11.13

McDSPは、Colin McDowellによって1998年に設立されたオーディオソフトウェアおよびハードウェア デベロッパーです。 Pro ToolsのEQ、コンプの代名詞となっているFilterBank、CompressorBankプラグインをリリースするMcDSP。その名前を知らない人も、グリーン色のプラグインを目にしたことがあるでしょう。

シリコンバレー発の革新的なテクノロジーにより、エミー賞をはじめ多くの受賞経験を持つMcDSPは、個人規模のミュージック・プロダクションから、ポスト・プロダクション、ライブサウンド、ゲームオーディオまで、多くの現場で愛用され続けています。

 

 


 

APB-16

McDSPのアナログ・プロセシング・ボックス(APB)は、ソフトウェアの柔軟性とプレミアムなアナログ回路による信号処理を高い次元で融合する、全く新しいデバイスです。各チャンネルはPro Tools AAXプラグインからコントロール可能。現代のデジタルなワークフローを変えずに、本物のアナログ回路を用いたオーディオ処理を加えることができます。プロセッシングの選択肢として、コンプレッサー、マスタリング・リミッター、トランジェント・エンハンスメント、マルチ・チャンネル/マルチバンド・プロセス、その他様々なアナログ回路による信号処理が可能です。他にないコンセプトのデバイスで、遂に”アナログ”プラグインが実現しました。

詳細はこちら

 

 

ハードウェア

  • Qプログラミング可能なアナログ処理
  • プレミアムなアナログ回路
  • 複数のアナログサチュレーション回路
  • 32ビットDACおよびADC
  • Thunderbolt 2および3に対応
  • McDSPの独自特許技術
  • 米国内で製造

ソフトウェア

  • APB対応のAAXプラグイン・バンドルを同梱
  • サンプル精度の正確なオートメーション処理
  • セッション全体のリコールとプラグイン・プリセット

接続

APBプラグインは、入力オーディオ信号と制御信号の両方を、Thunderbolt接続を通じてAPBハードウェアユニットに送信して処理します。制御信号は、すべてのパラメーター値で選択されたアルゴリズムを実行するようにアナログコンポーネントを設定します。オーディオ信号はアナログドメインで処理された後、APBプラグインの出力からデジタル信号としてPro Toolsセッション内へと戻されます。

プラグイン

APB-16には、オーディオをAPBハードウェアにルーティングし、内部のアナログ回路を制御するためのAPBプラグインが複数付属しています。ユーザーは他のプラグインを使うときと同様にAPBプラグインを操作するだけですが、オーディオ処理がアナログで行われるようになります。 設定をプリセットとして保存したり、セッションでプラグインを呼び出したり、サンプルレベルの精度でのオートメーション処理を施すことも可能です。APBプラグインは、本物のアナログパフォーマンスを備えたデジタルワークフローを提供します。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報