scroll

Keyscape
Collector Keyboards

製品の説明

コレクターキーボード楽器

KEYSCAPEは、世界で最も巨大なコレクターキーボード楽器を集めた、類まれなヴァーチャル・インストゥルメントです。十年をかけて制作されたライブラリには、非常に珍しいレアな鍵盤楽器が、細心の注意を払ってレストアされています。その上で、膨大な数のサンプルライブラリを手がけてきたSpectrasonicsのサウンド開発チームによって、微細な段階までマルチサンプル収録されています。

その開発プロセスは、必要であれば地球の果てまで訪れ、これら驚くほどレアな楽器群を集めるところから始まり、次に深い造詣を持った専門の職人・技術者によって修復作業が行われました。幾つかの鍵盤楽器は何度も最初から調整をやり直し、完全に『あるべき』状態になるまで数年を要することもありました。

それぞれの楽器に対し、ディテールへの極限までの集中と細やかな修復・調整が、オーセンティックな質感と、インスピレーションにあふれる演奏性を同時に備える、全く新しいレベルのサウンドの開発に結実しました。そして、収録インストゥルメントについて、これはほんの始まりでしかありません。搭載されたSTEAM Engineにより、これらの素晴らしいサウンドをさらに様々な形へと変化させることが可能です!


Features
特徴

カスタム・コントロール

Custom Controlsは、パッチ・プリセットごと個別のパラメーターセットが用意され、オリジナルを遥かに超えるサウンドを生み出すことができます。この直感的なインターフェースには、演奏のための便利なコントローラーや、高品位かつクリエイティブなエフェクトが各パッチに最適に調整され、配置されています。膨大なパッチは、それ自体がアイコンとして成立するオリジナルのサウンドが収録されているだけでなく、あなたの音楽に合わせて驚くほどに多彩かつ劇的にカスタマイズすることが可能です。


本物の楽器が持つ表現力

これら多くのコレクター楽器において、実のところ『不完全さ』こそが、その楽器の魅力となっています。我々は独特なきしみやノイズを単に除去するのではなく、楽器のヴァイヴを伝えるために必須の要素であれば、これらも細かに収録しました。さらにソフトウェア・チームによって、ビンテージ・アンプやエフェクト、ペダルなどの機械的なノイズ、リリースの倍音に至るまで、元になった楽器のオーセンティックな振る舞い、その不思議な魅力までがモデリングされています。収録サウンドをまったく新しいレベルに引き上げ、本物の楽器が持つダイナミクスあふれる表現力を再現します。


ハイブリッド”Duo”サウンド

36ものインストゥルメント・モデルをベースにした何百という収録パッチに加え、Keyscapeには、二つのインストゥルメントを組み合わせて全く新しく創造された、ハイブリッド”デュオ”サウンドも収録されています。これらのDuoパッチの独特の質感を備え、Keyscapeで最もインスピレーションにあふれる創造的なサウンドを生み出します。


Omnisphereとの統合

Omnisphere 2をお持ちのユーザーの方は、Keyscapeを拡張インストゥルメントのようにOmsniphreのインターフェースに統合することができます。Keyscapeは、Omnisphereブラウザ内にライブラリの一部として表示されます。Omnisphere 2ユーザーの方なら、STEAM Engineの持つ強力なシンセシス機能で果てしない音響の可能性とコンビネーションを極めることもできます。


製品仕様

  • 77GBの巨大なライブラリーに500サウンド、36のインストゥルメント・モデルおよびハイブリッド”Duo”パッチ
  • 細かなサウンドまで32ベロシティ・スイッチ、ラウンドロビンでマルチサンプル収録
  • 元の楽器が持つペダルノイズ、機械的ノイズ、リリースノイズなどの振る舞いもモデリングを組み合わせて再現
  • 回路からモデリングされたオーセンティックなアンプ、エフェクトを組み込んだパッチも収録
  • ストレージサイズを半分にした”Lite”バージョンのインストールをオプション選択可能
  • Omnisphere 2と統合可能なライブラリ

*Keyscape動作環境は変更される可能性がありますのでご注意ください。


Video
ビデオ

Keyscapeイントロダクション

Keyscapeで使用されるすべての楽器製造者名および製品名について、その商標はそれぞれの所有者に帰属し、Spectrasonicsとの協賛・関連はありません。Spectrasonicsはサウンド開発において製造者の製品のサウンド・音質を研究し、製造者の商標はこれらの特徴を伝えるためにのみ使用されています。また、音楽家・楽器発明家の名称は、解説および教育を目的に使われ、Keyscapeと特定の音楽家・楽器発明家の協賛・支援を示すものではありません。


 

