Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

RedNet R1
Focusrite Redシリーズを拡張するデスクトップ・リモート・コントローラー

製品の説明

Redシリーズの力を解き放つ

RedNet R1は、モノラルから7.1.4サラウンドまで、Dolby Atmosやその他のイマーシブ・オーディオ・ワークフローを含む、さまざまなモニター出力設定を柔軟にコントロールすることができます。また、最大12出力の完全なカスタム・セットアップを設定して、カスタム・スピーカーの設定を行うこともできます。

ProTools HD、その他のDAW、アナログ入出力、ADATやS/PDIF接続、さらにはDanteオーディオ・システム全体からの出力を含む、Redインターフェイスの多数のソースやデスティネーションからの出力グループを同時に、かつ相互にコントロールすることが可能です。


仕様・動作環境

内部トークバック:
  • ゲインレンジ:0dB~55dB
  • タイプ:バランス、Zin = 3kΩ
  • 最大入力レベル:+10dBu ± 0.5dB
外部トークバック
  • 利得範囲 0dB~55dB
  • ゲインレンジ:バランス、Zin=3kΩ
  • 最大入力レベル:+10dBu ± 0.5dB
  • 周波数特性:20Hz-20kHz ± 2dB
  • THD+N:-98dB (0.0012%) @ -1dBFS
  • EIN:-128dBu 'A'-Weighted (typical)
  • SN 比:-111dB 'A'ウェイト、最小ゲイン
  • CMRR(同相信号除去比):50/60Hz CMRR:-77dB
ヘッドフォン出力
  • 値はすべて最大出力レベル(Rs = 600Ω)での測定による
  • 0dBFS基準レベル:+11dBm
  • 周波数特性:20Hz~20kHz ±0.5dB
  • THD+N:-100dB(0.001%)@-1dBFS,Rs=150R
  • 出力インピーダンズ:5Ω
  • ヘッドフォンのインピーダンス:32Ω - 600Ω
デジタルパフォーマンス
  • サポートされているサンプルレート: 44.1/48/88.2/96 kHz (-4% /-0.1%/+0.1%/+4.167%) 24ビット時
  • クロック・ソース:内部またはDanteネットワーク・マスターから
リアパネル接続、ポットおよびスイッチ
入力
  • 外部トークバックマイク入力:1 XLR (F)
  • フットスイッチ:1ステレオジャック
出力
  • ヘッドフォン出力:1ステレオジャック
  • 電源スイッチ:1スイッチ
    • トークバック・ゲインポット:1ポット
    • <トークバック・スイッチ:トライステートスイッチ(外部トークバック+48V、外部トークバック、内部トークバック)
    PSU & ネットワーク接続
    • PSU (PoEおよびDC):PoE入力およびDC 12Vロックバレル入力コネクタ
    • ネットワーク・コネクタ:標準 RJ45
    電源
    • パワーオーバーイーサネット(PoE):IEEE 802.3afクラス0のPower-over-Ethernet規格(PoE AまたはPoE B互換)に準拠
    • DC電源:12V 1.2A DC電源
    • 消費電力:PoE:10.3W 、DC:9W

    フレキシブルなモニター制御

    トップパネルのコントロールには、レベル、リファレンスレベルのプリセット選択、カット、ディム、ミュート、様々なソロモードがあります。

    スピーカーの切り替え

    多数のモニタリング・プリセットを切り替えるためのA/Bスイッチと、4つの折り畳み式プリセットを使用することで、素早い切り替えでダウンミックスをチェックすることができます。

    キューとトークバック機能

    カスタム・キュー・ミックスは、32の入力から任意の音源を演奏者に送ることができます。
    RedNet R1にはマイクが内蔵されています。また、リアパネルのXLR端子に任意のトークバック・マイクを接続し、使用することが可能です。

    RedNet Controlによるソフトウェア/ハードウェア制御環境

    RedNet Controlを使用することで、ソフトウェア上で複雑なモニタリングとルーティングの設定を素早く設定することができます。

    フットスイッチ入力

    1/4インチジャックソケットではトークバックの管理、LFEミュート用のフットスイッチとして使用可能

    パワーオーバーイーサネット(PoE)対応

    イーサネット経由(PoE規格を使用)、またはDC電源を使用して電源を供給します。

    TOPへ
    Exact matches only
    タイトルを検索
    本文を検索
    製品をさがす
    Search in pages
    ブランド名
    コンテンツ
    ソリューション提案
    サポート情報