Line up / Priceラインナップ / 価格

Trilian
価格:¥ 25,800 (本体価格:¥ 23,889)

Purchase Order購入方法

パッケージ販売商品。全国の楽器店、またはオンラインストアにてお買い求めいただけます。

Overview概要

Trilian®は、アコースティック、エレクトリック、シンセのすべてにおいて、最高のベース音を提供するソフトウェア音源です。エンジン部には、Spectrasonicsのフラッグシップ・シンセサイザーOmnisphere同様、自社開発の「STEAM」エンジンを採用しています。

音色の中心となるのは34GBのコア・ライブラリー(Trilogyの10倍以上!)。スライドなど様々なアーティキュレーション、Stylus RMXと同期可能なアルペジエイター、30種類のエフェクトも内蔵しているので、使い込むほどに新しい演奏表現を発見できることでしょう。

Trilian_0_300

エリック・パーシングからのメッセージ。

1994年に発売した最初の製品である”Bass Legends”に始まり、2002年に発売された世界初のベース専用ソフトウェア音源である”Trilogy”に至るまで、ベース音源は、Spectrasonics社にとって常に重要な位置を占めてきました。

我々が自信を持ってお届けするTrilianは、アコースティック、エレクトリック、シンセの全てのベースサウンドに数多くの新しいアイデアを盛り込んだ、我々が待ち望んだ第三世代のベース音源です。TrilianのコアライブラリはTrilogyの約10倍もの大容量であり、あなたが今後発見すると思われる多くの可能性を秘めています。

Trilianの開発における最優先課題は、素晴らしい音を奏でることはもとより、パワフルかつフレキシブルなインターフェースを全てのユーザーに供給することでした。Trilianのインターフェースは初級者にも使いやすいよう設計されていますが、上級者にとってはより細かな機能へと簡単にアクセスが可能なように配慮されています。

特に、長年Spectrasonics社の製品をご使用いただいているユーザーの方々で、Trilianの発売を待ち望んでおられた方々には感謝の意を表します。あなたがTrilianによって新しいアイデアを得て、今後の音楽制作にTrilianを活用していただくことが、我々の望みです。

Cheers!!

Eric Persing – Spectrasonics クリエイティブ・ディレクター


 

Trilogyユーザー様には、お得な価格でOmnisphereをお買い求め頂けるアップグレード・プランをご用意しております。アップグレード料金を最低限に抑えるため、本アップグレード・プランは全世界共通で米国Spectrasonics社直販のみとさせていただいております。弊社サポートページにてお申し込み方法詳細をご案内致しております。ご希望の方リンク先よりお申し込みください。

Features特徴

パフォーマンス面の特徴

Trilian_1_300

  • リアルなハンマーオン、プルオフ、トリル演奏を可能にする、レガート、リリース仕様。
  • 弾くたびにサンプルが入れ替わる「ラウンド・ロビン」仕様により、自然な同音連打を実現。
  • アンプ/マイクと、DIアウトを、リアルタイムにミックス可能。
  • スタッカート、レガート、サスティン、ビブラート、スライド・アップ、スライド・ダウン、グリス・アップ、ハーモニクス、Xノートなど、多彩なアーティキュレーション。
  • マルチサンプルされたダイナミック・スライド音を収録。
  • 通常の音、スライド音など、複数のパッチをキースイッチで切り替えながら演奏できる「Live」モード。
  • 音域、ベロシティ、CCマップでゾーン割当可能な「Stack」モード。
  • Stylus RMX、MIDIファイルと同期可能な Groove Lock™仕様のアルペジエイターを装備。

 

