Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • 作品の質をグッと上げるワークフロー 6つのヒント
scroll

作品の質をグッと上げるワークフロー 6つのヒント

2021.01.21

長時間のミックスは、ミックスにおける判断を鈍らせ、知覚を混乱させます。 最悪の場合、耳の損傷につながる可能性すらあります。疲労が耳にどのような影響をもたらすのかを理解し、健康的なワークフローを設計することで、最も貴重なミックスツールである耳を守る方法を学びましょう。

エンジニアにおいて、ミックスは最も楽しむべき作業でありながら、かなりの体力を消費する作業でもあります。経験豊富なプロのミックスエンジニアは、疲労の問題に対処する方法を経験的に学んでいます。彼らはミックスのワークフローを設計し、素早く、効率的に、そして効果的に作業するために必要な技術的、創造的、観察的なスキルを織り交ぜることができるようにしています。精神的・肉体的疲労の原因を回避する方法を学び、疲労の症状が出てきたときに敏感に反応する。最も重要なことは、疲労が蓄積してミックスのバランスを崩してしまう前に、適切な対策を講じることです。

最高の芸術的ビジョンと技術的スキルを持っていても、精神的・肉体的な疲労は短期間でミックスを破壊してしまうことがあります。ミックス作業中での誤った判断やバランスの崩れの多くは、エンジニアの疲労に起因しています。では、どのようにしてこれらを回避し、より良く、より効率的に作業を進めるための習慣を身につけることができるでしょうか?


1. モニタリングレベルの管理

理想のミックスを見失う最も多い原因は、長時間大音量で聴くことです。

大音量でのリスニングは、聴力の疲労を招くだけでなく、音響的な問題を引き起こす原因にもなります。リスニング環境にもよりますが、ボリュームを押し上げると、ミックスの機械的な圧縮や音響的な圧縮を引き起こす可能性があります。オーバードライブされたアンプやスピーカードライバーは、過度に引き上げられた音量に対する抵抗力が強くなり、精度と効率が低下します。また、過剰な音圧レベルが、ミックススペースの音響的な共振を誇張し、ミックス自体を補正しなければならない原因にもなります。機械的な要因によるドライバーの圧縮と音響的な共振がなくなったとき、小さい音量では焦点の合っていないミックスとなってしまいます。

大音量で再生することが習慣になってしまっている方にとっては、断ち切るのは難しいでしょうが、耳を守る上では重要なことです。聴覚スペクトル内の高音域と低音域に対する聴覚の感度は、音量によって異なるため、フレッチャー・ムンソン曲線によると、比較的フラットなレスポンスを持つ中程度のリスニングレベルは、約85dB SPLです。OSHA (Occupational Safety and Health Administration)によると、平均的な人は85dB SPLの時間加重平均レベルで8時間、聴力にダメージを与えることなく安全に聞くことができます。リスニングレベルを88dB SPLに上げると、その時間は4時間になります。

もし、85dB SPLが現実世界でどのように聞こえるのかわからない場合は、音圧レベル計やSPLアプリを購入することが必要です。これらの数字が何を意味するのか、そしてそれがスタジオ空間の音響にどのような影響を与えるのか、自分自身を教育することは非常に重要です。ミックス中のモニターレベル管理に慣れてくると、参考になるでしょうし、何を聴いているのかを確実に判断するのにも役立ちます。しかし、モニターレベルを85db SPLに設定したからといって、すべての問題が解決するわけではありません。


2. クリティカル・リスニングの音響心理学を理解する

ミックス作業中、私たちの脳は常に積極的に聴覚とリスニング環境のバランスを取ろうとしています。脳は、私たちが聞いているものを理解しようとし、常に適応していきます。つまり、音楽が鈍い音の時には高音域への感度を上げ、明るい音や激しい音の時には無感覚にしているのです。つまり、私たちの感覚が鈍くなればなるほど、より高い周波数を押し出す傾向があるということです。

また、私たちの脳は、持続的なエネルギーよりも一時的なエネルギーをより鋭敏に認識しています。つまり、私たちの脳は、静的な同一性ではなく、環境の能動的な変化をより重視しているのです。低周波のほとんどは持続的なエネルギーで構成されていることが多く、高い周波数に注意が引き寄せられます。ミックスに慣れるのに時間がかかると、低域の感触に慣れてしまうことがありますが、これは長い休憩を挟んで聴き返したときに、気づくことができるでしょう。

