• TOP
  • NuGen Audio
  • LMB Loudness Management Batch Processor(販売終了)
scroll

LMB Loudness Management Batch Processor(販売終了)
Loudness Management Batch processor

製品の説明

LMB_TOP2

AMB Loudness Moduleの発売に伴い、2016年9月9日、LMBと有償アドオンの販売を終了しました。AMBの製品詳細はこちらから。

一括解析 | 補正 | ログ書き出し

Hotフォルダにシンプルにドラッグ&ドロップするか、フォルダの場所を指定するだけで複数のファイルのラウドネスをまとめて解析、そして自動補正。ARIB準拠のITU-R BS.1770-2など多彩なフォーマットに対応。極めて効率的なラウドネス・マネージメントが可能になります。デジタル放送の普及にともない大きな問題となってきたチャンネル、番組、CM、放送素材間による音量差。そこで問題となるのは、実際の聴感上の音量を表すラウドネス値です。ラウドネス値のそんな問題に対応するため、世界中でデジタル放送のラウドネス値の規格化、標準化が進行しており、Nugen Audio VisLMラウドネス・メーターなど正確にラウドネスを管理できるツールが現場に必要とされています。

LMBはラウドネス・マネージメントを驚異的に効率化します。ラウドネス管理が必要なファイルをフォルダーに格納するだけで、設定した規格、仕様*に合わせてまとめて一括解析し、更には自動補正します。そのため、個別にファイルを作業することが不要で、わずかな時間で大量のファイルのラウドネス・マネージメントが可能。ラウドネス・マネージメントを劇的に省力化します。また幅広い基準、仕様に対応し、さらにLRA(ラウドネス・レンジ)などバッチ処理を細かく設定可能なため、様々な現場対応が求められる業務の要求に応えます。また、コマンドラインによる自動オペレーション、更にはデータのグラフ化、ログの書き出しまで可能。完璧なまでの自動ラウドネス・マネージメントとリアルタイム処理の100倍もの驚異的な高速処理による効率的なラウンドネス・マネージメントが現実となりました。

MXF(OP-1a、OP-Atom)に対応(有償アドオン)

mxf-logoMXFオプションはOP-1aおよびOP-Atom形式のMXFコンテナファイルをサポートしています。オーディオエンコードはPCM(D10を含む)をサポートしています。MXF内に格納されているオーディオが、LMBでサポートされていないパターンおよびエンコード・フォーマットの場合は、VLCのプロセスによってWAVフォーマットで保存されます。(VLCでプロセス可能なフォーマットの場合)メタデータのアップデートは特定のファイル・フォーマットのみ可能です。チェックを入れてもアップデートが行えない場合、エラーとしてログ情報が書き出されます。メタデータには、どのバージョンのLMBが使われたか、および更新の時間、日付が含まれます。

  • 複数のMXFフォーマットをサポート:OP-1aとOP-AtomのPCMオーディオ・データ(D10エンコーディングを含む)に対応。
  • DPP AS-11コンプライアント・ファイル(UKのDigital Production Partnershipによって制定された互換性を高めることを目的としたファイル形式)を書き出し可能。
  • ネットワーク経由のリセット(個別のメーターと全体のリセット)
  • 個別のメーター情報をネットワーク経由で要求可能

DynApt – ダイナミクス調整エクステンション(有償アドオン)

dynapt5a-circle

LMB DynApt Extensionは、オーディオ・ファイルやビデオのラウドネス・レベルを、自動で規定のラウドネス・レベルに合わせるだけでなく、メディアによって異なる理想的なダイナミクス・レンジに最適化したファイルを自動生成可能な、LMB専用の有償アドオンです。

LMBにDynAptオプションを追加することで、各放送メディアのラウドネス基準に適合させながら、例えば、オリジナルのミックスのダイアログの明瞭度を確保しながらダイナミクスを圧縮するなど、再生環境にふさわしいダイナミクスを自動で調整することが可能になります。

  • 映画のオーディオ・トラックを違和感なくTV放送用に最適化
  • TV用のコンテンツをWEBストリーミング、ラジオ番組、ポッドキャスティング用に最適化
  • インジェスト、アーカイブ、ポスト・プロダクションなどの編集/送出システムに簡単に統合可能
  • リアルタイムの自動調整よりも高速に処理が可能

NUGEN Audioの独自技術であるDynApt技術は、コンテンツをラウドネス基準の異なる放送に乗せた場合に、自動コンプレッションによって、ダイアログが不明瞭になってしまう問題などを回避します。ラウドネス・レンジ(LRA)をターゲットに合わせて設定することで、手作業による修正の手間と時間を節約し、求めるレベルに自動的にコンテンツのラウドネスレベルを合わせます。DynAptを導入することで、コンテンツの別媒体での再利用にかかるコストを押さえ、クオリティーを維持しながら、ターゲットのラウドネス基準に合わせることができます。DynAptのプロセス結果はログとして記録されるので、結果の検証、ミスの防止、正確性を確保することができます。DynAptにはあらかじめ複数のプリセットが用意されており、ARIB準拠のITU-R BS.1770-2を含めたテレビ放送用に最適化されたプリセットの他、ラジオ、インターネットでの配信などに最適な設定を簡単に選択することができます。また、以下の項目を手動で調整することで、DynAptのアルゴリズムをカスタマイズ可能です。