サウンド・ライブラリーの特徴

Trilian_7_300

  • 34GB以上(Trilogyの10倍)の、コア・ライブラリー。
  • リリース時に弦とフレットの間で発生するノイズ、同音を弾く度にサンプルが入れ替わるラウンド・ロビンの他、様々なアーティキュレーションがベロシティ、レガートの度合いなどによって自動で鳴るようにプログラムされ、リアルタイムに演奏するだけで抜群の表現力を発揮するアコースティック・ベース。1パッチで2万以上のサンプルを使ったものもあります!
  • 5弦のMusic Man™ Studio Bass、Fender Jazz Bass®、Epiphone™ Retro 60’s Bass、Hardcore Rock 5-string、Lakland™ Rock P-Bass、Chapman Stick® と、多種多様なエレクトリック・ベース。
  • フィンガー、ピック、スラップ、タップ、ミュートなど、多彩な奏法。
  • Yamaha® CS-80、Cwejman™ Modular、Moog Minimoog™、Little Phatty™、Voyager™、Taurus™ Pedals、Korg MS-20、Oberheim 2 voice、ARP 2600、Roland Juno 60/106、Waldorf Pulse™、DSI Mopho™ & Tetra™、Roland TB-303、SH-101、Metasonics KV-100 Assblaster、SE-1、Omega、ATC-1、Novation™ Bass Stationなど、333種類のシンセ・ベース。
  • リマスター、強化されたTrilogyの音源も収録。
  • エイブラハム・ラボリエル、マーカス・ミラー、ジョン・パティトゥッチによる『Bass Legends』から選んだ、ボーナス・ライブラリー付き。

 

内蔵エフェクト

Trilian_9_300

  • Nomad Factoryなどの手による高品位なエフェクトを32種類も装備。チューブ・リミッター、コンプレッサー、ワウ、フィルター、EQ、ディストーション、リバーブ、ゲート・エキスパンダー、ステレオ・イメージャー、フランジャー、フェイザー、BPMディレイ、テープ・ディレイなど。

 

システムの特徴

Trilian_14_300

  • キーワード、タグ、カテゴリーなどで絞り込み可能な、モダンな音色ブラウザー。
  • 各パッチに最適化されたパラメーターのみを表示する、メイン画面。
  • デュアル・フィルター、高度なエンベロープ、モジュレーション・マトリックスなど、ディープな音色作りが楽しめる、エディット画面。
  • 直感的なMIDIラーン機能により、お持ちのMIDIコントローラーを簡単に割当可能。
  • Omnisphereにて、Trilianの音色をロード可能。低音部にTrilianパッチ、高音部にOmnisphereパッチを配置すれば、強力なライブ・スタックを構築できます。 

 

