Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Tips / Article
  • CAMELOT機能紹介 – マルチトラック、オーディオプレイヤー、タイムライン、オートメーション

CAMELOT機能紹介 – マルチトラック、オーディオプレイヤー、タイムライン、オートメーション

2020.11.02

 

 

ライブにバックトラックを使用する

CAMELOT 2.0では、タイムラインと呼ばれる新しい領域が導入されています。タイムラインはオートメーションに特化した機能です。

タイムラインでは、オーディオバッキングトラックを追加したり、自動再生や自動停止マーカーを追加したり、シーンの自動化を追加したりすることができます。タイムライン上では、複数のオーディオトラックを独立したオーディオ出力を持つことができ、同時にプレイバック機能を使用して、シーンスイッチをシーケンスのちょうど良いタイミングで自動化することができます。キーボードプレイヤー、ドラマー、ギタープレイヤー、どんなバンドメンバーでもCAMELOTのタイムラインの恩恵を受けることができます。ハンズフリーで音楽トラックを再生したり、ハードウェアやソフトウェアのインストゥルメントプリセット、レベル、譜面などを切り替えることができます。再生ボタンを押す必要はありません。1つのペダルを使ってサンプルやシーンを完璧なシーケンスでトリガーしたり、曲全体のシーケンサーに従わなくても自動的にトラックを再生したり停止したりすることができます。CAMELOTのTimelineのパワーは、あなたの曲を正確な順番で完璧に構成することができることです。

 

 

タイムライン上でオーディオトラックを管理

CAMELOTのバッキングトラックセクションはパワフルでとても使いやすいです。複雑な操作を必要とする多くのDAWとは対照的に、CAMELOTはステージ上で必要なものだけを提供するようにインテリジェントに設計されています。タイムライン上では、オーディオトラックの移動、ボリュームの調整、イン/アウトフェードの適用、オーディオ出力チャンネルの選択が可能です。バッキングトラックセクションを展開して、オーディオファイルを正しい位置にドラッグするだけです。必要に応じてハンドルを動かしてフェードイン・フェードアウトを適用できます。

 

オーディオアウトプットの設定

デフォルトでは、どのバッキングトラックもメインオーディオ出力にアサインされます。このオプションはCAMELOTのシステム設定「Audio Menu / Main Audio Out Channels」でいつでも変更できます。

メインオーディオ出力には、コンプレッサー、EQ、マスターディレイ、マスターリバーブで構成されたマスターエフェクトを使用することができます。これらの内蔵マスターエフェクトは、メインオーディオ出力にルーティングされたすべてのオーディオを処理します。これには大きな価値があります。FXチェーンのパラメーターはセットリスト全体に適用されるので、PAや会場の違いなど、ショーごとに必要とされる条件に合わせてミックスを調整することができます。これにより、あなたのサウンドは、スタジオやリハーサルでデザインしたものと同じ一貫性のあるサウンドになります。

このように、ワークフローは非常にシンプルですが、より柔軟性が必要な場合は、メインアウトFXチェーンをバイパスすることも簡単にできます。Main Audio Out のデフォルトオプションをオフにして、お好きなチャンネルに出力することができます。

 

プリセットを切り替える「専任のテック」として

ステージ技術者がいて、演奏中に楽器のプリセットを適切なタイミングで切り替えることができればいいのにと思いませんか?

CAMELOTを使えば、曲やプリセットを自動的に切り替えることができるので、パフォーマンスに集中でき、オーディエンスやバンドメンバーとのつながりを保つことができます。CAMELOTのタイムラインはプレイバックエリアであるだけでなく、すべてをコントロールすることができ、さまざまなイベントやアクションの自動化やシークエンスも可能です。

3つのセクション:バッキングトラックタイムライン/マーカータイムライン/シーンタイムライン

シーンタイムラインでは、ハードウェアとソフトウェアのインストゥルメントのプリセット、MIDI ルーチン、コンフィギュレーション、ミュージックスコア、アノテーションを呼び出しているシーンをシーケンスすることができます。各シーンのレイヤービューでお気に入りのサウンドをプログラムし、シーンタイムラインを使って、必要な順序でシーンを配置します。リハーサル中にバンドがあるパートをカットしたり、別のセクションを追加する場合も心配ありません。数秒で、シーンを追加したり削除したり、クリックしてドラッグして移動させることができます。CAMELOT は信じられないほどの自由と柔軟性を提供し、ショーの後のショーを素早く変更し、パフォーマンスを向上させます。タイムラインにシーンを追加するのは簡単です。シーンタイムライン上の「+」ボタンを押して、ウィザードに従ってください。

 

タイムライントランスポートで全てをコントロール

CAMELOTには、ショーの様々な側面を管理するための様々なスクリーンがあります。セットリスト&ソングマネージャー、ソング&シーンビュー、レイヤー&インストゥルメントセットアップ、タイムライン、アタッチメント/譜面ビューです。CAMELOTのあるエリアで作業をしている場合、ある画面から別の画面への切り替えやジャンプを心配する必要はありません。フッターには、タイムライントランスポートパネルがあります。再生の進行状況を確認したいときや、再生/一時停止ボタンにアクセスしたいときに、このパネルを開いておくことができます。タイムラインパネルレイヤーには、prev/next のイベントボタンもあるので、とても便利です。これらのボタンはタイムライン上に配置された次のイベントにジャンプすることができるので、ライブショーのイベントを簡単に連続してトリガーすることができます。