  • Loudness Compression Ratio:コンプレッションの強さを設定します。1.0では非常に強くかかり、0.3ではソフトにコンプレッションします。
  • Macro Transition Threshold:DynAptはオリジナルのオーディオのトランジションを尊重しますが、この数値を下げるとより低いところにあるトランジションにも作用します。
  • Time Smoothing (secs):DynAptのプロセシングは時間で平滑化されますが、平滑化する秒数をここで設定します。
  • Ignore Transitions Relative to Integrated:DynAptはある部分のトランジションの始点と終点のラウドネスレベルが十分に小さいとき、トランジションを無視しますが、このレベルはラウドネスの平均値に連動して変動します。

特徴

対応するオーディオファイル・フォーマット

WAV、AIF、OGG、WMA、ACC、AU、FLAC、M4A、MXF、MOV、AVI、MPEG、3GP、MPEG、WMV、3GP、ASX、M4V、MKV、MP4、MXF(OP-1a、OP-Atom)

※MXFはオプションのLMB MXF Extensionが必要。
※ビデオのフォーマットは自動的に処理用のWAVファイルが分離されます。

LMB_graph_view

プロダクション | AV | マルチメディア | エディット | ゲーム音楽

  • セクション間の突発的な大音量の防止
  • ラウドネスの整合性に問題がある音源のマッチング
  • 異なる素材のバランスを素早く調整
  • 台詞の明瞭性をメンテナンス
  • 音楽とエフェクトのチェック&バランス
  • ラウドネスが安定したライブラリを即座に用意
  • ダイナミックレンジが異なる素材を容易にマッチング
  • ラウドネスの特性を保ちながら即座にエディット
  • ダイナミックレンジを高くプロデュース
  • 再生システムに合わせてダイナミックレンジを測定/設定
  • コーデック時の変化、DA歪みが最小化されるよう最適化
  • 必要とされるラウドネス基準のファイルを自動的に生成

ポストプロダクション | 放送

  • 納品スペックに適応
  • 法令規格に適合
  • 音質改善
  • 時間の節約
  • 突発的な大音量を防止する迅速なスポットのエディット
  • 同チャンネル、放送局での番組間のばらつきを防止
  • 異なる転送コーデックへの最適化

 大量のファイルを素早く、自動で解析処理

  • ドラッグ&ドロップによる操作
  • 驚異的なスピードで処理(リアルタイム処理の約100倍以上)
  • 様々なレベルでの自動ログを利用可能
  • 有償アドオンLMB MXF Extensionの追加で、MXFファイルをそのまま解析/補正。

EBU R128 | ITU R BS 1770/1 | ITU R BS 1170-2 | ATSC A/85 | Leq(m) メータリング

  • 様々なラウドネス基準に対応 
    ラウドネス補正を一括管理 
    最大トゥルーピーク (トゥルーピーク・バックストップ・リミッター含む) 
    ショートターム・ラウドネス 
    モーメンタリー・ラウドネス 
    LRA (ラウドネスレンジ)の値を指定可能
  • NEW  映画の予告篇製作等で規定されているLeq(m)の測定にも対応
  • 補正後のファイルを自動で検証
  • 完全な警告と自動補正機能

 データのエクスポート

  • サマリーログ表示
  • 詳細ログ表示
  • 分割または継続ログを選択可能
  • データのグラフ化とグラフ表示機能

3-BIG

 コマンドラインによる完全な自動化とXML出力オプション

  • ファイル全体を自動でバッチ処理
  • XML形式でのログ書き出し
  • 一括解析、補正するhotフォルダーをネットワーク上に設定可能

対応規格

  • TU-R BS. 1770/1、1770-2 (ARIB TR-B32準拠)、EBU R128、ATSC A/85、Leq(m)

2-BIG

主なアプリケーション

  • 品質保証とコンプライアンス
  • 外注した素材の確認
  • 送出規格へのラウドネス適合
  • 社内での編集環境の合理化
  • 不適合によるペナルティの防止
  • 自動ワークフローのためのコマンドラインを統合
  • 事後分析を可能にするオーバービューと詳細なログ

  • 音質の改善
  • 番組間のラウドネスを一致させる
  • 異なるソースのラウドネス基準を一致させる
  • 送出に適したダイナミックレンジに調整
  • 番組間の突発的なラウドネスの変化を防止
  • 正確なピーク・アセスメントによるコーデック品質とDA変換の改善

  • ワークフローの改善
  • ラウドネスをノーマライズする作業の自動化
  • 自動的にアーカイブを準備
  • 即座に使用が可能な確認済みライブラリの作成
  • 自動化に依存せずバランス調整
  • エディット後の自動再編成
  • 複数の放送規格やクライアントの用途に合わせたプリセット作成

 対応規格

  • TU-R BS. 1770/1、1770-2 (ARIB TR-B32準拠)、EBU R128、ATSC A/85、Leq(m)

仕様・動作環境

NuGen Audio プラグイン・エフェクト動作環境

  • Mac OS X 10.7-10.12
  • Windows 7-10
  • CPU – Intel Core Duo 1.66GHz以上
  • AU、VST(2.4/3)、AAX Native & AudioSuite(LM-CorrectはAudioSuiteのみ)、RTAS(Pro Tools 10)スタンドアローン*
  • *スタンドアローン対応: VisLM-H、LM-Correct
  • VisLM-H DSP、Halo Upmix: 要iLok2 USB Smart Key(別売)および接続用のUSBポート×1基
  • 他の製品はハードディスク/iLok2からオーサライズの選択が可能

その他、基本的な動作環境は、各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。本製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

 
TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報