Keyscape Creative

Keyscape+Omnisphereパッチライブラリ・アップデート、”Keyscape Creative”がリリースされました。Omnisphere 2とKeyscapeをお持ちの方は、1200もの新しいパッチを利用可能に。KeyscapeのサンプルとOmnisphere 2のパワフルなシンセエンジンが融合されたパッチライブラリです。ダウンロード詳細についてはこちらから。*ご利用にはKeyscapeおよびOmnisphere 2が必要となります。


Keyscape (USB )

通常価格
¥43,200

仕様・動作環境

Spectrasonics 動作環境

動作環境(Mac/Windows共通)

  • 2.4GHz以上のプロセッサー
  • 4GB以上のRAM、8GM以上のRAMを推奨
    *Sample Server機能を使用する場合は6GB以上。
  • インターネット接続環境(インストール/アップデート時)
  • USB2.0ポート

Mac

  • Mac OS X 10.9-10.12
  • AU(要Cocoa対応)、VST 2.4、RTAS/AAX対応のホスト・アプリケーション 

Windows

  • Microsoft Windows 7-10対応 (64-bit/32-bit)
  • VST 2.4、RTAS/AAX対応ホスト・アプリケーション

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。製品をご使用頂くにはインターネット接続環境が必要です(アップデータのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

*Keyscapeは64bitホスト専用プラグインとなり、RTASをはじめとする32bitホストアプリケーションでの動作はサポートされておりません。しかしながら、Omnisphere 2の32bitモードにてKeyscapeのライブラリを読み込むことは可能です。

HDD空容量80GB以上。また、快適にご使用頂く為には、OS/オーディオトラック・データとは別ドライブの7,200RPM以上のハードディスク、より高速なSSDなどにライブラリをインストールする事を推奨致します。


FAQ
よくある質問

販売、アップグレード、デリバリー:

Q: Keyscapeはどこで買うことができますか?
A: Keyscapeの日本国内での販売は、2016年9月の中旬を予定しています。製品は全国の楽器店でUSBドライブが同梱されたパッケージで販売されます。

Q: Keyscapeのデモ版を試すことはできますか?
A: 容量の大きさにより、デモ版をお試し頂くことはできません。しかしながら、Spectrasonic製品を扱っているお近く販売店でKeyscapeを実際にお試し頂けるよう準備を行っています。

Q: ライト版は別途販売されていますか?
A: Keyscapeは一つのバージョンでのみ提供されますが、インストール時にインストゥルメントのコレクションを完全にインストールする“Full” (77GB)と、ライブ・パフォーマンスに最適な一部のライブラリーをインストールする“Lite” (30GB)の選択が可能です。


サウンド:

Q: Keyscapeにはどれくらいの音色が収録されていますか?
A: Keyscapeは500種類もの音色を収録しています。

Q: コントローラー付きのキーボードで使えますか?
A: はい!とてもダイナミックで表現力豊かなKeyscapeのインストゥルメントは驚くほどディープに録音されているので、Keyscapeをキーボードのコントローラーに正しく反応するように設定することはとても大切です。メジャーなキーボードとコントローラー用には、それら専用に最適化されたベロシティー・カーブも用意しました。

Q: パッチを切り替えると、インターフェイス内のコントローラーも変わるようですが、なぜでしょう?
A: 音色の種類によって(Clavinets®のピックアップ、ピアノのキャラクター、エレクトリック・ピアノのトレモロなど)効果的なコントローラーも変わるので、各パッチにはそれ専用のコントローラーがあります。カスタム・コントロール機能を使えば、あなたが制作中の楽曲に馴染むよう、より細かくサウンドを編集することができます。

Q: 各パッチのコントローラー以外にもサウンドをエディットする方法はありますか?
A: はい。カスタム・コントロールの範疇を超えてサウンドをモディファイしたい場合は、Omnisphere 2にロードしてみてください。

Q: 2つのインストゥルメントを統合したDuoパッチがとても気に入っています。自分でDuoを作ることはできますか?
A: Omnisphere 2の中でKeycapの音色をロードすると、オリジナルのレイヤーが組まれた“Duo”を作ることができます。STEAMエンジンのパワーを借りれば、さらに音色をモディファイできます。さらには、KeyscapeとOmnisphereのサウンドを合体させることもできます。

Q: インターフェイス内のパラメーターにモジュレーション・ホイールをアサインするにはどうすれば良いですか?
A: コントローラーを右クリックして、モジュレーション・ホイールを動かし、MIDIラーンさせてください。

Q: パッチの中のワウをコントロールするために、フット・コントローラーを使いたいのですが?
A: 大丈夫です!ワウとエンベロープ・フィルタを使う全てのパッチは、モジュレーション・ホイールとフット・コントローラーで動かせるようにプログラムされています。

Q: “Lite”でインストールするとどのサウンドが使えますか?
A: インストール時に『Lite』を選択すると、基本モデルの一部をインストールし、ディスク容量を30GBに節約でき、ライブでの演奏に最適です。以下の楽器を使って作った音色がインストールされます。

