scroll

Reference 4 Studio Edition
限りなく正確なスピーカー・キャリブレーション

製品の説明

新しいReference 4、リリース!

次世代の測定法によるヘッドフォンの測定により、30以上もの新たなヘッドフォン・プロファイルを追加し、さらにゼロ・レイテンシーでのプラグイン処理を実現した、新しいReference 4がリリースされました。前バージョンまでは追加オプションだったSystemwideをすべてのエディションに収録。よりシンプルなインストール、アクティベーションにも対応し、一層洗練された次世代リファレンス補正ソフトウェアの効果を体験してください。

 

Reference 4 Studio Editionには、スピーカー測定ソフトウェア、スピーカー・キャリブレーション・プラグインに加え、ヘッドフォン・キャリブレーション・プラグイン、Systemwideを収録。
Reference 4 Studio Edition + Micには、スピーカー測定ソフトウェア、スピーカー・キャリブレーション・プラグインに加え、ヘッドフォン・キャリブレーション・プラグイン、Systemwide、測定マイクを収録しています。
測定マイクをすでにお持ちの方は、Reference 4 Studio Editionのみをご購入頂くこともできます。

 

主な新機能

  • 次世代測定法によるヘッドフォン・モデルの測定
  • 30以上もの新しいヘッドフォン・プロファイル
  • 計100モデルものプロファイルを収録
  • ゼロ・レイテンシーのプラグイン処理を実現
  • Systemwideをすべてのエディションに収録
  • よりシンプルなインストール、アクティベーション
  • ソフトウェア更新の自動化

 

Reference 3シリーズをお持ちの方にもお得なアップグレード版をご用意しています。アップグレード詳細についてはこちらから。

 

わずか15分のスピーカー測定で
信頼性の高いリファレンス・サウンドを実現

ほとんどのスピーカーは、開発されたラボではふさわしい働きをしているはずです。しかし一度それがあなたの部屋に届くと、事情は一変します。ルームの音響特性によって、本来のサウンドが損なわれてしまうからです。これでは決定的なディテールを逃してしまったり、あなたの能力をベストな状態で発揮することもできなくなってしまいます。

 

以下のグラフでも分かるように、同じスピーカーでも設置される部屋によってその特性は大きく変化してしまうのです。

20170323_sonarworks_graph_speakers_before2x

ここで、Sonarworks Reference 4によるキャリブレーションを有効にしてみましょう。。。

20170323_sonarworks_graph_speakers_after2x

 

Sonarworks Reference 4は、失われてしまうモニターの精度の問題を解消し、他のスピーカーシステムとの親和性を飛躍的に向上させます。Reference 4は測定用ソフトウェアと、DAW側で起動するキャリブレーション・プラグインで構成されたツールです。その先進のDSPによって、モニタースピーカーに対するルームの影響を中和し、より信頼性の高いリファレンス・サウンドを提供します。

 


 

スピーカーキャリブレーションの利点

プロフェッショナル・スタジオのための音響補正

 

20170324_sonarworks_speaker_benefits-1ミックスの品質を高め
よりインパクトのあるサウンドを

正確なサウンドを持つスタジオ・モニターは、ミックスにおいて正しい判断を下すために最重要なものです。Reference 4によるスピーカーキャリブレーションは、ほんのわずかなディテールまでも聞き逃すことのない正確さを、可能にするでしょう。もう当て推量で作業する必要はありません。

 

スピーカー・キャリブレーションについて詳しく>

 

20170324_sonarworks_speaker_benefits-2その結果により確信を持って

自分の耳がとらえるものに疑問を投げかけるのは、もうやめましょう。正しいEQ、正しいコンプレッション。あなたはずっと正しい判断を下しています。指揮官はあなたです。

 

スピーカー・キャリブレーションについて詳しく>

 

 

20170324_sonarworks_speaker_benefits-3素晴らしいミックスをより早く届けるために

 

スタジオのサウンドを完全に信じることができないなら、サウンドの問題を解決するためには、多面的に車のオーディオや自宅のステレオでも試すほかありませんね。時間を節約し、しかもあなたの評価を高めるには、クライアントに音源を送る前に問題を解決しておかなくてはいけません。レコーディングしたバンドから届く衝動的な”こうすればもっと良くなるじゃないか”メールに惑わされることもありませんね。

 

スピーカー・キャリブレーションについて詳しく>

 


 

Systemwide – リファレンス・サウンドのリスニングを
かつてないほど簡単に

 

