Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報

本サイトでの Cookie の使用について

scroll

SP-DI500

製品の説明

際立つ解像度が露わにする楽器本来のトーンとプレイヤーの表現。
features_06
周波数特性:緑 Hot 、赤 Cold

1Hzから4MHzを超える周波数まで、レベル、周波数特性に認識可能な誤差がありません。

features_06
スルーレート:緑 Hot 、赤 Cold

0Vから正負対称。立ち上がりのスピード、電圧値(出力レベル)に誤差がありません。


現代にこそ必要とされる進化したDI & プリアンプ

高解像度化が進んだ現代のレコーディング環境に必要な幅広い帯域と素速いレスポンスを実現した楽器用DI & プリアンプです。従来のDIでベースに生じる「ピッチが不明瞭」などの音質面での問題はDI、プリアンプの周波数帯域とレスポンスのパフォーマンス不足によるもの。より音量が大きい低域ではこれは顕著となり、ベース、中でもローB、更に低いG♭までを出す多弦ベースやシンセベースでの課題となっています。

表現をクリアに捉えるレコーディング

SP-DI500 は極めて幅広い周波数特性とナノ秒単位の素速いレスポンスによる原音への忠実性に優れ、トップ・エンジニア、クリエイターから高評価を受けているマイク・プリアンプSP-MPシリーズの技術を踏襲。素早いレスポンスとローB(30.87Hz)、G♭(23.12Hz) はもちろん、Bösendorfer Model 290 Imperialなどの88鍵ピアノの更に1オクターブ下の最低音(16.35Hz)までをカバーする周波数特性により、クリアで安定したピッチ、タイトな低域が得られます。高域も楽器の音域をはるかに超える4MHZまでフラットなレスポンス。サンプリング・レートが784kHzであっても忠実にAD変換可能。今までは気付くことがなかった弦の響きまでを再生。楽器の本来の音色とプレイヤーの演奏から生まれるトーン、ニュアンスまでの表現を余すことなくレコーディング可能です。


features_01
極めて幅広い帯域でフラットな周波数特性を実現

独自デザインにより一般的なDI回路に比べ、1/3以下にまで絞り込んだ部品点数。チップ抵抗に比べ割高な帰還抵抗を採用するなど、厳選された部品により1Hz 以下- 300kHz 以上までフラット。多弦ベース、シンセベースの真のトーンを引き出します。

features_01
3段階 インプット・インピーダンス・セレクター (2M, 100k, 10k)

パッシブ・ピックアップ搭載のビンテージ・ベースから高出力シンセサイザー、シンセベースまで使用楽器にあわせて入力インピーダンスを選択可能。インピーダンスの選択にて積極的なサウンド・メイキングも可能です。

features_02
ハイ・カット・フィルター搭載: OFF, 2kHz- 24kHz( バランス出力)

弦ノイズなど高域に現れるノイズを抑制するハイカット。フィルターを搭載。カットオフ週蓮も2kHz- 24kHzにてコントロール可能。カットする帯域を最適化可能です。

features_03
3dBステップ・ゲイン・セレクター

音質劣化の原因となる可変抵抗器ではなく固定抵抗にてゲインを選択。ロスを極限まで抑えたピュアなゲインが得られます。


features_06
三船雅也(ROTH BART BARON)が語る

ファースト・インプレッション

主に今回はボーカルとアコースティックギターで使用させていただきました。

SP-MP500を通すとナチュラルに出過ぎてしまうハイの音 をトリートメントしてくれてミドルからローにかけて独特の粘りをもたらしてくれます、ボーカルに対して自然に押し出したような上品 な温かみを足してくれるのが印象的でした。

プリアンプに何も通していない音だとどうしても腰高になってしまいいくつかプラグインを 使用しなくてはなりませんが、いちどSP-MP500を通した音を聞くともう何も通さない元には戻れない物足りなさを感じてしまいました。

ボーカルRECをしていてもアコースティックギターをRECしていてもまず音を弾いた瞬間から反応してくれるアタックの良さ、音の輪郭を出してくれるナチュラルさがすばらしいですね。

ゲインレンジも広く、小さな音でも余裕を持って拾うことができます。個人的 に古い機材を持っていたりいろいろな出力の小さな古い機材を使ったりする自分の制作環境には非常にありがたいです、初めてどんなプリアンプを買ったら良いだろうと考えている方にも最初のベーシックな一台としてお勧めできますね。

劇的な効果というわけではな いんですが、流行り廃りに流されないずっと手元に残ってくれる信頼できるプリアンプだと思います。


FEATURES

  • 最大ゲイン:33dB ( バランス出力)
  • 3段階 インプット・インピーダンス・セレクター:2M, 100k, 10k
  • 3dBステップ・ゲイン・セレクター
  • 超低域までフラットなため多弦ベース、シンセベースに最適
  • ハイ・カット・フィルター搭載::OFF, 2kHz- 24kHz( バランス出力)
  • 楽器用アンプ用アンバランス出力(ゲイン:0dB. +6dB, +12dB)
  • フロントパネル楽器用入力(優先)
  • バランス出力のホット、コールドに認識可能な誤差なし
  • ベース、シンセベース、キーボード、ギターのライン録音に最適

SPEC

特性
Minimum Gain (Balanced)0dB(3dB per step, 12 steps)
Maximum Gain (Balanced)33dB
Minimum Gain (Unbalanced)0dB(6dB per step, 3 steps)
Maximum Gain (Unbalanced)12dB
Frequency Response0.1 / -0.1dBsub 1 Hz to beyond 300 kHz
Total Harmonic Distortion + Noise< .0006%, Typ12 dB Gain, DC block Hz - 22 kHz bandwidth, +4 dBu In
Intermodulation Distortion< .0007%, Typ(50 Hz & 7 kHz) 12 dB Gain, +4 dBu In
Phase Response< 6 degrees deviation12 dB Gain, 1 Hz - 100 kHz bandwidth, +4 dBu In
Slew Rate> 160 Volts per microsecond0 dB Gain, +18 dBu Out
Maximum Input Level+18 dBuno attenuator pads required
Maximum Output Level (Balanced)+24 dBu 
Maximum Output Level (Unbalanced) 
Output Impedance< 150 ohms±7.5V Minimum Output Swing with 120mA

本製品の使用には500シリーズ・シャシーが必要です。
製品の改善のため予告なく仕様が変更になることがあります。

Made in Japan


ACCESORY

features_01
SP-BP500: 500シリーズ用1スペース・ブランクパネル(別売)

500シリーズ専用の1スロットサイズのブランクパネル。加工精度0.003mmを持つ入曽精密によるアルミ削り出し。SP-MP500同様の7mm厚のパネルのコーナー に施された切り込みが空きスペースをソリッドに演出し ます。


Sym・Proceed 製品の展示販売店のご案内はこちら

SP-DI500

-税込価格-
¥127,600

SP-BP500 Blank Panel for 500 Series

-税込価格-
¥20,900

SP-DI500

-税込価格-
¥127,600

SP-BP500 Blank Panel for 500 Series

-税込価格-
¥20,900

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報