私たちの音の知覚がどのように機能するかを理解することは、これらの効果を利用する脳の能力を制限するテクニックをデザインする上で非常に重要です。良いモニタリングの習慣は、周波数マスキングの影響を制限するだけでなく、精神的な視力と集中力を高めることにもつながります。ミックスの問題点をより早く発見することで、より効率的かつ効果的に作業を進めることができます。早期に問題点を発見できなかった場合、ミックスの他の部分のサウンドへのアプローチ方法に波及効果をもたらす可能性があります。そして問題が発見された時には、あなたのミックスはあっという間に崩れてしまうでしょう。


3. 健全なワークフローをデザインする

ミックス音源は、ミックスとは異なる音量で確認してください。一般的なルールとして、ミックス中は平均的なリスニングレベルを、リスニングスペースの音響効果を過度に活性化させないような適度な音量に保ちます。しかし、時々リスニングボリュームを変更して、ミックスのバランスや音の感じ方がどのように変化するか、特にあなたが適用した処理に関して、その変化に気づくことが重要です。様々なリスニングレベルで可能な限り均一になるように、必要な変更を行ってください。

複数のモニターとヘッドフォンを使用。複数のモニターを設置している場合は、各処理タスクを実行する際に定期的にモニターを切り替えてください。そうすることで、処理が行き過ぎたのか、十分に行き過ぎていないのかがすぐにわかります。2 台目のモニターがない場合は、ヘッドフォンで代用することができます。Nx Virtual Mix Roomのようなバーチャルモニタリングプラグインを使用することで、追加のリファレンスとしてバランスを取ることができ、従来のヘッドフォンの「近い」サウンドによって引き起こされていたリスニングの疲労を軽減することができます。

低域のバランスをとる。低域をスペクトルの残りの部分とバランスよく効果的にモニターするためには、イコールラウドネスカウンター(フレッチャー・ミュンソンカーブ)により、モニターレベルを少なくとも85 dB SPLまで上げる必要があります。より大きな音量のリスニングレベルで過ごす時間を最小限に抑えるようにしてください。音量を上げたり、調整したり、音量を下げたり、スピーカーを変えたり、音量を上げたりして、あなたの作業がどのように伝わるかを確認してみてください。

高音域のバランスを整える。 興味深いことに、私たちの低音域と副音域の知覚は、高音域コンテンツのバランスによって大きく向上します。文脈上、多くの場合、様々な変化する楽器がミックスの中で高域のコンテンツを提供するという事実が課題となっています。高域を判断する際には、フルミックスのコンテキストで調整をモニターし、それがローエンドのコンテンツにどのような影響を与えているかを確認してください。すべてのボリュームとモニター設定で調整を確認し、それに応じてバランスを調整してください。

中域周波数のバランスをとる。約 400 Hz から 6 kHz の中域周波数は、どんなに小さなものでも、ほぼすべてのモニ タリングセットアップに対応しています。定位感のほとんどはこの周波数帯で得られるので、ミックスに含まれるすべてのインストゥルメントは、ベースも含めてこの周波数帯で表現されるべきです。ほとんどのスピーカーシステムはこの周波数帯で非常に効率的に機能するため、ミッドレンジの調整を行う場合は、低めのリスニングボリュームが最適です。定期的に大音量のリスニングレベルに変更して、低域と高域の相対的なバランスを確認してください。

できる限り、異なるリスニングレベル、異なるモニターシステムで作業内容を確認することが非常に重要です。そうすることで、身体的な聴覚メカニズムがあるリスニング状況に早く適応しすぎないようにし、精神的な集中力を維持することができます。効率的なミックスには、同じものは大敵だということを覚えておいてください。


4. 精神的な疲労を抑えるために休憩をする

ミックスに集中できなくて困っていませんか?あなたは一人ではありません。ミックスは、細かい処理や編集作業が多く、精神的な集中力を必要とする作業です。技術的な課題に加えて、曲とプロダクションへの最終的なコミットメントを意味するミックスプロセスには、多くのストレスを感じることがあります。ミックス中に視点を維持し、質の高い判断を下すためには、精神的な集中力を維持することが重要な要素となります。

精神的な集中力は肉体的な疲労に大きく影響されます。大音量のモニタリングは聴覚メカニズムに負担をかけ、脳がそのシステムを保護するために多くのエネルギーを費やすことになります。

最も悪いミックスの習慣は、疲労しているときにミックス作業することです。一つのミックスのアンバランスが、他の場所にまで影響してしまうことに起因しています。ミックスに問題があると感じたら、調整を行いましょう。それでも問題が解決しない場合は、以前の設定に戻し、別の設定を試してみてください。それでも解決しない場合は、元の設定に戻して少し休憩します。戻ってきたら、何に焦点を当てていたかではなく、全体のミックスに耳を傾けてみてください。