よくあるご質問と、その答え

  • Trilianはひとことで言うと、どんな製品ですか?
    Trilianは、アコースティック・ベース、エレクトリック・ベース、シンセ・ベースを最高の音で演奏できるようにデザインされた、ソフトウェア・インストゥルメントです。エンジン部には、Spectrasonicsのフラッグシップ・シンセサイザーOmnisphere同様、自社開発の「STEAM」エンジンを採用しています。音色の中心となるのは34GBのコア・ライブラリー(Trilogyの10倍以上!)ですが、スライドなど様々なアーティキュレーション、「Groove-Lock」機能を使ってStylus RMXと同期可能なアルペジエイター、30種類の内蔵エフェクトなど、使い込むほど新しい演奏表現を発見できることでしょう。
  • STEAMエンジンとは?
    Spectrasonicsが自社開発したエンジンです。STEAMエンジンは、Omnisphere、Trilianなど、新世代のSpectrasonicsインストゥルメントの基礎となるコア・テクノロジーになっています。
  • TrilogyとTrilianに違いはありますか?
    ほとんど全てが違います!Trilianは、全く新しいベース・インストゥルメントです。STEAMエンジンを採用した2つめの製品となり、そのインターフェースにはベースに最適化された革新的な仕様が導入されています。Trilogyのサウンドも含まれていますが、新しいサウンドを加えたコア・ライブラリーの合計は34GBと、Trilogyの10倍以上におよびます。追加されたのは新しいベースだけではありません。ラウンド・ロビン、ダイナミック・レガート、リリース・ノイズ、マルチチャンネル音源、マルチサンプル・スライドなど様々なアーティキュレーションと、演奏表現を強化する仕様が追加されました。
  • TrilianはTrilogyを置き換える製品なのですね?
    そうです。TrilianはTrilogyの後継製品です。
  • TrilianにはTrilogyのサウンドも、含まれていますか?
    はい。Trilogyのコア・ライブラリー・サンプルだけでなく、それを強化したサウンドも収録されています。
  • 『Bass Legends』の音も、入っていますか?
    はい。『Bass Legends』は、Spectrasonicsの記念すべき第一弾となった製品です。リリースは1994年ですが、エイブラハム・ラボリエル、マーカス・ミラー、ジョン・パティトゥッチの弾いたベース音は、まったく古びることがありません。そこで、Trilianにはリマスターされた『Bass Legends』の音源がスペシャル・ボーナスとして収録されています。『Bass Legends』の音色はサイズも小さく、ロードも早いので、作曲時に気軽にお使いいただけます。15年も前の音源ですが、STEAMエンジンのエフェクト、リリース・ノイズなど強化された仕様を組み合わせれば、想像以上に良い音で鳴るので驚かれることでしょう。
  • Trilianのコア・ライブラリーに占める、従来のサンプルの割合は?
    ほんのわずかです。34GBコア・ライブラリーのうち、約9割は新作です。つまり、皆さんが初めて耳にする音ばかり、ということです。
  • Trilogyのシンセ・パッチも含まれていますか?
    初期リリース版には含まれていませんが、いずれ登録ユーザーには無償ダウンロードにて提供する予定です。それ以外にも新作パッチ、チュートリアル・ビデオなど、登録ユーザーのみがアクセス可能なコンテンツを公開予定なので、ご期待ください。
  • では、さらに多くのシンセ・パッチが手に入るのですね?
    はい。初期リリース版の1.0ライブラリーに収録されたシンセ・パッチは、まだほんの「さわり」だと思ってください。数100種類のシンセ・パッチの他、仕様を強化するアップデートも予定しています。
  • Trilianには、高性能なコンピュータが必要なのですか?
    他のソフトウェア・インストゥルメント同様、コンピュータは早いに超したことはありません。詳細は、ウェブサイトに公開された動作環境情報を参照してください。
  • Trilianの使用には、Omnisphereと同じCPUパワーが必要ですか?
    いいえ。和音を演奏することが多いOmnisphereに比べれば、CPU負荷は低くなることが多いでしょう。ただし、Trilianの中には1万種類以上のサンプルを組み合わせた音色もあり、その音を使う時には多くのメモリーを消費します。よって、私たちは4GB以上のRAMを実装することをお勧めしています。
  • Trilogyからのアップグレードは用意されていますか?
    はい!Trilogyの正規登録ユーザーの方なら誰でも、Spectrasonics Techshopにてアップグレードをお申し込みいただけます。2009年にTrilogyをお買いあげの方、Intel Macでお使いの方は、送料のみのご負担でTrilianにアップグレードしていただけます。詳しくは、サポート・ページを参照してください。
  • 2009年10月26日以降にTrilogyを購入しました。私もTrilianへのアップグレード対象となりますか?
    はい。SpectrasonicsアカウントにてTrilogyを登録、オーサライズしていただければ、無償アップグレード(送料のみ負担)の対象となります。
  • Trilian発売後でも、Trilogyを購入することはできますか?
    いいえ。Trilianのリリース時をもって、Trilogyの販売は完了となります。
  • Trilianは、音源を拡張可能ですか?
    はい!Spectrasonicsでは、将来Trilianの音源を拡張する案を計画中です。
  • Trilianは、Intel Macでも使えますか?
    はい。ユニバーサル・バイナリー仕様のSTEAMエンジンを採用しているので、当然ですね。これで、Stylus RMX、Omnisphere、TrilianとすべてのSpectrasonicsインストゥルメントが、Intel Macネイティブとなりました。
  • Trilianは、64 bit対応ですか?
    はい、WindowsおよびOS X環境にてVST/AU/AAX 64bitネイティブ・プラグインとして動作します。
  • Trilianは、ディスク・ストリーミング技術を使っていますか?
    はい。Trilianでは、音色のプレビューを素早く行うために、ディスク・ストリーミング技術を使っています。このディスク・ストリーミングの動作に関しては、初期設定で調整可能です。
  • Trilianには、無償で試せるデモ版がありますか?
    34GBの大容量インストゥルメントという性格上、デモ版は用意していません。ただし、Spectrasonics製品を扱っている販売店のデモ・マシンには、Trilianがインストールされているはずです。試奏環境の有無については、いつもご利用の販売店の方にお尋ねください。
  • Trilianでも、Omnisphereのようなチュートリアル・ビデオは提供されますか?
    はい。Spectrasonicsでは、現在Trilianのチュートリアル・ビデオを作成中です。チュートリアル・ビデオは、登録ユーザーのみアクセス可能なサポート・ページに公開されます。

