• POPULAR LINKS
検索

本サイトでの Cookie の使用について

  • TOP
  • Tips / Article
  • SoundID Reference 入ってる? 〜リスニング環境によって印象を左右されないミックスのために〜
scroll

SoundID Reference 入ってる? 〜リスニング環境によって印象を左右されないミックスのために〜

2024.06.21

Sonarworks社のSoundID Referenceは、リスニングポイントにおけるモニタースピーカーの周波数特性の山と谷をフィルターで補正しモニター環境を改善するためのテクノロジーの一つです。マーケットに存在する同種の技術の中にはスピーカー本体で補正を行うものやハードウェアで補正を行うものもありますが、SoundID Referenceではソフトウェアで補正を行っています。

まずは簡単にSoundID Referenceの説明を

一般的に室内でスピーカーを鳴らすと少なからず部屋の形状や材質、容積の影響を受けて周波数特性が変化しています。これは不可避な物理現象ですが、何故そんなに問題になるかというとちゃんとモニタリングしたい低域に強く悪影響が起こる点が大きいでしょう。

周波数の山と谷が起こる帯域は部屋の大きさと概ね反比例していますので、日本の住環境のように部屋が狭く天井も低い環境だと比較的高い帯域にこの問題が現れます。100~200Hzあたりの音が妙にでこぼこするなと感じたことがある方もたくさんいらっしゃると思います。

SoundID Reference

このことが直接的に問題になるわけではありません。部屋が音に悪さをしていたとしても、良い感じに聴こえるミックスが作れればOKです。では何が問題なのかというと、低域が乱れた部屋でミックスした曲を別の再生環境に持ち込んだ時に低域が意図しないバランスで再生されてしまうことが問題なのです。SoundID Referenceはそれを未然に防ぎます。

SoundID Referenceに限らずですが、スピーカーの補正を行う時は一般的に

  • スピーカーからテスト信号を再生
  • 測定マイクでテスト信号を録音
  • 部屋の特性プロファイルを作成し、それを打ち消すフィルターを適用

という手順を踏みます。その中でSoundID Referenceを選ぶ理由を4つ挙げていきます


メリット1: 測定マイクの個体差に影響されない

SoundID Referenceでは一般的な測定マイクを使っても構いませんが、公式から測定用のマイクとセットになったバージョンが販売されています。そして、それらのマイク1本1本に対して出荷前にマイクの特性プロファイルが作成されており、シリアル番号を入力するとその特性を補正して完全にフラットにしてくれるデータが提供されます。

つまり、SoundID Referenceの公式のマイクならどれを使っても個体差によらず同じ測定結果が得られるということです。


メリット2: 補正の強さを設定できる

SoundID Referenceでは最大で±何dBまでの補正を行うか設定できることに加えて、補正前と補正後の信号の比率を調整することができます。

スピーカー補正ツールの究極のゴールは周波数特性をフラットにすることではなく、その環境の出音を信じてミックスすれば他の環境でも印象が崩れないようにすることです。なので、100%補正がかかった状態であることを重要視していません。実際、私も2015年のMac版リリース以来33%前後で使い続けてきました。

SoundID Reference

メリット3: 補正のターゲットを設定できる

ミックスを仕上げる時に例えばスマホスピーカーで確認したり車の中で聴いて最終チェックをする方もいらっしゃると思います。

別の環境で確認してから最終的な微調整を入れるというのは理にかなったワークフローですが、そのために毎回現状をレンダリングするとなると若干の手間がかかりますし、さまざまなバージョンのミックスがローカルに溜まっていってどれが最新か分からなくなる可能性もゼロではありません。

SoundID ReferenceにはTranslation Checkというフィルターをかける機能があり、例えば今作っているミックスがスマホやタブレット、ラップトップ、TV、カーオーディオ等でどんな印象になるかをシミュレートすることができます。これにより、レンダリングの手間をかけずに「他の環境でどうなるかを知る」という目的だけを果たす事ができるため時短に繋がります。

SoundID Reference

メリット4: スタンドアローンアプリもある

こうした補正をプラグインのみで行うとDAWの外のオーディオ(YouTubeやApple Music等)に補正がかからないため出音にギャップが生じてしまいますが、SoundID Referenceにはスタンドアローンアプリ版もあるためDAWの外でも補正をかけることができます。

SoundID ReferenceにはLinear PhaseとZero Latencyという2つのモードがあり、例えば遅延補正が正しく機能し、よりクリティカルなリスニングが必要なDAWではLinear Phaseモードを、YouTubeなど動画との同期ズレを避けたいシステム音声にはZero Latencyをといった使いわけができるのもメリットです。

SoundID Reference

補正ツールを使う時のポイント

スピーカーの出音を補正するツールと一言でいってもさまざまな種類があり、補正のかかり方も千差万別です。ただ、これらを比較する上で注意したいのがフラットになったら良い補正というわけではないということです。

先述の通り補正ツールの大目標はそれを使ってミックスしたものが別の環境でも変わらない印象で聴けるものに仕上がるようサポートすることです。周波数特性をフラットに近づけるのはそのための手段の一つです

なので、単純に比較してどれが気持ちいいか、どれがフラットに感じるか、どれがつまらないかといった観点で選んでしまうのではなく、それぞれの補正がかかった環境で実際にミックスをしてみて、それが他の環境でどう聴こえるかを比べてください。その過程で、自分にとってよりフラットに近いものが有効なのか、補正のかかり方を細かく調整できるツールの方が有効なのかが分かっていくと思います。


まとめ

SoundID Referenceは他のソリューションと比較した際に「他の環境で聴いても印象が崩れないミックスを作れるモニター環境作り」により強くフォーカスしており、そのための機能を多く備えています。

21日間のフリートライアルもありますので、まずは実際に自分の環境の出音がどう変わるのか試してみてください。また、SoundID Referenceの固有の機能としてヘッドホンに対する補正やマルチチャンネルへの対応もあります。

ヘッドフォンミキシングへの福音 〜ヘッドフォンを補正する5つのメリット〜


SoundID Reference

自分の制作環境が引き起こしているスピーカーの出音への色付けに騙されることなく、どんな環境で聴いても気持ちいいミックスを作るためにSoundID Referenceをぜひご活用ください。


青木 征洋
作編曲家、ギタリスト、エンジニア

代表作に「 Street Fighter V」「Bayonetta 3」「Final Fantasy XV Multiplayer:Comrades」等。
自身が主催しアーティストとしても参加するG5 Project、G.O.D.では世界中から若手の超凄腕ギタリストを集め、「G5 2013」はオリコンアルバムデイリーチャート8位にランクイン。

東京大学工学部卒でデジタルオーディオに精通した日本人唯一のiZotope Artistであり、Billboardの全世界チャート6位にランクインした。

「The Real Folk Blues」のチャリティーカバーやMARVEL初のオンラインオーケストラコンサートではミキシングを務める。

sonarworks SUMMER SALE!7月2日まで
TOPへ