Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

鈴木Daichi秀行×AMS Neve 第5弾:2264ALB

2021.04.28

第5弾:2264ALB

アレンジャーワークのみならず、楽曲制作、プロデュース、プレイヤー、自主レーベル[Studio Cubic Records]の運営とアーティストの育成にも力を注ぐ鈴木Daichi秀行さん。
地下から地上2階まで、まるまる1棟が「音楽の玉手箱」とも呼べる氏のホームスタジオ、Studio CubicにてAMS Neveのアウトボードを使用して頂いた。
数々のアウトボード 所持している氏に前回に引き続き、2264ALBの活用方法をお伺いした。

2264ALB Mono Limiter/Compressor Module

1974年に設計されたNeve 2264A mono Limiter/Compressorユニットは、瞬く間に伝説となりました。英国のNeve社のエンジニアによって製作された2264ALBは、同じアーキテクチャ、マッチングコンポーネント、オリジナルの手巻きトランスを使用することで、オリジナルの2264Aのユニークなサウンド特性を維持しながら、新たな機能を追加しています。

134,000円(税抜)

詳細
ストアへ

安心して使える抑えのコンプレッサー

メディア・インテグレーション(以下、MI)

連載第5回目の今回はAMS Neveの500シリーズ最後になります。
2264ALBになります。これは1974年に設計されたNeve 2264Aを500シリーズに対応させたモデルになります。
オリジナルの音はご存知でしょうか?

鈴木Daichi秀行 氏(以下、鈴木)

2254を持っています。後の2264、33609の開発へと繋がるNeveのコンプレッサー/リミッターの一つです。

MI

今回お試し頂いた2264ALBの印象はいかがでしたでしょうか?

鈴木

そうですね。1073LBEQ同様、パラメーターが少なく、音決めを素早く行うことができます。
一番下の外側のメタルノブがレシオでグレーのノブがゲイン。
真ん中の外側のメタルノブがリカバリータイムでグレーのノブがスレッショルドです。
レシオは1.5:1から6:1で自然なかかり方がします。

一番上のノブはリミッターの設定で、外側のメタルノブがリカバリータイム、グレーのノブがスレッショルドと非常にシンプルなパラメーター構成です。

右下のスイッチをSAにすると従来の2264のアタックタイムよりスローアタックにすることができます。

グレーのノブを押すとそれぞれコンプレッサー/リミッターのON/OFFが切り替えられますので、両方かけることもできるし、片方だけかけるということもできます。

LEDのリダクションメーターもついているので、どれだけリダクションがかかっているかも確認できます。

大きな特徴の一つはやはりトランスではないでしょうか。
2264ALBには入力と出力にマリンエアのトランスが使用されています。
このトランスのおかげでNeveのキャラクターがつきますね。

MI

どんな録音で使用しますか?

鈴木

ボーカルやベース、ドラム等リズム隊によいと思います。

ボーカルのコンプレッサーとして1176が有名ですが、1176とは全然方向性が違くて、1176は少し攻撃的になる印象で、2264ALBはNeveらしいどっしりとした音になる印象です。
ドラムはアタックが潰れずにちゃんと楽器を鳴らしてくれて、キャラクターが付く印象です。

深くかけてもぱっつんぱっつんにならず、ナチュラルにかかってくれるので、安心して使える、抑えのコンプレッサーになると思います。


プロフィール

鈴木 ”Daichi” 秀行

アレンジャー / プロデューサー

バンド「Coney Island JellyFish」のメンバーとしてSonyMusicよりメジャーデビュー。 近年はサウンドプロデューサーとしてバンドからシンガーソングライター、アイドルまで、得意な幅広い音楽性を生かし活動する傍ら、新たな才能を求め新人発掘、育成などにも力を入れ自社スタジオ【Studio Cubic】を活動拠点として、自身の音楽レーベル【Studio Cubic Records】から発売されたバンド「Non Stop Rabbit」のアルバムはオリコンデイリー1位となった。


AMS Neve

製品ライフサイクルが短いこの分野で、AMS Neve製品は長年の試練を乗り越えてきました。高い耐久性を実現する設計・製造技術に加え、多くの製品で最新の技術を活用するために、継続的なアップグレードを提供する。当社の長年の方針は、技術の陳腐化を最小限に抑えることを目標としています。 AMS Neve製品の価値は、類似の製品が消え去った後にも長く残り続けています。過去にリリースされた製品の多くは今も日々の制作に使われており、象徴的なそのサウンドは深く愛され、比肩するもののない価値とステータスを獲得してきました。

AMS Neveのブランドページへ

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報