Reference 4 Systemwideなら、あらゆるオーディオ出力をキャリブレーションすることができます。DAW以外のアプリケーションからリファレンス・サウンドでのリスニング、プロダクションとのシームレスな行き来を可能にします。DAWプロジェクトにファイルを読み込む煩わしさからも開放され、Soundcloudではキックは万全に響いているか、すぐにチェックできるのです。

 

Woman Producing Music in Her Home Sound Studio

あらゆるサウンドをリファレンスにキャリブレート

Systemwideは、DAWを使うことなくあらゆるオーディオ音源を中立なリファレンスサウンドに補正します。プラグインに対応する必要もありません。どこからでもReference 4で補正を通した聴くことができ、例えばDAWとSpotify上のサウンドの比較もこれまでになく素早く、簡単に行なえます。

 

20170327_sonarworks_systemwide_options設定したらあとは再生するだけ

Sysytemwideの設定は、Reference 4プラグインと共に動作するようカスタム開発されているため、使用方法も簡単かつ安定しており、キャリブレーションを二重に掛けてしまうこともありません。Reference 4がプラグインとして動作している場合はこれを検知して自動でオフになります。

 

Portrait of happy bearded man with arms on head looking at laptop with smile. Packed boxes on table.

リファレンス・サウンドを日々の音楽生活に

オーディオのすべてを完全に一貫した環境で再生する。音楽を制作しているときも、お気に入りのミックスをMixcloudで再生するときも、Sysytemwideがあれば、オーディオのあらゆるディテールを見失うことはありません。

 


 

Reference 4の仕組み
素早くセットアップ、使い方も簡単です。

 

20171006_sonarworks_ref4_ref_sp

1 ルームの測定

ソフトウェアに表示される、シンプルなステップごとの指示に沿ってルームの音響特性を測定します。

 

2 キャリブレーションを有効に

キャリブレーション・プロファイルをDAW上のプラグインで開きます。

 

3 キャリブレートされたサウンドを体験

今まで失われていたフラットなリファレンス・サウンドを取り戻しましょう!

 

スピーカー・キャリブレーションについて詳しく>

 

20171006_sonarworks_ref4_sp_01

 


 

テクノロジー

卓越したサウンドを、かつてないイノベーションで届ける

Reference 4は、長年の研究から開発され、特許申請中の革新的かつ精密なテクノロジーから生まれたツールです。スピーカーの音響測定は、革命的な測定コンセプト、音響強度認知周波数特性 (PAPFR)の解析と、エラーと無縁の自動マイクポジション検知システム(AMPS)によって実現されています。

 

スピーカー・キャリブレーションのテクノロジーについて>

 

20170323_sonarworks_bg-2

 

Sonarworks Artist : 鈴木Daichi秀行 - より低域がわかりやすく、スウィートスポットでの音を改善することができる
超低域までカバーできるモニタースピーカーで試してみたところ、より低域がわかりやすく、スウィートスポットでの音を改善することができました。低域は特にスピーカー周囲の環境や置いている機材にも影響を受けやすいものなので、こういったツールで改善ができることはいいですね。

ヘッドフォンキャリブレーションはさらにすごい。リスニング用のチープでドンシャリなヘッドフォンがまるで高級なモニター用ヘッドフォンのような、フラットな特性に変化したのには驚きました。特に日本の住宅環境ではヘッドフォンによるチェックも重要なので、「Sonarworks Reference」というリファレンスがあることは大きな意味がありますね。

特徴

Reference 4 ラインナップ

使用スタイルに合わせて選べるキャリブレーション・ラインナップ。

専門家による物理的な音響調整も不要。わずかなコストで音質を向上します。

21日間すべての機能を利用いただける、Reference 4 Studio Editionのデモ試用版もご用意しています。

 

Reference 4ヘッドフォン・キャリブレーション

Reference 4 Headphone Edition

  • アベレージモデルを使用したヘッドフォン・キャリブレーション
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応
  • Systemwide収録 – OSからの出力もキャリブレート
  • ダウンロード版(MIオンラインストア)/パッケージ版をご用意

*Reference 4 Headphone Editionにはスピーカー・キャリブレーション機能、測定マイクは含まれません。

 

Reference 4 スピーカー+ヘッドフォン・キャリブレーション

Reference 4 Studio Edition+測定マイク

  • プロフェッショナルな使用に耐えうる測定用マイクロフォン(XLR接続)
  • アベレージモデルを使用したヘッドフォン・キャリブレーション・プラグイン
  • スピーカー測定ソフトウェア + キャリブレーション・プラグイン
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応
  • Systemwide収録 – OSからの出力もキャリブレート
  • Sonarworks測定ソフトウェア用に個別にキャリブレート済み

