Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • Focal Shapeシリーズ導入インタビュー:アルファノート四月朔日 義昭
scroll

Focal Shapeシリーズ導入インタビュー:アルファノート四月朔日 義昭

2019.06.25


オーバーコンプやリバーブのチョイスの間違いを起こしにくい

四月朔日 義昭

Focal Shape65は音の奥行きが素晴らしいのが特徴です。奥に行った音がつぶれて行くのではなく、きちんと『そこ』に存在しているのが鮮明に聴こえます。生楽器の鳴りの心地良さはオーディオファンが思わず唸るようなスピーカーの質感も感じ、音楽を聴く時間が増えました。

レコーディングされた音を聴くと、ギターアンプスピーカーキャビネットの箱鳴りや、マイク録りならではの質感が非常にクリア。キャビから直接、音を聴いているような臨場感があります。過去に自分でミックスした音源を聴くと、その頃使用していたモニターでは聴こえなかった音が聴こえてきます。

また、アレンジを行う場合フレーズ選定に迷うことがありますが、Shape65は低域に存在している複数の楽器選定がとてもしやすいと感じます。それはひとえに低域といっても帯域ごとに階層があって、トラブルを起こしている階層を聴き分けやすいからだと感じました。解像度が高く、レベルに余裕を感じることもあり、ミックス時にオーバーコンプやリバーブのチョイスの間違いを起こしにくいのもポイントです。

作業をしていて疲れにくく、かつテンションが上がるモニタースピーカーです。


四月朔日 義昭

Watanuki yoshiaki

■作編曲・ギタリスト・プロデューサー ・(株)アルファノート代表取締役

ギタリスト/作編曲家としてAAA、若旦那(湘南乃風)リュ・シウォン、森重樹一、神田沙也加、吉岡亜衣加、(敬称略)らなど数多くのアーティストの楽曲提供やレコーディングを行っている。また、これまで書いたギター教則本・DVDは30冊以上。楽器教則・音楽コンテンツや教則本など商品プロデュースは90を超え、アルファノート内の全ての商品企画・発案・制作を行っている。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報