    備考:Trilianは、Omnisphereと同じSTEAMエンジンを採用しているので、多くの共通する仕様があります。Trilianのチュートリアル・ビデオ公開前でも、Omnisphereのチュートリアル・ビデオを観ると多くのことが学べることでしょう。Omnisphereのチュートリアル・ビデオは日本語化されていますので、ぜひご覧ください。

  • Trilianには、Omnisphereと同じエフェクトが入っていますか?
    はい。Omnisphere、Stylus RMXと同じエフェクトが内蔵されています。
  • Trilianはマルチ・ポイント・エンベロープ対応だと聞きましたが、特徴はありますか?
    マルチ・ポイント・エンベロープは、音色を作成するにあたって強力な武器になります。ただ、プログラムが面倒なのも確かでしょう。Trilianでは、マルチ・ポイント・エンベロープの表現力を、簡単に、楽しく体験できるように工夫しました。Trilianのパッチ・プログラミングでは、いろいろとクールなことができますよ。使い込むほど、洗練されたエンベロープを作る方法がいろいろあることがわかってくることでしょう。
  • Trilianは、G5 Macでも使えますか?
    はい。ただし、Spectrasonicsでは最新のコンピュータをお使いになることを推奨しています。(注意: 現行製品バージョンのインストーラーはIntelベースのMacintosh専用となり、PowerPCには非対応となります)
  • Trilianは、ライブラリーの一部を選んでインストール可能ですか?
    いいえ。パッチの互換性確保のため、Trilianは全ライブラリーをインストールしないと使えない仕様となっています。内蔵ハードディスクの空き容量に余裕が無い場合は、35GB以上の空き容量のある外部ハードディスクにインストールしてお使いください。
  • Trilogyを使ったセッションは、Trilianでそのまま再現できますか?
    自動的には、再現できません。Trilianにて、Trilogyのパッチを選択して、ロードする必要があります。
  • TrilianとTrilogyは、併用可能ですか?
    はい。TrilianとTrilogyは、同時に起動することができます。ただし、Trilogyのアップデート完了により、今後OS、ホスト・アプリケーション更新時の互換性は保障されなくなりますので、あらかじめご了承ください。
  • Trilianをインストールする前に、Trilogyを削除する必要がありますか?
    いいえ。Trilianは、Trilogyを上書き消去せずにインストールできます。いずれ削除する予定のある方は、Trilogyを使ったセッションを開いてTrilogyのパッチ名を控えたり、Trilogyをつかったトラックをオーディオ・データとして書き出しておくと良いでしょう。
  • 自分で作成したTrilogyパッチは、Trilianでロードできますか?
    いいえ。Trilianは新しいエンジンによる、新しいインストゥルメントなので、ユーザー・パッチに互換性はありません。なお、Trilianで作ったユーザー・パッチは、他のTrilianユーザーと共有、交換して楽しむことができます。

System Requirements動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.10
  • Windows 7/8
  • AU、VST (2.4) 各32/64bit、AAX64bit Native、RTAS (Pro Tools8以降)
  • 2.4GHz以上のCPU
  • 4GB以上のメモリ(8GB以上推奨)

製品のインストールにはDVD-ROMドライブ、および15GB以上(StyusRMX)、35GB以上(Trilian)、45GB以上(Omnisphere)のハードディスク空き容量が必要です。また、快適にご使用頂く為には、OS/オーディオトラック・データとは別ドライブの7,200RPM以上のハードディスクにライブラリをインストールする事を推奨致します。

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。製品をご使用頂くにはインターネット接続環境が必要です(アップデータのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。