Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

Solo & Ensemble Strings

製品の説明

従来のライブラリ音源や、物理モデリングに基づいた音源がすでに世にはあふれています。 Sample Modeling社では、それでもさらに「別の製品」の開発が必要かを自らに問いかけました。その答えは「Yes」でした。しかも、現在のアプローチの限界を克服した、全く新しい進化したバーチャルストリングスパッケージが必要との結論に至りました。

この音源は実際の楽器のサンプルデータをベースとしつつも、Sample Modeling社の哲学に基づいて、あらゆる種類のサウンドシェイピングとユーザーが成形したアーティキュレーションを可能にします。作曲やリアルタイムでの演奏にも適しており、すべてのソロ&アンサンブル弦楽器をコンパクトに、柔軟性に富んだ製品にまとめました。4年間の研究開発、それは簡単な道のりではありませんでしたが、ここに新しいSolo & Ensemble Stringsが完成しました。

Instrument テクノロジー

Native Instruments社と協力し、Sample Modeling社の技術をさらに発展させました。マルチマイク無響室録音により、楽器の元々の音色を放射パターンとして捉え、独自開発の「ハーモニック・アライメント」により、無限のダイナミクスに対応した連続的なトランジションを可能にしました。特別に考案された「初期反射」インパルス・レスポンスは、無響音に仮想空間を加え、リアリズムに大きく貢献します。特許出願中の新技術により、アンサンブルの大きさを連続的に変化させることができます。またプログラム部分は、録音された音の物理的な指向性を利用したモジュレーションを利用することで、従来のライブラリ音源から大きく改善されています。その結果、本物の弦楽器の豊かで充実したサウンドを保ったまま、演奏可能で非常に表現力豊かなバーチャルインストゥルメントを実現しました。

パッケージには、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの4つのソロ楽器と、ヴァイオリンIとII、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの5つのアンサンブルが含まれています。楽器のベース素材は5GBのサンプルで構成されており、プロの弦楽器奏者によって非常に広いダイナミックレンジでクロマチックに演奏されています。すべてのサンプルはループされておらず、最小持続時間は約10秒です。弦楽器エンジンは、実際の楽器のパフォーマンスを「フィンガープリント」アルゴリズムに基づき構成され、実物と「全く同じように」演奏可能です。このアルゴリズムによって、実際のフレーズとバーチャルインストゥルメントが演奏するフレーズの挙動、サウンドの差を最小限に抑えることに成功しました。

独自のインストゥルメント・ボディIR、サンプル・モジュレーションのための革新的な技術と高度な人工知能MIDI処理により、ダイナミクス、ビブラート、レガート、ポルタメント、クロスストリングス、ポルタート、トリル、トレモロ、スタッカート、ピチカート、コル・レニョ、ハーモニクスなど、あらゆるアーティキュレーションとモーフィングをリアルタイムで構築します。

擬似ランダムデチューニングとピッチ&ダイナミクスモジュレーションは、実際の演奏から得られたデータに基づいています。Solo & Ensemble Stringsのもう一つの優れた機能であり、さらにリアリズムを高めています。

なぜ無響室録音なのか?

無響録音の目的は3つあります。

  • 純粋な弦楽器の音が、特定の雰囲気の制御されていない共鳴音で「汚染」されないようにすることが可能です。
  • アーティファクトフリーの「ハーモニック・アライメント」処理が可能になります。
  • 「適応モデル」を構築するためのデータベースとし、きれいなアーティキュレーションやフレーズを演奏可能にします。

追加でソフトウェアの購入は必要ありません

Kontakt Player

Solo & Ensemble Stringsは、Native Instruments Kontaktの無償版である NI Kontakt Player 5.8.1以降に対応しています。64ビット、拡張メモリとマルチコアのサポート、DFDの最適化、一部のOSやホストとの互換性の向上などを実現しています。ontakt Playerは無償版のため、楽器を演奏するための追加ソフトウェアは必要ありません。スタンドアロンモードのほか、VST、AU、AAXのプラグイン形式にも対応しています。

フルバージョンのNI Kontaktでも

Kontaktのフルバージョンで読み込んで演奏することができます。サンプルやインパルスレスポンス、楽器のプログラミングにはアクセスできませんのでご注意ください。

Solo & Ensemble Stringsの主な特徴

Solo & Ensemble Stringsには、いくつかのエキサイティングな機能が含まれています。

ベロシティマッピング

ユーザーが描いたノートオンベロシティの再スケーリングにより、より柔軟にアーティキュレーションをコントロールできるようになりました。特にブレスやウィンドコントローラー、その他の物理的な入力デバイスに適しています。

アーリーリフレクションズアルゴリズム

初期反射(ER)とは、放出された音が最も近い壁や床、天井から反射されて間もなくリスナーに到達する成分のことです。これらの成分は、楽器の空間的な定位に関する情報を伝え、リアリズムに大きく貢献します。Stringsでは、マルチマイク無響録音の指向性情報を高度なアルゴリズムで抽出し、楽器の全体的な音色と放射パターンを復元し、それを適切なERインパルス・レスポンスに組み立てることで、無響音にバーチャルな空間を加えています。

