Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

T7 DAW

製品の説明

フリーなのに充実の機能。機能制限のないDAWソフトウェア

Tracktion T7 DAWは、全ての音楽クリエイターのためのDAWソフトウェアです。
完全フリーにも関わらず、上限トラック数などの機能制限は一切ありません。また、Mac, Windows, Linuxにも対応し、CPUの必要動作環境は非常に低く抑えられています。T7 DAWなら、あらゆる環境で最高のパフォーマンスを発揮することでしょう。

 

初めてのレコーディングに最適なアプリ

全てのTracktion DAWがそうであるように、T7にも直感的なシングルスクリーン・インターフェースが備わっています。入力、波形と、EQ、レベル、パン、プラグインなどを含むミキサーが左から右にレイアウトされています。ドラッグ&ドロップで、簡単に追加の要素やオートメーションを任意のトラックに好きなだけ追加できます。トラック数に制限の無いオーディオとMIDI、そしてプロフェッショナルな機能群で、作曲、録音、エディット、ミックス、シェアが簡単に行えます。CPUの必要動作環境も低く抑えられており、ほとんどのMac, WIndows, Linuxで理想の環境を整えられます。 → 動作環境を確認する

BLUE STEEL
ユーザー・インターフェイス

T7のコードネームである「BLUE STEEL」という名称に現れている通り、画面は本格的な使用のためにデザインされています。以前からよく使用されているシングル・スクリーンに、多くの新機能を詰め込みました。アップグレードされた機能群を導入するために、ビジュアルに深みを加え、注意深くコーディネートされたカラーパレットと、作業中に物事を整えておくのに十分なアニメーションを加え、スクリーンがよりダイナミックになりました。時間とスペースを節約できる新たな機能もたくさんあります。

クリップ・レイヤー・
エフェクト

クリップ・レイヤー・エフェクトは特許出願中の新技術で、クリップ単位でのサウンドデザインを完全にコントロールできます。これが意味するのは、最終的なトラックにプラグインを加えるのではなく、個別のクリップに複数のエフェクトを加えて加工することができるということです。加工を施した各レイヤーはアクティブな状態で隠すことができ、いつでも呼び出すことができます。詳しくは下記の導入動画をご覧下さい。

オートメーション・パターン

時間を短縮し実験意欲をかき立てる優秀な新機能、オートメーション・パターンはすぐにお気に入りの機能になるはずです! オートメーションしたいパラメータを選択、一般的なパターンを設定した後、さらに編集することが可能です。この方法で、素早く簡単にエディットのあらゆる部分に正確な動きを加えることができます。このシンプルで新しいオートメーションのプロセスの詳細は、下記の動画をご覧下さい。

LFOモディファイア

T7のLFOモディファイアは、あらゆるプラグイン(VSTおよびAU)の全てのパラメータ、およびチャンネル・コントロール・エレメント(フィルター)のオートメーション化を可能にします。この機能によって、あらゆるプラグインでもっと便利で豊かな表現が可能となり、少ないエフェクトでより創造的になることができます。LFOオートメーションの詳細は、下記の動画をご覧下さい。


製品を比較する

すべてのTracktion DAW製品はシングル・スクリーンのインターフェイスを備え、新たな機能がコンスタントに追加されています。パワフルで使いやすく、手頃な価格で制作・レコーディング環境を求めるミュージシャン、アーティスト、作曲家の使用を特に念頭において設計されました。T6、T7そしてWaveformシリーズの詳細比較は下記をご参照ください。

機能
WAVEFORM 10
T7 FREE
macOSサポート
10.10 以降
10.9 以降 (32/64bit)
WINDOWSサポート
7 / 8 / 10
7 / 8 / 10 (32/64bit)
LINUXサポート
Ubuntu 18.04
Ubuntu 16.04
プラグインフォーマット
VST/AU/Linux VST
VST/AU/Linux VST
無制限のオーディオトラック
Yes
Yes
無制限の MIDI トラック
Yes
Yes
オートメーション
Yes Enhanced
Yes Enhanced
キーボード・ショートカット
Yes + ユーザースクリプト
Yes + ユーザースクリプト
ビデオ同期
Yes
Yes
タイムストレッチ・アルゴリズム
Professional
Professional
レイテンシー・マネジメント
Yes
Yes
ステップ・シーケンサー
Enhanced
Enhanced
フリーズ・ポイントテクノロジー
Yes
Yes
クリップの編集
Yes
Yes
MIDI ラーン
Yes
Yes
オーディオ・コンピング
Advanced
Advanced
ワープタイム機能
Yes
Yes
トラックのタグ付け
Yes
Yes
ハードウェアのプラグイン・インサート
Yes
Yes
ピッチ・フェード
Yes
Yes
クリップのレイヤー・エフェクト
Yes
Yes
セットアップ・アシスタント機能
Yes
Yes
複数ブラウザの同期
Yes
Yes
トランスポートバーのスリムライン表示
Yes
Yes
パネル・アニメーション表示
Yes
Yes
ビジュアル・プラグインセレクタ
Yes
Yes
クリップのグループ化
Yes
Yes
 
クリップのリンク
Yes
Yes
オートメーション・パターン
Yes
Yes
LFO ジェネレーター
Yes
Yes
エディット・プレビュー
Yes
Yes
クイック・ズーム
Yes
Yes
Collective サンプラー/シンセサイザー
Yes
 
Master Mix DSP
Yes
 
モジュラー・ミックス環境
Yes
 
MIDI パターン・ジェネレーター
Yes
 
リアルタイム MIDI コード・プレイヤー
Yes
 
詳細な MIDI エディター
Yes
 
クラッシュしたプラグインのアシスト
Yes
 
複数のカラーテーマを切替え
Yes
 
Raspberry Piのサポート
Yes
 
Multi-Sampler インストゥルメント
Yes
 
プラグイン・マクロ
Yes
 
プラグイン・フェイスプレート
Yes
 
ラック”スタック”エディター
Yes
 
6種類の新しいモディファイア
Yes
 
コード・トラック
Yes
 
トラック・ループ
Yes
 
トラック/プリセット
Yes
 
クイック・レンダリング
Yes
 
アクションパネルのカスタマイズ
Yes
 
エディット・グループ
Yes
 
グルーヴ・ドクター
Yes
 
Detail Track Edit Windows
Yes
 
Range Selection Editor
Yes
 
Vertical Cursor Editor
Yes
 
Subtractive Synthesizer
Yes
 
Artisan Plugin Collection
Yes
 
Constant Save Technology
Yes
 
Advanced Multi Sampler
Yes
 
Celemony Melodyne Essential
Yes
 
Antares Auto-Tune Access
Yes
 
オンライン・サポート
Yes
 

システム必要環境

 

macOS 10.9以降
Intel Core i5 2GHz以上のプロセッサー
4GB RAM (8GB以上を推奨)

 

Windows 7,8,10
Intel Core i5 2GHz以上のプロセッサー
4GB RAM (8GB以上を推奨)

 

Tested on Ubuntu 16.04でテスト済み
Intel Core i5 2GHz以上のプロセッサー
4GB RAM (8GB以上を推奨)

Tracktion T7 DAWを手に入れよう

「クリップ・レイヤー・エフェクト」や「オートメーション・パターン」、「LFOモディファイア」など充実した機能を持つデジタル・オーディオ・ワークステーションを、無償で手に入れましょう。

T7アカウント作成など
入手方法はこちら


関連記事

 

 
TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報