Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

SpectraFoo

製品の説明

SpectraFooは、今日のデジタルプロジェクトが要求するすべてのツールを提供します。ライブサウンドエンジニア、レコーディング、ミキシング・・・全ての場面でSpectraFooが力を発揮します。標準ベースのレベルメータリング、高解像度スペクトル分析、フェーズ、相関メータリング、トリガー可能な波形表示、パワーバランシング、エンベロープおよびスペクトル履歴、および任意の数の入力でのフェーズ分析を含む出力チャンネル。放送制作、ミキシング、マスタリング等に絶対に不可欠な要素を網羅します。


SpectraFooは、ミキシング、マスタリング、音響分析、ライブオーディオ、電子機器の分析に世界中で使用されています。


Standard、Complete共通機能

デジタルレベルメーター:ピーク、RMS、およびVUレベルを同時に表示できます。ピークメーターとRMSメーターには、それぞれ独立したピークホールド機能があります。メーターには、0dBFSを超える連続サンプルの最大数を示す数値カウンターも含まれています。メーターのキャリブレーションは、0dBFSを基準にしています。



ピークおよびRMS履歴:ピークおよびRMSメーターによって表示される情報の履歴を参照できます。明るい灰色の「目盛り」マークは、1秒の経過を示し、各時間の「スライス」の各色の高さは、プログラムのピーク(黄色)およびRMS(紫色)レベルを示します。これらの2つのレベルの比率は、プログラム素材の「知覚される」量の原因です。プログラム素材のピークレベルとRMSレベルに大きな差がある場合、テープのピークレベルに比べて知覚される音量は低くなります。逆に、ピークレベルとRMSレベルの差が小さい場合、知覚される音量は大きくなります。この機器は、特定のプログラム素材に必要な圧縮と制限の量を判断するのに役立ちます。



スペクトラグラフ:Fooのリアルタイム高解像度スペクトルアナライザーを使用して、幅が2/3 Hzのスペクトル性能を確認できます。 SpectraFooは1秒あたり最大84回の新しい分析を作成します。

Spectragraphは、Peak、Instantaneous、およびAverageトレースでカスタマイズ可能で、非常に高速です。 Spectragraphでオーディオを視覚化し、位相構造、全体的なスペクトルバランス、ダイナミックレンジ、周波数範囲、低周波数ロールオフなど、今まで見たことのない録音の詳細を確認します。



スペクトラグラム:このリアルタイムスペクトルパワーアナライザーは、スペクトラグラフと同じFFT解像度とスケールを使用して、周波数とパワーだけでなく時間も相関させます。結果は、視覚的な「音の指紋」です。スペクトラグラフと同様に、真の威力はライブオーディオ信号との同期にあります。音楽を聴きながらSpectragramを見て「耳に目を合わせる」ことが可能です。

このツールは、バスドラムトラックとベーストラックが同じ周波数範囲を占有し、互いにあいまいになるなど、周波数のオーバーラップとマスキング効果を正確に識別するのに非常に効果的です。スペクトラグラムは、カラースケールを介して周波数イベントのパワーを表します。



パワーバランス:時間の関数として2つの入力チャンネル間のパワーバランスを比較します。パワーバランス履歴メーターは、左右のチャンネル間に自然なエネルギーの流れがないミックスの側面を正確に識別するのに非常に役立ちます。また、自然なステレオ録音のパワーバランスや機器の2チャンネル測定にも最適です。



トリガーオシロスコープ:フル機能のオシロスコープで非常に低レベルの信号の波形特性を確認できます。オシロスコープは、監視対象の信号の波形をトリガーして保持できます。



リサージュ位相スコープ:リサージュ位相スコープは、最初の入力信号の振幅と2番目の入力信号の振幅を示します。これにより、ミックスに極性の問題があるかどうかがすぐにわかり、監視対象の素材のステレオフィールドの幅を確認できます。



位相トーチ:この革新的なツールは、電力に関係なく、周波数の関数として2つのチャンネル間の位相差を比較します。中心からの半径は周波数によって決まり、角度は左右のチャンネルの位相差によって決まります。グラフの中心はDCを表し、外側の半径は22 kHzを表します。

周波数を直感的に識別しやすくするために、位相ポイントも周波数に応じて色付けされています。モノラル(同相)信号は、トーチがスコープのY軸と正確に整列しているように見えるものによって示されます。位相がずれた信号は、モノラル信号の負のバージョンとして表示されます。遅延は、スコープ内でスパイラルとして表示されます。このメーターは、単一のソースで複数のマイクを使用して作成された櫛形フィルターの結果として位相キャンセルが発生している周波数範囲を識別するために、複数のマイクで楽器を録音するときに非常に便利です。



相関メーター:相関メーターは、2つのチャンネル間の相対位相情報を-1〜1の数値で表します。中心線は相関0に対応し、上端は+1に、下端は-1に対応します。相関メーターを履歴メーターの左側にドッキングし、1つの複合機器で瞬間的なデータと履歴データの両方を提供します。 相関履歴は、相関メーターの時刻履歴を提供します。位相相関が時間とともにどのように変化するかを確認し、イベントを聞いている間に特定の問題を追跡します。スネアドラムがヒットするたびに相関が低下する場合、スネアを含むチャンネルが問題を引き起こしている可能性が非常に高くなります。



バンドパワー:スペクトルの指定された帯域の電力量の履歴を見ることができます。監視したいパワーバンドの中心周波数と帯域幅を6kHzでオクターブの1/12まで設定し、バンドパワー履歴ツールを非常に効果的な歯磨きメーターとして使用します。



エンベロープ:平均レベルが高いときに大きなレベルの変化を識別するのに役立ちます。全体的なダイナミクスの適切なビューを取得するには、ピークおよび平均履歴表示と組み合わせて使用​​する必要があります。




Completeのみの機能

シグナルジェネレーター:高解像度のマルチトーン、マルチノイズなどが搭載されています。ジェネレーターは、リアルタイムで実行することも、信号をキャプチャまたはAIFFまたはSDIIファイルにストライピングすることもできます。



トランスファーファンクション測定システム:ライブサウンド、機器テスト、または音響およびオーディオシステムの特性を分析する必要があるアプリケーションの場合、SpectraFoo Completeのトランスファーファンクションディスプレイは、左右のチャンネル間の相対的なパワーと位相応答を表示します。



キャプチャおよび静的分析システム: 選択したオーディオをコンピューターのRAMに記録し、非常に詳細な非リアルタイム分析を実行します。すべてのキャプチャは、ソース素材のタイムコードを参照します。キャプチャは手動で開始することも、レベルベースのトリガーまたは時間ベースのトリガーで自動的にトリガーすることもできます。



コードレベルメータリング:低レベルのオーディオビットストリームを監視するための3種類のビットメーターが使用できます。



特徴

  • ウィンドウセット:分析機器の任意の組み合わせを必要に応じて配置し、プリセット保存や、メニューまたはキーコマンドを使用して簡単に呼び出すことが可能です。
  • リンクグループ:複数の機器のコントロールをリンクして操作します。たとえば、同じスケーリングを使用してすべてのレベルメーターを表示したり、1つのスライダーで複数のスペクトラグラフの周波数範囲を制御したりできます。
  • 大規模マルチチャネル:最大24の独立した分析チャンネルを使用可能です。
TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報