内蔵リバーブ

ソロ&アンサンブルの各楽器には高品質のコンボリューション・リバーブが搭載されており、小さなチェンバー・オーケストラ・スペースから大きな客席まで、複数のIRを搭載しています。ドライ/ウェット比、IRの長さ、プリディレイはユーザーでコントロール可能です。この内蔵リバーブのおかげで、箱から出してすぐに完全にリアルなサウンドを得ることができます。ゼロに設定すると、内蔵のコンボリューション・リバーブはオフになり、お好みのアンビエンス・セットアップを使用できます。

マイクロチューニング

もう一つの重要な特徴はマイクロチューニングで、中東やアジアの音楽に見られるような非調律的なスケールを使用するミュージシャンの要求に対応します。マイクロチューニングに対する当社のアプローチは、最大限の柔軟性を実現し、ユーザー定義のスケールを可能にします。スケールはプリセットとして保存し、専用のキースイッチで呼び出すことができます。

ユニゾン・アンサンブル・マルチ

リアルなユニゾン・アンサンブルの作成のために、特別な設計が施されています。専用に開発された高度な「アンサンブル・メーカー」により、タイミング、静的・動的ピッチの展開、位相、ダイナミクスへの応答、ピッチベンド、ベロシティ、ポルタメント・タイムに影響を与え、単一のMIDIソースから駆動されても、各楽器が異なるミュージシャンによって演奏されているかのように、わずかに異なる音になるよう設計されています。アンサンブルは特別に考案されたIRを使用しており、複数の楽器が同じMIDIトラックから(つまりユニゾンで)駆動された場合に発生する可能性のある位相差を大幅に減少させています。特許出願中の全く新しい技術が開発され、小さな室内オーケストラから大規模なシンフォニック・アンサンブルまで、連続的にアンサンブルの大きさを変化させることが可能になりました。アンサンブルのビブラートは、CCコントロール下でランダムなものからわずかに同期したものまで変化し、激しいクライマックスでは、より表現力豊かな個性を発揮します。第1、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスを含む5つのアンサンブルと、箱から出してすぐにユニゾンで演奏するのに適した適切なコンボリューション・リバーブがパッケージに含まれています。もちろん、ご自身のアンビエンスを使用したい場合は、各アンサンブルでリバーブをバイパスすることができます。

その他のテクニックとアーティキュレーション

弦楽器(ピチカートなど)やアーティキュレーション(デターシェなど)に適用できるいくつかの奏法は、キースイッチ(KS)を使うことで簡単に思い出すことができます。これらのKSは各楽器の演奏範囲のすぐ下に配置されています。KSを押すと、マイクロチューニング、ピチカート、コルレニョ、ハーモニクス、ソロまたはポリ(アルペジオ)モード、デターシェ/ボウチェンジ、ポルタートとトレモロ、開放弦の許可、ロー、ミドル、ハイの演奏位置の選択が可能です。全てのKSはリアルタイムで動作し、モーメンタリーモードまたはラッチモードで動作します。

エクスプレッションマッピング

ユーザーが描いたCCの再スケーリングにより、ダイナミクスをより良くコントロールすることができます。特にブレスコントローラーやウィンドコントローラー、その他のMIDI入力デバイスに適しています。

ピッチベンドマッピング

ユーザーが描いたピッチベンドの再スケーリングにより、さまざまな入力デバイスに合わせてレスポンスを調整することができます。例えば一部のデバイスでは、微妙なピッチベンドの振動を強く増幅する必要がありますが、大きな振動はピッチベンドの範囲内にとどめておく必要があります。後者は、特定のアプリケーションのために±3セミトーンに拡張されています。

バーチャル・サウンドステージ

この機能は、初期反射、プリディレイ、複雑なパンニング、ステレオフィールド幅、知覚距離アルゴリズムを使用して、リスナーの目の前にある仮想空間に楽器を正確に配置することを可能にします。楽器を前後、左右、またはその組み合わせで動かすことができ、リアルタイムでも演奏者の自然な動きを真似ることができます。直接音と反射音の比率を変更したり、後ろの壁を「ずらす」ことで、奥行きのある効果を得ることができます。このバーチャルサウンドステージは、マルチアンビエンスの問題を引き起こすことなく、さらに適切な音響環境を追加する必要がありません。これは、高品質のコンボリューション・リバーブを提供するKontakt Player内で行うことができます。

