• POPULAR LINKS
検索

本サイトでの Cookie の使用について

scroll

RedNet PCIeNX

製品の説明

- 2024上四半期発売予定 -

パワフルなワークフローを実現

Dolby Atmosのようなイマーシブ・フォーマットや、多数チャンネルのDanteアプリケーション向けに設計されたRedNet PCIeNXは、128 x 128オーディオ・チャンネル(最大192kHz)を超低レイテンシーで提供します。

ポストプロダクションに最適

Dolby Atmosで作業するポストプロダクションのプロフェッショナルたちのために、RedNet PCIeNXは多チャンネルのDanteオーディオをDolby Rendererとシームレスに統合する機能を提供します。

レコーディングに最適

商業レコーディングスタジオや音楽制作施設向けに、RedNet PCIeNXは超低レイテンシーで128x128チャンネルの非圧縮高解像度オーディオを提供し、高いパフォーマンス、柔軟性、拡張性を実現します。

RedNet PCIeNX

PCとMacに対応

PCとMac(最新のApple Siliconを含む)に対応するRedNet PCIeNXは、既存のハードウェアと統合し、あらゆるDanteワークフローを加速します。

デュアルイーサネットRJ-45接続による柔軟性の向上

2つのイーサネットRJ-45での接続は、スイッチモードと冗長モードの両方を提供し、接続の柔軟性を高めるだけでなく、ミスが許されない状況でセカンダリネットワークを持つためのオプションを提供します。

最新のAoIP規格をサポートしたブロードキャスト対応

RedNet PCIeNXはAES67、Dante Domain Managerをサポートし、SMPTE ST 2110に準拠しています。

RedNet PCIeNX

シンプルな統合ネットワーク・コントロール

統合されたネットワークインターフェイスは、インストールと接続を簡素化し、オーディオとネットワークコントロールのためのシングルケーブル接続を可能にします。

RedNetコントロール対応

RedNet PCIeNXはRedNet Controlと連動し、ネットワーク上のすべてのRedNetデバイスの制御と監視を1つのアプリケーションで実現します。


製品画像

RedNet PCIeNX
RedNet PCIeNX

特徴

  • 128×128チャンネル(24-bit/192kHz)、超低ラウンドトリップ・レイテンシー
  • Dolby Atmosやその他のイマーシブ型フォーマットを使用した大規模なレコーディング・セッションやポストプロダクション作業に最適
  • デュアルイーサネットRJ-45接続により、スイッチモードとリダンダントモードの両方に対応し、柔軟な接続性を提供
  • AES67やSMPTE ST 2110準拠(DDMが必要)など、最新の規格に対応
  • WindowsまたはMacコンピュータに対応(IntelおよびApple Siliconに対応)
  • PCIeスロットまたはThunderboltシャーシに簡単に設置可能
  • 統合されたネットワーク・インターフェイス – オーディオとネットワーク制御を1本のケーブルで接続可能
  • RedNet PCIeNXはFocusriteの3年保証

RedNet PCIeNX

-税込価格-
¥302,500

RedNet PCIeNX

-税込価格-
¥302,500

TOPへ