Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

NuGen Audio インタビュー、DELTA Soundworks

An in-depth Q&A with Ana Monte (lead sound designer) and Daniel Deboy (lead sound engineer), co-founders of DELTA Soundworks.

2021.01.05

DELTA Soundworksとはドイツのラインネッカーデルタ地方にあるプロダクション・カンパニーです。3Dオーディオ技術における豊富な経験を活かし、リスナーを物語の中に引き込むような没入感のあるサウンドを得意とし、あらゆる種類のビジュアル・メディアの価値を高めています。

この記事は、Nugen Audioによる、DELTA Soundworksの共同設立者であるアナ・モンテ(リード・サウンド・デザイナー)とダニエル・デボイ(リード・サウンド・エンジニア)へのインタビュー記事の日本語版です。


Interviewer

DELTA Soundworksを設立したきっかけを教えてください。

アナ

2016年に私とダニエルによってドイツのハイデルベルクに設立されたDELTA Soundworksは、3D/イマーシブ・オーディオに特化したポストプロダクションです。私たちのプロジェクトは、インスタレーション、バーチャル・リアリティー、360度映画やゲームのほか、長編映画、ドキュメンタリー、テレビ番組、コマーシャルなど多岐にわたっています。当社のチームは、

  • プロダクション・サウンド・ミキサー
  • レコーディング・エンジニア
  • サウンド・デザイナー
  • フォーリー・アーティスト
  • コンポーザー
  • 音楽プロデューサー

など、高いスキルと創造性を持ったグループで構成されています。

DELTA Soundworksは、私の映画のサウンドデザインにおけるクリエイティブなバックグラウンドと、ダニエルの音の科学における高度な理解の組み合わせから生まれました。カリフォルニア州立大学チコ校で音楽産業と技術に関して学び、ドイツのフィルム・アカデミーであるバーデン・ヴュルテンベルク校で映画音楽とサウンドデザインの修士号を取得しました。ダニエルはグラーツ工科大学を卒業し、3Dオーディオと音楽制作の学科を専攻しました。3Dサウンド分野での研究が評価され、ドイツ音響学会DEGAから学生賞を受賞しました。また、音楽レコーディングにおいても、オーディオエンジニアリング協会(AES)から金賞、銀賞、銅賞を受賞しています。

Interviewer

今まで関わったプロジェクトの中で、特に印象に残っているものを教えてください。

アナ

たくさんありすぎて決められませんが、強いて挙げるなら「Stanford Virtual Heart」というプロジェクトです。ドイツで開催された大きなIT/コンピューター・エキスポに参加したときでした。"the two Davids" [Axelrod (MD) と Sarno, Stanford Virtual Heart creators] と呼ばれる2人が立ち上げた、バーチャル心臓トレーニングシステムのプロジェクトです。このシステムは、医学生だけでなく、心臓に欠陥のある子供たちの家族が、様々な状態に関連した様々な兆候や合併症を学ぶのに役立ちます。ユーザーは、バーチャルリアリティー・グラスをかけて、この技術を使って、心臓を「バーチャルに」触ったり、心臓を開いてさまざまな部位を見たり、心臓の状態がどこにあるのかを理解したりすることができます。

医者が心臓の状態を診断するには、心臓の鼓動の音を聞くことが重要です。特に医学生の為に、心臓の「中」から様々な状態の音を聞くことができるようにしたいと考えていました。そこで、私たちはこのプロジェクトでは14の心臓病の聴覚成分を録音し編集しました。

14種類の乳幼児や新生児の心臓疾患のパターンやリズムの違いについて理解する必要がありました。制作面では、非常にわかりやすいものでしたが、サウンドデザインは非常に興味深いものでした。聴診器からの心臓の標準的なモノラル音源に加えて、バーチャル空間での心臓の中に人を"運ぶ"必要がありました。心臓の各部分の音が特定の方向から聞こえてくるように、心臓の各部分が人を取り囲んでいるような遠近感を与えなければなりませんでした。乳児の鼓動している心臓に直接マイクを入れるのは非常に難しいため、音を捕らえるためには、これまでとは異なるアプローチを取らなければなりませんでした。アクセルロッド博士は、事前に録音された心臓の鼓動音のデータベースを提供してくれました。シンセサイザーや他の録音技術を使って、すべてを達成することができました。信じられないような経験でした。

Interviewer

他にはどのようなプロジェクトに携わってきたのですか?