 

タイムラインのカスタマイズ、バッキングトラックの並び替え

自分にとってわかりやすい整理方法は人によって異なります。この理由から、私達はタイムラインエリアを誰にでも親しみやすいようにカスタマイズする最善の方法を研究しました。

タイムライン上の鉛筆ボタンは編集モードにアクセスして、メインのグループを並べ替えたり、各タイムライングループの表示場所を決めたりすることができます。例えば、マーカーを一番上のオプションにして、バッキングトラックを画面の一番下の部分に配置することができます。それだけではありません。ドラッグアイコンは再配置可能なオブジェクトに適用されます。つまり、同じようにバッキングトラックの順番や色を並べ替えるだけでなく、トラックやラベル、アノテーションの名前をどこにいても変更することができます。

 

WAV、MP3ファイルの読み込み

ライブショーをサポートするためにオーディオトラックが必要な場合は、再生中の曲を選択して、専用のフッターボタンでタイムラインエリアにアクセスします。バッキングトラックセクションの「+」ボタンを押して、オーディオファイルをインポートし、選択してタイムラインに追加するだけです。WAVまたはMP3のオーディオファイルを読み込むことができます。

 

バッキングトラックのミックス

CAMELOTは、ソフトウェアインストゥルメントを再生してサウンドを生成したり、バッキングトラック用のオーディオファイルを再生したりすることができます。オーディオファイルはタイムラインのバッキングトラックセクションでコントロールできます。このセクションにはローカルフェーダーがあり、各トラックのレベル、ミュートやソロのオプション、出力設定を直接コントロールすることができます。また、フッターにある便利なミキサー拡張パネルを使って、ミキシングの「全体像」を見ることができます。

 

マーカー、注釈、プレイバックのオートメーション

CAMELOTのタイムラインは単なる再生エリアではなく、すべてをコントロールして、さまざまなイベントやアクションを自動化したり、シーケンス化したりできる場所です。

3つのセクション:バッキングトラックタイムライン/マーカータイムライン/シーンタイムライン

マーカータイムラインでは、マーカーと注釈を追加して、曲の構造と進化の全体像を見ることができます。オーディオトラックを実行している場合、タイムライン上で異なる曲のパートを識別して、パフォーマンス中に常に準備ができるようにすることができます。マーカーは自動化することもでき、トランスポート上で再生や停止のアクションをトリガーすることもできます。マーカーの追加は簡単です。Markers Timelineセクションの「+」ボタンを押して、ウィザードに従ってください。タイムラインに表示されているラベルや注釈を自由に追加してください。

 

セットリストをさらに磨き上げるために

CAMELOTは、ステージ上で楽に演奏できるように設計されていますが、リハーサル中の編集も簡単にできるように設計されています。ステージ上でオーディオファイルを再生するには、様々な方法があります。もしも、様々な曲のセクションをその場ですばやく移動したり、アレンジしたりするのが簡単でなければ、あなたもバンドメンバーもすぐにイライラしてしまい、プリプロダクションの段階でオフラインでの作業を余儀なくされることになります。

CAMELOTを使えば、リハーサル中にシーンの自動化、マーカー、または自動再生と自動停止のイベントをすばやく簡単に動かすことができ、ショーの後にそれを洗練させることができます。シーンとマーカーのフラグハンドルをソングルーラー上にドラッグして、鉛筆の編集ボタンを押すだけで、すぐに削除できます。また、注釈を追加したり、色を変更したり、目に見えるようにすることもできます。マーカーフラグをダブルクリックまたはタップすると、詳細情報と編集パネルにアクセスできます。

 

次のソングを自動再生

あなたのライブショーをどんどん自動化しましょう。自動化できる部分を探れば探るほど、より少ないストレスとリアルタイムの管理で、より良い演奏を実現したいと思うようになります。多くのユーザーの提案を聞いた後、私たちは各Songの最後に自動化を導入することに決めました。曲の再生が終了マーカーに達した時に、停止するか、次の曲をロードするか、次の曲を自動再生するかを決めることができます。この自動化の設定は簡単で、エンドマーカーをダブルクリックするかタップして希望のオプションを選択するだけです。

 

外部ペダルにトランスポート機能をアサイン可能

最も要望の多かった機能は、ハンズフリーのサウンドスイッチ、再生/停止シーケンス、譜面の次のページです。楽器に手だけを置いておくのは、これほど簡単なことはありません。タイムライントランスポートコントロールは、ペダル、MIDIコントローラー、コンピュータのキーボードキー、Bluetoothページスイッチャーに簡単にアサインできます。再生、一時停止、停止、前のイベント、次のイベントは、リモートコントロールセクションのメイン設定からマッピングすることができます。コントローラを作成または定義して編集するだけです。

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報