 

Reference 4 Studio Edition (ダウンロード版)

  • アベレージモデルを使用したヘッドフォン・キャリブレーション・プラグイン
  • スピーカー測定ソフトウェア + キャリブレーション・プラグイン
  • Systemwide収録 – OSからの出力もキャリブレート
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応
  • ダウンロード版(MIオンラインストア)/パッケージ版をご用意

*Reference 4 Studio Edition(ダウンロード版)には測定マイクは含まれません。

 

Reference 測定用マイク

  • デモ試用版での利用を前提にした、専用の測定用マイクロフォン
  • プロフェッショナルな使用に耐えうる測定用マイクロフォン(XLR接続)
  • AU/AAX/RTAS/VSTプラグインフォーマット対応(デモ試用版)
  • 21日間ソフトウェアの全機能を利用可能なデモ試用版で測定・キャリブレーションが可能(ダウンロードのみ)
  • Sonarworks測定ソフトウェア用に個別にキャリブレート済み

レビュー

Michael Lehmann Boddicker

SonarworksはSol Seven Mix & Audio Postステジオにおけるシステムのパフォーマンスを引き上げてくれただけでなく、Sol7Post.comの映像・音楽のミックスまで向上させてくれたよ。ここで制作されたミックスは、主要な劇場やブルーレイ、HDTV放送でも完璧に反映されている。

- 作曲家/プロデューサー/Sol7Post.comオーナー
マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、ライオネル・リッチー、シカゴ

Matt Wallace

ビル・グールドと一緒に新しいフェイス・ノー・モアのレコード“Sol Invictus”のミックスを、Soxnarworksのキャリブレーション・ソフトウェアを使って仕上げたんだ。その結果に息を呑んだよ。彼と共に仕事をしてきた二十年で、これほど音楽を正確に聴くことができたのは初めてのことさ。

-プロデューサー/エンジニア
フェイス・ノー・モア、マルーン5、トレイン、アンディ・グラマー、デフトーンズ

Mark Needham

これほどのモニタリング調整のための再生オプションを備えているなんてすごいよ!お気に入りツールさ。

-ミキサー/プロデューサー/エンジニア
グラミーノミネート11回、キラーズ、ピンク、シャキーラ、イマジン・ドラゴン、クリス・アイザック

Smith Carlson

真の意味で正確なモニタリングは、ミックスに大きな確信を与えてくれる。スタジオに必要不可欠なものだ。

エンジニア/プロデューサー
ワン・パブリック、マルーン5、テイラー・スウィフト、ビヨンセ

収録製品

 

Sonarworks製品比較表

製品名/収録品 Headphoneプラグイン Speakerプラグイン+測定ソフトウェア Systemwideソフトウェア 測定マイク
Reference 4 Headphone Edition    √  
Reference 4 Studio Edition  
Reference 4 Studio Edition with Mic
Measurement Microphone    *  *

* 21日間試用可能なReference 4デモバージョン(測定ソフトウェア、プラグイン、Systemwide)をご利用いただけます。

仕様・動作環境

Sonarworksソフトウェア動作環境

  • Mac OS X 10.9 – 10.13
  • Windows 7 – 10
  • AU*、VST(各32/64bit)、RTAS(Pro Tools 9以降)、AAX Native 64bit
  • RAM空き容量2GB以上 
  • 解像度1024×768以上のディスプレイ

*Apple GarageBandには対応しておりません。

 

Speaker Measureソフトウェア

  • Mac: CoreAudio対応インターフェイス*1
  • Windows: WDM対応インターフェイス*2
  • 48Vファンタム供給可能なマイクプリアンプ

*1 Avid Digilinkハードウェアには対応しておりません。測定はCoreAudio対応のUSB、Thunderboltインターフェイスをご利用ください。

*2 ASIOオーディオインターフェイスには未対応となります。測定の際はWDM対応のインターフェイスをご利用ください。

 

その他、プラグイン起動時の基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作 環境に準じます。製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(イン ストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。 製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

 

デモ試用バージョンご利用方法

Sonarworksソフトウェアのデモ試用バージョンのご利用方法については下記ページをご参照ください。

http://www.minet.jp/support/sonarworks/sonarworks-reference-demo-trial/

 

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報