リアルタイムのティンブラル・シェイピング

この革命的な新機能は、リアルタイムであっても個々のハーモニクスやハーモニクスのグループの振幅に作用することで、サンプルベースの楽器に事実上無限の音色の多様性を追加します。これはグラフィックイコライザーではありません。コントロールバーは固定周波数ではなく、演奏された音の最初の10倍音に割り当てられています。その結果、影響を受ける周波数は、音符のピッチに応じて変化します。例えば、第1ハーモニクスをブーストしながら、いくつかの上位ハーモニクスのレベルを下げたり、その逆にしたりすることで、「Sul tasto」や 「Sul ponticello」を模倣することができます。また、ティンブラル・シェイピングは、適切なCCでリアルタイムにコントロールすることができます。

モードとアーティキュレーションの表示

インストゥルメントは、選択された入力デバイス(キーボード、ブレスコントローラー、ウインドコントローラー)、モード(ソロ、ポリ、デターシェ)、テクニック(トレモロ、ピチカート、コルレニョ、ハーモニクス)、アーティキュレーション(ダウンボウ、アップボウ、バイコード、アクセント、スタッカート、レガート、クロスストリングス、ポルタメント、トリル、ラン)、演奏ポジション(開放弦、ロー、ハイ、ハイ、ハイ)を表示し、これらの情報をリアルタイムでメインGUI上に表示します。

その他の特徴

鍵盤の不均一なベロシティレスポンスを自動で補正

MIDIキーボードのベロシティレスポンスが異なることはよく知られており、これがバーチャルインストゥルメントの演奏に大きな影響を与える可能性があります。この問題を回避するために、このインストゥルメントには鍵盤のベロシティの不均一性や非線形性を自動的に検出し、任意のカーブに自動的に再スケーリングする機能が含まれています。

GUIノブ/コントローラーのリマッピング

インストゥルメントを適切に機能させるために必要なすべてのコントローラーは、6つのGUIパネル内のバーチャルノブにマッピングされており、ドロップダウンメニューでアクティブにすることができます。各コントローラーの機能は、関連するラベルで示されています。バーチャルノブは、入力されるMIDIデータをモニターすることができますが、楽器を直接コントロールすることもできます。これにより、物理的なMIDIコントローラーやノブを持たないキーボードのユーザーは、ザ・ストリングスの表現力を探求することができます。さらに、すべてのコントローラーとアフタータッチは、他のMIDI CCにリマップすることができます。

ブレス&ウインドコントローラーモード

キーボードとブレスコントローラー(TEControlなど)、またはウインドコントローラー(YamahaやAkaiなど)を使用して弦楽器を演奏するのはとても簡単です。ブレスとウィンドコントローラーのモードは、適切なCC設定を自動的に設定し、表現データの流れによってノートオンとノートオフのトリガーを可能にし、個々のウインドコントローラーに合わせてピッチ間のレスポンスを最適化するなどの機能を備えています。センシティビティノブは、事実上どんな入力デバイスにも対応できます。

トランスポーズ

Stringsのすべてのサンプルは、標準的なMIDIノート番号に従ってマッピングされています。これはシーケンサーや大きなキーボードを使用している場合にとても便利です。逆に、小さなキーボードを使用している場合は、インストゥルメントの全範囲を便利に利用するためにトランスポーズを利用することができます。Transposeノブは、鍵盤とキースイッチを同時にトランスポーズすることで、キーボードのプログラミングをする必要がなく、この作業を容易にします。

Solo & Ensemble Strings

税別価格
¥67,000

仕様・動作環境

Sample Modeling Kontakt 動作環境

Kontakt Engine製品

■ Solo & Ensemble Strings

Kontakt/Kontakt Player ver 5.8.1 以降

  • Mac OS X 10.11-10.14(Kontakt6 10.12-10.4)
  • Windows 7-10
  • マルチコアPC、Intel Core i7またはそれに相当するCPU
  • 4GBのRAM
  • 推奨バッファサイズ:128サンプル~512サンプル
  • PC用ASIOを搭載した高品質のオーディオハードウェアが必要
  • 動作確認済みDAW:Cubase、Logic、Reaper
  • アクティベーションではNative Accessを使用
  • MIDI CC# が設定可能な MIDI コントローラ

 

■ Frehch Horn & Tuba、The Trombone 3、The Trumpet 3

Kontakt 5.5-6/KontaktPlayer 5.5-6

  • Mac OS X 10.9-10.14(Kontakt6 10.12-10.4)
  • Windows 7-10
  • AU、VST (2.4) 、AAX Native (ProTools 10以降) 各32/64bit、、スタンドアローン*
  • *要Core Audio(Mac)/ASIO、WASAPI(Win)ドライバー対応のインターフェース
  • Core2Duo 2GHz以上のプロセッサ(Kontakt6 Core i5以上)
  • 4GB以上のメモリ(6GB以上を推奨)
  • MIDI CC#11の送信が可能なMIDIコントローラ(必須)

*KontaktPlayerはNativeInstruments社のサイトより無償にてご入手いただけます。

その他、基本的な動作環境は、Kontakt/KontaktPlayerおよび各ホスト・アプリケーションの動作環境に準じます。本製品をご使用いただくにはインターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時)。 製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

Solo & Ensemble Strings

税別価格
¥67,000

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報