Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

SA-2 Dialog Processor
5-band strategic active equalization

製品の説明

ダイアログの問題を的確に解消するために開発され、戦略的に選び抜かれた5バンドで構成されたアクティブEQ

ダイアログ=台詞は、映画、TVショーやドキュメンタリーまで、映像作品だけでなく、あらゆる会話を含むメディア制作における最重要な要素の一つです。サウンドトラックとなる音楽スコア、音響効果を始めとする無数の音源、これらに加えることを考慮すれば、ダイアログ・ミキシングが困難な作業であることは明白です。俳優の台詞が聞き取れない映画なんて考えられないでしょう。

20160517_mcdsp_SA2-whole

SA-2 Dialog Processorは、アカデミー受賞の経験を持つレコーディング・ミキサー、Mike Minklerによって発明され、100を超えるメジャーな映像作品で使用された稀少なハードウェア・ユニットをベースにしています。録音されたダイアログ素材のサウンドを向上させるべく設計されたSA-2は、ダイアログにとどまらず、音楽におけるボーカルや、あらゆるトラックの質感調整にも優れた性能を発揮し、ディエッサーとして、マルチバンドコンプレッサーとして用いることができます。20160517_mcdsp_SA2-Mode20160517_mcdsp_SA2-ModeSA-2 Dialog Processorは、戦略的に選び抜かれた5つのバンドで構成されるアクティブEQであり、複数のモードを切り替えることで、様々なダイアログの問題を的確に解消することが可能です。アクティブEQの各バンドには、信号に対するEQの度合いを決定するスレッショルドが備えられています。さらにバンドごとにオン・オフできるため、各バンドの効果を素早く確認することができます。二つのモード選択が用意されており、一つはアクティブEQのカーブを、もう一方は周波数スペクトラム上における5バンドの位置を決定します。また、プラグインの入出力レベルは個別に調整することが可能です。

特徴

  • 戦略的に選びぬかれた5つのバンドで構成されたアクティブEQ
  • 複数のプロセス・モードにより様々なダイアログに対応
  • ユニークなリダクション・メーターを採用
  • 倍精度処理によるプロセッシング
  • 超低レイテンシー
  • モノ、ステレオ・コンフィギュレーション

SA-2 Dialog Processor HD

-税込価格-
¥25,300

SA-2 Dialog Processor Native

-税込価格-
¥17,600

仕様・動作環境

McDSP 動作環境

  • Mac OS X 10.10-10.15
  • Windows 7-10
  • AAX DSP、AAX Native、Audio Units、VST、VST3対応プラグイン
  • 最大サンプリング・レート:192kHz

 

プラグインフォーマットについて

  • AAXバージョンはPro Tools 12以降、Pro Tools 2018, 2019, 2020が必要です。
  • AAX DSPバージョンの利用にはHDライセンスが必要です。
  • S6LバージョンはVENUE OS 5.3.2 以降が必要です。
  • AUバージョンはLogic X以降が必要です。
  • VST、VST3バージョンはCubase 8〜10およびNuendo 6.5以降でのご利用を推奨します。

 

*ご注意:仕様変更によりCompressorBank、FilterBank、AnalogChannel、MC2000は、V4以前の旧バージョン・プラグインを使用したセッションを再現できません。

 

その他基本的な動作環境は、ホストアプリケーションの動作環境に準じます。無償で作成/ご利用いただけるiLok.comアカウント、インターネット接続環境が必要です(インストーラのダウンロード、およびオーサライズ時のみ)。 iLok2、iLok3、またはiLok cloud対応。製品の仕様・動作環境、および価格は、予告無く変更となる場合があります。

 

SA-2 Dialog Processor HD

-税込価格-
¥25,300

SA-2 Dialog Processor Native

-税込価格-
¥17,600

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報