Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

WavesプラグインをLAWOで使用する

2020.09.29

LAWOコンソールでWavesプラグインを使用する

LAWOのライブサウンドコンソールから直接Wavesのリバーブ、EQ、コンプレッサー、リミッター、ディレイ、その他数多くのプラグインを低レイテンシで実行します。

必要なコンポーネント

  • Lawoコンソール
  • DiGiGrid MGB(MADIのSoundGrid変換)
  • プラグインのプロセシングを行うSoundGrid DSPサーバー
  • SuperRack SoundGridプラグイン・ホスト・ソフトウェア
  • SoundGrid互換のプラグインまたはバンドル
  • ライブ・レコーディング用のDAW
  • SuperRack SoundGridをコントロールするためのWindowsPCまたはMac
  • Netgear GS108などのSoundGrid推奨ネットワーク・スイッチ
  • 上記SoundGridネットワーク機器を接続するためのCat 6ケーブル

互換性のあるコンソール
  • Lawo mc2 シリーズ

LAWOコンソールを使用したSuperRack SoundGridのワークフロー
SuperRackがリモート制御されている場合、次のSuperRackの機能がLAWOコンソールから制御されます。

  • セッションの作成、名前の作成、オープン、保存:ファイルはすべてコンソールを通じて管理されます。コンソールでファイルを保存すると、対応するセッションファイルがSuperRackでも自動的に保存されます。
  • スナップショットの作成、名前の作成、読み込み、保存:スナップショットは完全にコンソールを通じて管理されます。
  • プラグインのプロセシングを行うSoundGrid DSPサーバー
  • ラックとプラグインへのナビゲーション、およびプラグインの選択:特定のプラグインに移動するには、SuperRackまたはコンソールを使用します。
  • SuperRackは、コンソールのリモート・デスクトップ接続を介して制御することもできます。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報