Hohner Clavinet C
JD-800 Crystal Rhodes
LA Custom C7 Grand Piano
MK-80 Contemporary Rhodes
MKS-20 E Piano
MKS-20 Electric Grand
MKS-20 Vibes
Rhodes – Classic Mark I
Rhodes – LA Custom “E”
Wurlitzer 140B


 コンセプト:

Q: Keyscapeは単体で動くアプリですか、それともプラグインですか?
A: ほとんどのDAWで動作するプラグインです。VST/AU/AAXのプラグイン・プラットフォームに対応しています。

Q: Keyscapeにはロスレスのオーディオ圧縮技術が採用されているのですか?
A: はい。Keyscapeのライブラリをフルでインストールすると77GBの容量になりますが、このライブラリーはロスレスのオーディオ圧縮フォーマットで保存されています。もし非圧縮だと、ライブラリーは200GBを超えます!まさに膨大なライブラリーと言えるでしょう。

Q: 使用するには必ずOmnisphereが必要ですか?
A: いいえ。Keyscapeは独立したインストゥルメントであり、とてもパワフルです。前述の通り、Keyscapeの音色をOmnisphereで読み込むと、レイヤーを組む、スピリット、Omnisphereの音色と統合するなど、Omnispgereのシンセサイズ・エンジンを使ってさらに音色をモディファイすることができます。可能性がぐっと広がるのです!

Q: STEAMエンジンとは何ですか?
A: STEAM™とは私たちが開発したコア・テクノロジーで、Omnisphere、Trilianに代表されるSpectrasonicsの新世代インストゥルメントの基幹となっています。


 動作環境/必要条件:

Q: Keyscapeが動作する最低限の条件を教えてください。
A: 下記の動作環境をご覧ください。

Q: xxxに対応していますか?
A: 対応状況は株式会社メディア・インテグレーションMI事業部のサポートページにて随時公開予定です。

Q: Keyscapeはコピー・プロテクションがありますか?
A: はい、ユーザー登録とSpectrasonicアカウントに関連したコピー・プロテクションを採用しています。

Q: Keyscapeを使うためには、どれほどコンピューターの能力が必要ですか?
A: 全てのバーチャル・インストゥルメントに言えることですが、速ければ速いほど良いでしょう。 Keyscapeは最近のコンピューターに最適化されています。

Q: Keyscapeは64bit対応ですか?
A: はい、私たちの全てのインストゥルメントは、MacでもWindowsでも64 bitネイティブで動作します。

Q: Keyscapeを32bitで使うことはできますか?
A: いいえ。但し、Omnisphere 2を使うと、32 bitのホストで走るOmnisphere 2の中でKeyscapeのサウンドを使うことができます。

Q: Keyscapeはストリーミングを採用していますか?
A: はい、Keyscapeはドライブから素早くサウンドをロードできるストリーミングを採用しています。ドライブからのストリーミングは設定を調整することも可能です。

Q: Keyscapeをライブ用の機材で使いたいのですが、それほどハードディスクの容量がありません。どうしたら良いでしょう?
A: インストール時に“Lite”を選択してください。ライブは欠かせない音色のセットだけをインストールします。

Q: 使いたい音色だけを選んでインストールすることはできますか?
A: 各パッチは複雑に複数のライブラリーのパーツを参照しているため、Keyscapeは常に“Full” (77 GB)または“Lite” (30 GB)のどちらかを選んでインストールする必要があります。Keyscapeは一度に一つのインストゥルメントをプレイするためのサンプル・ライブラリーほど単純ではありません。2つのインストゥルメントを合体させるDuoパッチが実現するのも、この構成のおかげであり、Keyscapeのユニークな特徴の一つです。

Q: 私のシステムは最低限の動作条件を満たしています。Keyscapeを走らせるのに十分でしょうか?
A: はい、動作は全てのバーチャル・インストゥルメントと同様に、プラグインを走らせているホストなどシステムそのもの以外の要素にも左右されます。リアルタイムでの演奏が重要なら、より少ないリソースのサウンドをロードする各パッチの“Thinning”ボタンをお試しください。

Q: 高速なハードディスクはKeyscapeのストリーミングに有効ですか?
A: はい、もちろん速いドライブを選択するのが賢明です。パフォーマンスの最適化については、Reference Guide(英文)に記載されています。

Q: Keyscapeは別のドライブにインストールできますか?
A: はい、2番目のドライブや外部ドライブにインストールも可能です。ベストなパフォーマンスを得るため、SSDドライブにKeyscapeをインストールすることをお勧めしています。

*下記のKeyscape動作環境は変更される可能性がありますのでご注意ください。

Keyscape (USB )

通常価格
¥43,200

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報