Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報

本サイトでの Cookie の使用について

  • TOP
  • Info
  • OP-Zの新オプションパーツモジュール:lineを開発中
scroll

OP-Zの新オプションパーツモジュール:lineを開発中

2022.01.31

マルチメディア・シンセサイザー/シーケンサーであるOP-Zはハードウェアモジュールを使うことで、機能拡張が可能です。 これまで、oplabモジュールrumbleモジュールをリリースしてきました。そして新モジュール『line』を正式に発表しました。発表に伴い、OP-Zファームウェアのアップデートを伴う予定です。


新モジュール『line』

lineモジュール

Lineは、外部のオーディオ信号をOP-Zに入出力するために設計されました。ユニットにはステレオライン入力とステレオライン出力を追加し、OPLABと同様にMIDI、Trig、Po Syncの入出力も備えています。ライン入力は外部のオーディオ信号をミックスに追加し、ライン出力はOP-Zの2つ目のステレオ出力として使用可能です。

個々のトラックをメインミックスではなくモジュール出力にルーティングすることで、個々のトラックを分離・加工したり、お気に入りの外部エフェクターと接続しエフェクトループを作ったりすることができます。また、必要に応じて、モノラルとステレオの信号を簡単に切り替えることも可能に。さらに、メインミックスに出力する前にヘッドフォンでのキューモニターも可能。これにより、OP-Zはライブパフォーマンスでの「ドリームマシン」進化を遂げました。

 

2022年春発売予定

このモジュールについては、以前からヒントを出していましたが、ようやく正式に発表することができました。 購入できるようになるまでにはまだ時間がかかりますので、準備が整い次第、また発表いたします。

メーカーページ(英語)はこちら  

OP-Z製品ページ

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報