ダニエル

これまでの最大のプロジェクトは、ドイツのハイルブロンにある巨大な科学センター「The Experimenta Science Dome」での仕事でしょうか。360度プロジェクション・システムと29チャンネルのオーディオ・システムを備えた360度シアター、これは普通ではありません。私たちは、劇場内のすべてのショーのサウンド・プロダクションを担当しています。ある作品では、作曲家のジャスミン・ロイターが美しいスコアを書き、それを室内オーケストラと一緒に録音しました。それには、ラリーカーのようなサウンド・デザインの要素がたくさん含まれていました。私たちはこれらの作品をすべてまとめ、最終的に3Dフォーマットでミックスしました。この作品は私たちにとっても貴重な経験で、私達のスタッフの能力が発揮された作品だったと思います。

アナ

サイエンス・ドームは非常にユニークな形式をしています。一般的なプラネタリウムのようにみんなが上や真ん中を見ているのではなく、シアターとプラネタリウムをミックスしたもので、前や上、後ろを見ている人がいます。例えば、月へ旅立つ海賊が登場する子供向けのショーがあります。彼らは海の中から始まり、頭上に宇宙空間が投影され、映像全体が観客の周りを180度回転します。これは非常にクールなフォーマットで、ヨーロッパだけでなく世界的にもユニークなものです。Experimentaとのパートナーシップは、私たちにとって非常に重要な意味を持っています。

Interviewer

ワークスタイルとワークフローについて教えてください。

ダニエル

DELTA SoundWorksの非常にユニークな点は、さまざまなワークフローに素早く簡単に適応できることです。私たちは常に、新しくて面白いプロジェクトに挑戦したり、新しいワークフローやデザインを試したり、新進気鋭の技術に目を向けたりすることに喜びを感じています。これが私たちのユニークなセールスポイントだと思います。私たちは、一般的なポストプロダクションよりもはるかに柔軟性があり、映画のサウンド制作の仕事にも対応しています。

Interviewer

NUGENのソフトは何を使っていますか?

ダニエル

Halo Upmixです。特に5.1の制作にはかなりの頻度で使用していますね。The Experimenta Science Domeのプロジェクトでは、ステレオフォーマットで配信されるコンポーザーからの音源も多く扱っているので、かなり頼りにしています。また、ドームは5.1/7.1のシアターではなく、29チャンネルです。そのため、アップミックスはステレオフォーマットからこの部屋で配信できるものへと移行するのに本当に役立ちました。プラグインを使ってすべてのソースを調整することができ、最終的には3Dミックスを作ることができました。NUGENを使うことで、オーディオの楽しみ方が広がります。

素材の多くは、バーチャル楽器やドローン、その他の電子的な要素など、一般的なステレオ・フォーマットのシンセサイザー・サウンドでしたが、NUGENを使うことで、これらのサウンドで空間全体を満たすための適切な方法を見つけることができました。NUGEN Halo Upmixのおかげで、ステレオフォーマットからマルチチャンネルへの移行も簡単にできました。NUGENでチャンネルを設定しておいて、そこに信号をルーティングするだけですぐに結果が得られるので、プロセスが大幅にスピードアップしました。サウンド面でも、このようなコントラストを生み出すのに役立っていると思います。Halo Upmixがなければ、このプロジェクトのサウンドは実現しなかったでしょう。

アナ

私もサウンドデザイン、特に森林の中にいるような雰囲気のあるサウンドを作るのにHalo Upmixを使っています。ある空間に要素を追加するためのベッド・トラックを作るために、何時間もかけてサウンドを微調整しなくてもよくなりました。例えば、あそこで鳥のさえずりを追加して、あとは森の中に入っていく、といった具合です。このような作業にはとても適しています。

Halo Upmixに加えて、NUGENのHalo DownmixLoudness Toolkitも、映画、テレビ、ストリーミングのより一般的なプロジェクトで多用しています。これらのメータリング・ツールは本当に素晴らしく、NUGENがNetflixとDolbyのお墨付きを得ていることは、その信頼性の高さを証明しています。

ダニエル

最近はYouTubeで公開される音楽のステレオ・ミックスの多くをプレビューするための比較ツールとして、MasterCheck Proを使い始めました。MasterCheck Proを使う前は、YouTubeに公開した後に音が悪いことに気づくということが何度も起こってしまいました。MasterCheckを使用することでストリーミング用に圧縮されたオーディオの潜在的な問題を、本番前でもピンポイントで特定することができるので重宝しています。

Interviewer

会社としてのNUGENとの交流はどのように行われてきましたか?

ダニエル

NUGEN Audioの皆さんは非常にオープンなマインドで、自分たちの製品をプロダクションの世界に出すために熱心に対応してくれます。一緒に仕事をする上でも、とてもリラックスできて、NUGENの皆さんに私を覚えてもらうことができました。NUGENとの関係はとても良好です。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報