5. テクニカルとクリエイティブのバランスをとる

ミックスは、技術的なことだけでなく、創造性も高いものです。私たちの右脳はクリエイティブな思考をコントロールし、左脳はテクニカルなプロセスを処理します。ミックス作業の中で、テクニカルな作業とクリエイティブな作業を交互に行うことで、脳の半分が活性化されていない分、休憩を取ることができます。ここでは、ミックスに必要な技術的なスキルと創造的なスキルをどのように分解しているかを説明します。

テクニカルなタスク

  • 整理とカラーコーディング
  • トラックをバス/ステムにルーティングする
  • メモリロケーションを作成する
  • ゲインの不一致を調整する
  • ノイズとブランク領域を編集する
  • エフェクトリターンを設定する
  • トラックにプラグインを割り当てる
  • 基本的なピッチ補正
  • プロサイブとシビランスを削除する

クリエイティブなタスク

  • レベル・バランシングとパン・ポジションの設定
  • イコライゼーションの適用
  • コンプレッションの適用
  • エフェクト・プロセッシング自動化の適用
  • クリエイティヴ・ピッチ・シフト

ミックスの初期段階では、多くのエンジニアが技術的な作業に集中し、クリエイティブな作業のためにミックスを適切に行えるように準備します。その中には、クリエイティブな作業がスムーズに行えるようにトラックを整理したり、オーディオファイルをゲインステージングしたりする必要があります。他にも色分けや無音の除去、エフェクトリターンの設定など多くの作業も技術的な作業と言えるでしょう。

最初にすべての技術的な作業を詰め込むのではなく、基本的なトラックの編成とルーティングを設定した後に、トラックの処理を開始してください。ミックスの見通しが立たなくなったら、メモリロケーションの作成、エフェクトリターンの設定、ピッチ補正の適用などの技術的な問題に取り組んでください。しばらくすると、クリエイティブな面や全体的なバランスの問題を解決する方法が見えてきます。その時点で技術的な作業を止めて、すぐにクリエイティブな作業を再開します。

このワークフローでは、右脳と左脳の活動を交互に行い、疲れにくい方のタスクに切り替えることで、精神的な疲労の影響を食い止めることができます。これにより、効率を高め、燃え尽きることなくミックスに集中することができます。ミックスから完全に離れて休憩を取る必要がないわけではありませんが、この方法では、ほとんどの場合、仕事をしている間に何か価値のあることを成し遂げたと感じながら休憩を取ることができます。


6. 自分の能力を自覚する

多くの経験豊富なミックスエンジニアは、ミックスの80%は数時間の作業で完成すると言う。これほど早く完成させるには、効果的なモニタリングスキルと精神的疲労の管理が必要であり、それはサウンド処理のテクニックにも言えることなのです。正しいプロセッサーの選択と正しいアプローチは、エンジニアが集中力・判断力を持っていなければ効果的な選択はできません。

人は一人一人異なり、素晴らしいミックスを作るために必要な肉体的、精神的スキルの能力も異なることを覚えておいてください。しかし、最も重要なことは、自分自身の能力を自覚し、弱いスキルをサポートし、強いスキルを強化するためにテクニックを適応させることを学ぶことです。

疲労の影響を意識することは、正しい判断を下すための重要な橋渡しとなります。習慣を変えるには、最初は意識的に注意を払う必要がありますが、あなたの仕事の質の利点を享受し始めると、すぐにあなたのワークフローに組み込めるでしょう。


ミックスこぼれ話

かつてのレコーディングスタジオの「The Hit Factory」では、プロデューサーとアーティストはミックスエンジニアを一人にして何時間も作業をさせてからコントロールルームに入って楽曲を聴くようにしていました。プロデューサーとアーティストは、同じ曲を何時間も聴き続けることによる肉体的、精神的な疲労から解放され、新鮮な視点をもち楽曲を聞くことができます。長時間の作業を効果的かつ効率的に行う方法を学ぶことは、スタジオでの時間のコストやプロジェクトを完成させるためのハードな締め切りに対応するために必要なことだったのです。

今日では、多くのレコードはアーティストやプロデューサーの手を離れたプライベートスタジオでミックスされています。そのため、新鮮な視点を維持する責任はミックスエンジニアにあると言えます。アーティスト、プロデューサー、ミックスエンジニアを兼任しているのであれば、自分の視点を維持し、効果的なミックスを行うために必要なスキルを身につけることが重要になってくるでしょう。

早速、今日からの制作に今日学んだワークフローを取り入れてみましょう。


TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報