Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報

本サイトでの Cookie の使用について

  • TOP
  • Tips / Article
  • LCT 240 PRO, LCT 440 PURE レビュー Acoustic Guitar 編 : 野﨑心平
scroll

LCT 240 PRO, LCT 440 PURE レビュー Acoustic Guitar 編 : 野﨑心平

2022.07.06

自宅でのボーカルやダイアログ録音に加え、コンデンサーマイクで録音することが多い楽器は、アコースティックギターです。アコースティックギターの持つ空気感のある音を綺麗に収録したいと考えている方は多いはず。

数々のコンデンサーマイクの中でも、オーストリアから「ニュー・スタンダード」となるバラエティに富んだマイクをいくつも開発しているマイクメーカー LewittからリリースされているLCT 240 PRO、LCT 440 PUREは、「初めてのコンデンサーマイク」に最適な製品です。

LCT 240 PROとLCT 440 PUREは、ダイアフラムの大きさに違いはあれど、上下関係があるわけではなく、両製品ともに素晴らしいパフォーマンスを発揮してます。

今回の記事では、作曲家、クリエイター、音楽プロデューサーである野崎氏とボーカリストであるKimottoさんに実際に2つの製品を使っていただき、録音データ付きでレビューをいただきました。収録する楽曲やプレイスタイルによって、今回ご紹介する2つのマイクでも選び方が変わってきます。ギターのソロトラックはもちろん、ミックスした際の音の質感にも注目です。


演奏してて気持ちいい。

前回のVocal編に引き続き、アコースティックギターをソースにした「LCT 240 PRO」「LCT 440 PURE」のレビューをさせて頂きました。 どちらのマイクも演奏していて、とても気持ちがよく、レコーディングをすることが楽しくなるようなマイクだと感じました。 img_5232

軽やかでスピード感のあるサウンド LCT 240 PRO

「LCT 240 PRO」はアコースティックギターの録音にも大変相性が良く感じられました。 カラッとした爽やかな音の傾向が、アコギの良さを引き出し、軽やかでスピード感のあるサウンドが収録できます。 例えば「Ed Sheeran」のようなアコギのプレイスタイルや、「John Mayer」の楽曲「No Such Thing」のイントロのような、軽やかなストロークサウンドを収録するにはとても合いそうだなと感じました。

重すぎない音の傾向が「このマイクだから弾きたくなるフレーズ」を引き出してくれる印象です。

アコースティックギターを収録したい方にとってはとても良い選択肢の一つに感じました。

またマイク本体も重すぎず、大きすぎず、セッティングしやすいので、例えばライブや外のスタジオでも力を発揮すると思いました。「すぐセッティングして、すぐ使用する」という使い方が積極的にできるので、とてもフレキシビリティのあるマイクだと感じました。

[音源]
Acoustic Guitar - LCT 240 PRO
2Mix_(AGt_Female_Male) - LCT 240 PRO.wav

[LEWITT - LCT 240 PRO] - 音声データ ダウンロード - 32bit48khz
website_lct-240-pro-008-edit-edit_0

レンジの広いスムーズな音 LCT 440 PURE

「LCT 440 PURE」は凄いですね。また一段グレードが上がったアコースティックギターのサウンドが収録できます。 低域から高域までのレンジの広いスムーズな音。ストロークから指引きまで、とにかく演奏していて気持ちが良いです。

アコースティックギターの録音は実はかなり経験とコツが必要で、「音の芯」と「空気感」を捉えるため、マイクを2本立てたりして工夫しながらレコーディングしてきたのですが、 「LCT 440 PURE」はマイク1本でもいいかな?と思うくらい「音の芯」と「空気感」が気持ちよく録音できます。

マイク2本を立てると「位相の問題」や、後から音をブレンドできる反面、「音の芯が定まらない」など、演奏とは別に考えることが出てくるのですが「LCT 440 PURE」はそういった問題を解消できる大きなメリットを持っています。

またミックスしていて非常に驚いた点だったのですが、どんなジャンルの音楽にも全く違和感なく気持ちよく混ざる傾向でした。 アコースティックギターの音は「空気」含んだサウンドなので、ミックスが難しい素材の一つでもあり、「生音系の時はこのマイク」「トラック系の時はこのマイク」など、使い分けてきたのですが、「LCT 440 PURE」で収録したアコギの音は、不思議とどんな音楽にも気持ちよく混ざってくれます。この点は特に驚きでした。

逆に、このマイクで収録したアコギの音をミックスから抜くとオケがすこし寂しく感じてしまったので、それだけ「芯のある良い音で収録できている」ということだと思いました。

アコースティックギターの音は、答えを導き出すのが難しい楽器の一つなのですが、「LCT 440 PURE」で録音した音は「これも答えの一つだよ」と言ってくれているようなサウンドがしました。

[音源]
Acoustic Guitar - LCT 440 PURE
2Mix_(AGt_Female_Male) - LCT 440 PURE.wav

[LEWITT - LCT 440 PURE] - 音声データ ダウンロード - 32bit48khz
website_lct-440-pure-051_2560x1024

最後に

前回の記事でも感じた通り、「LCT 240 PRO」「LCT 440 PURE」どちらのマイクもこの価格帯のマイクではどちらも頭一つ抜けているような印象を再確認できました。 同時に、ソースを選ばない万能型のマイクという印象もあり、初めてのコンデンサーマイク には、最適と言えるのではないでしょうか。 歌や楽器の録音から、配信での使用まで、さまざまなシチュエーションで活躍してくれる1本になること間違いありません。

Female Vocalist - Kimotto
Male Vocalist & Acoustic Guitar - Shinpei Nozaki
Song /「Be Alive」Performed by YOCCO


Assh

野﨑心平 (Shinpei Nozaki)

Music Producer / Composer / Guitarist

大原櫻子、新山詩織、小林香織、Kizuna AI、TV音楽などの多くの音楽作品に携わる。 ギタリストとしてRED BOTTOMS (JASMINE×土屋アンナ)のメンバー、鬼滅の刃、JUN(from U-KISS)などに参加。 また自身が音楽プロデュースを行うユニット「YOCCO」の活動のほか、音楽制作会社AST ARTSの代表を務める。

Official HP:https://www.shinpeinozaki.com
Twitter:@nozakishinpei
AST ARTS HP:https://www.astarts-web.com


Assh

Kimotto(キモット)

Singer / Lyricist

自身がリードボーカルを務めるユニット「YOCCO」の他に、TV音楽など様々な作品にシンガーとして参加。
作詞家として中ノ森文子、しまじろう、さくら学院、TVアニメ「最響カミズモード!」等の作品に参加している。

Twitter:@kimotto_YOCCO

 

 

記事で紹介した製品

LCT 440 PURE

LCT 240 PRO Value Pack

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報