Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • CAMELOT機能紹介 – ソフトウェア・インストゥルメント&FX ホスト

CAMELOT機能紹介 – ソフトウェア・インストゥルメント&FX ホスト

2020.11.02

 

ソフトウェアインストゥルメントプラグインを演奏

ソフトウェアインストゥルメントを追加することで、サウンドの選択肢を広げましょう。お使いのシステムに応じて、CAMELOTでは各シーンにプラグインインストゥルメントをホストすることができます。ラップトップ/デスクトップシステム(WindowsとmacOS)ではVSTとAUフォーマットが利用可能です。

 

オーディオ全体のミックス機能

CAMELOTは、ソフトウェアインストゥルメントを再生してサウンドを生成したり、バッキングトラック用のオーディオファイルを再生したりすることができます。

ソフトウェアインストゥルメントは、レイヤービューから各シーンにロードされ、コントロールされます。このセクションには、各トラックのレベルを直接コントロールできるローカルフェーダー、ミュートやソロのオプション、出力設定にアクセスして出力チャンネルを選択することができます。また、フッターにある便利なミキサー拡張パネルを使って、ミキシングの全体像を把握することができます。

 

プラグインエフェクトを適用可能

パフォーマンスにプラグインエフェクトを追加することで、サウンドの選択肢が広がります。お使いのシステムにもよりますが、CAMELOTでは各レイヤーにプラグインエフェクトをインサートFXとしてホストすることができます。ラップトップ/デスクトップシステム(WindowsとmacOS)ではVSTとAUフォーマットが利用可能です。

 

オーディオルーティングの設定

デフォルトでは、どのレイヤーもメインオーディオ出力に割り当てられています。このオプションはCAMELOTのシステム設定「Audio Menu/Main Audio Out Channels」でいつでも変更することができます。

しかし、メインオーディオ出力にはそれだけではありません。どんなトラックでも、コンプレッサー、EQ、マスターディレイ、マスターリバーブで構成されたマスターエフェクトの恩恵を受けることができます。これらの内蔵マスターエフェクトは、メインオーディオ出力にルーティングされたすべてのオーディオを処理します。これには大きな価値があります。FXチェーンのパラメーターはセットリスト全体に適用されるので、ショーごとに異なるPAや会場などの条件を考慮してミックスを調整することができます。これにより、スタジオやリハーサルでデザインしたサウンドと同じ一貫性のあるサウンドが得られます。

より柔軟性が必要な場合は、メインアウトFXチェーンをバイパスすることも簡単にできます。Main Audio Out のデフォルトオプションをオフにして、お好きなチャンネルに出力することができます。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報