Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

EVE Audio SC3070

製品の説明

20200120_eveaudio_sc3070-4
20200120_eveaudio_sc3070_back

EVE Audioから、同社の最新モニタリングソリューションとなるSC3070が発表されました! 7"ウーファーと4”ミッドレンジ、そしてAMT RS3リボンツイーターを搭載したウルトラコンパクトな小型3ウェイ・モニター・スピーカーです。
同社のメインモニター製品のラインナップにはなかったフォームファクターを備えています。寸法も340 x 250 x 310 mmと”ウルトラコンパクト”のタイトル通り、SC30xモデルとしてはるかに小さなサイズながら、SC407のミッド/ハイ・セクションに比肩する、優れたミッドレンジを再現します。

 

EVE Audioモニターの特徴でもあるDSP制御で、今までも低域から高域までのつながりの良さは3ウェイのSC305/307で発揮されてきましたが、今回SC3070で各ドライバが再構成されたことで、よりタイトな位相とトランジェントの揃ったサウンドが期待できそうです。3ウェイの解像度は素晴らしいが部屋のサイズから導入を見送られていた方にも注目の製品ですね!

発売時期や価格は未定ですが、かつてなかったEVE Audioの新しいニアフィールド/ミッドフィールド・モニターに期待が膨らみますね。

 


20200120_eveaudio_sc3070_photo

 

ウルトラコンパクト3ウェイ ・モニター、バランス良く優れたミッドレンジの再現力が、自宅スタジオからマスタリングまで、正確な音像をレコーディングに届けます。

 

SC3070は、高解像の3アンプ方式ニア/ミッドフィールド・モニターです。正確な中域の描写力とパワフルな低域特性を最適化することで、今まで3ウェイ・システムの優れた能力が必要とされながらも、スペースの関係で設置できなかった場所での使用に最適なモニター・スピーカーとなっています。
SC3070アクティブ・リファレンス・スタジオモニターは、小規模スタジオにおけるメインモニターをよりサイズを超えるレンジのサウンドへと拡張します。この3ウェイ・システムであれば、4ウェイ構成のSC407のミッド/ハイ・セクションに比肩する優れたミッドレンジと、全帯域にわたって優れたバランスと低歪みを、さらに圧倒的なコンパクトなキャビネットで実現することができます。SC3070は、ホームスタジオからレコーディング、マスタリングに至る幅広い用途に使用できます。

 

技術情報

EVE Audioが独自に開発したAir Motion Transformer RS3ツイーターと、特別に設計された4"ミッドレンジ・ドライバーにより、SC3070は誇張のない高・中域を緻密に描写しつつ、耳に負担をかけることなく届けます。また、7”ウーファー・ドライバーは正確かつパワフルに低域を支え、SC3070を完全なモニターとして成立させています。
低域および中域用ドライバーには、他のEVE Audio製品モデルと同じ、SilverConeが用いられています。その性能は、世界中のスタジオに導入され、証明されてきました。これらのドライバーには低歪みのカッパー・キャップ・マグネット・システムが採用されており、歪みにつながるあらゆる要素を大幅に低減します。コーン表面に使われる皮膜素材はファイバーグラス・コーティングされたハニカム構造で成形され、安定して正確なトーンの再生を実現しています。

DSP

全てのEVE Audioモニター製品と同じく、SC3070は高解像DSP回路を備えています。BurrBrown製の高品位24bit/192kHz A/Dコンバーターが、XLR/RCAに入力されたアナログ信号を変換します。DSPはレイテンシーフリーのフィルタリングを施すと同時に、全周波数帯域でオーバーロードが起きないよう回路をプロテクトしています。本体の電源投入時、SC3070のボリュームはゆっくりと増加するよう調整されており、入力信号の過入力によりボリューム調整可能な時間を確保しています。

アコースティック環境に応じた調整は、フロント・パネルのプッシュ式LEDロータリー・エンコーダーで行うことができます。システム・ボリュームの設定や、ルームの特性に応じたフィルター(ロー/ハイシェルフ・フィルター、ミッドEQ)の調整を、このノブから行うことが可能です。全ての設定値は、ノブで選択することでLEDリング上に表示されるため、素早く情報を確認できます。LEDリングの明るさも、スタジオの照明や映像との作業に合わせて調整することができます。

現代的な音楽制作において必要とされるパワーを十分に提供するシステムを完成するため、3つの高品質なClass Dアンプが採用されています。選択可能なボリュームやフィルターの設定は、リア・パネルのディップスイッチで個別に固定でき、無用な変更や意図しない変更を防止することができます。

ベースポートの設計

リア放射式の低域反射チャンネルは、ノイズの流入を抑え、SC3070のパワフルかつ精密な低域再生能力を補強するよう設計されています。
より詳細な情報については、こちらのページをご参照ください。

 

Gallery

特徴

  • 本格的な3ウェイ・ニア/ミッドフィールド・モニター
  • 独自のRS3 AMTツイータによる澄み切った高域再生能力
  • 4インチ・グラスファイバー・ハニカム・ウーファーで、ディテールまでも描き出すミッドレンジ再生
  • 7インチの低域ドライバーにグラスファイバー・コーティング加工のハニカム・ダイアフラムを採用
  • 洗練されたキャビネットと、縁を滑らかに加工した超硬化フロントパネルが不要な共振や干渉を抑制
  • 中域および低域に専用の100 WクラスDアンプ(x2)を搭載
  • AMT専用50 WクラスDアンプ(x1)を搭載
  • あらゆるリスニング環境に対応するDSPによるパラメーター制御とプロセッシング
  • 24bit/192kHz高解像度Burr-Brown A/Dコンバーター
  • 調光可能なLEDリング
  • A.M.T.を保護する取り外し可能なグリル

仕様・動作環境

SC3070 3-way System
Dimensions (WxHxD) [mm] 340 x 250 x 310
Dimensions (WxHxD) [“] 13.39 x 9.84 x 12.22
Free-field frequency range (-3dB) 35Hz – 21kHz
Tweeter AMT RS3
Midrange 100mm/4″
Woofer 165mm/6.5″
Maximum SPL @ 1m 110dB
Number of amplifiers 3
Output power (woofer) 185W
Output power (mid-driver) 100W
Output power (tweeter) 50W
Protection limiter  
Settings  
Volume -inf. – +6dB
High-shelf filter (-5dB – +3dB) > 3kHz
Mid EQ (-3dB – +3dB) 1kHz
Desk filter boost (0dB – +3dB) 80Hz
Desk filter cut (-5dB – 0dB) 180Hz
Low-shelve filter (-5dB – +3dB) < 300Hz
LED brightness setting  
Level-lock dip switch  
Filter-lock dip switch  
Input level dip switch +7dBu/+22dBu
Connectors  
XLR in (impedance) ○ (10k)
RCA in (impedance) ○ (10k)
Power consumption  
Standby < 1W
Full output 220VA
Weight kg/lb. 9.8 / 21.6
TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報