Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

INSTRUMENT 1

製品の説明

INSTRUMENT 1

INSTRUMENT 1は、ストラム、スライド、タップ、叩く、といった様々な奏法が可能な、全く新しいMIDIコントローラーです。

マルチな用途に対応

スピーカー内蔵、充電池内蔵(フル充電で最低6時間以上の駆動が可能)、完全なMIDI互換性、iOS接続性を備えたINSTRUMENT 1は数々の賞に選ばれています。プロダクション、パフォーマンス、プレイを全てカバーする、新しいカテゴリーの製品です。

ANNIE SHRED

ロサンゼルスを拠点とするギタリスト、プロデューサー、ソーシャルメディアの魔術師、アニー・シュレッド。
テクニカルなメタル音楽への情熱がINSTRUMENT 1に出会ったとき、完全にオリジナルのサウンドを生み出します。

お持ちの演奏テクニックを活用

すでに他の楽器で習得した楽器演奏のテクニックを、INSTRUMENT 1でもすぐにお試しいただけます。
新しいことをやるために、新しい奏法にチャレンジする必要はありません。

ギターではない、新しいデバイス

ギターやベースの演奏の経験はありますか? フレットボードの知識が少しでもあるなら、すぐにデジタルな音楽制作を始めていただけます。INSTRUMENT 1は世界で唯一のMIDI MPEストリング・コントローラー。使い始めるのはとても簡単です。

カバンで持ち運べるバンド

重さわずか725gのINSTRUMENT 1は、どこにでも持ち運べて何でも演奏できるソングライティングツールです。

また、充電式のバッテリーは一日中持続します。

自由度の高さと、魅力的な付属アプリ

キーボードコントローラーよりも汎用性が高く、従来のインストゥルメントよりもはるかに高性能なArtiphon INSTRUMENT 1は、音楽制作における制限を鮮やかに解き放ちます。
まずは付属のアプリに収録されている、最高峰のサウンドとシンセを演奏してみてください。

2種類のカラーバリエーション

White、Blackの2種類のカラーバリエーションからお選びいただけます。

スタイルに合わせて選べる別売オプション

ソフトケース

ストラップ

Artiphon INSTRUMENT 1は様々なスタイルに合わせた演奏方法ができる新しいデジタル楽器。見た目の通りギターのようにサウンドをかき鳴らすだけでなく、スライド、タッピング、フィンガードラムもできる世界初のMIDIコントローラーです。

続きを読む

INSTRUMENT 1は様々なポジションで演奏できるように設計しました。あなたがもしギタリストなら、いつものように椅子に座ってINSTRUMENT 1を構えたり、INSTRUMENT 1ストラップを使って立って演奏したりすることもできます。一方、チェリストのようにINSTRUMENT 1を垂直に構えて使うことも可能です。ビートメイカーやフィンガードラマーならINSTRUMENT 1を机の上に置くことで、おなじみのグリッド・サーフェイスとして使えることだってできます。そしてINSTRUMENT 1は、バイオリンのように首に挟み込んで演奏することさえできます。

ギター、ベース、チェロ、バイオリン、あるいはバンジョー。あなたが弾きなれた楽器の演奏テクニックを使って様々な音源を鳴らしたい?もちろんOKです。INSTRUMENT 1には様々なチューニングプリセットが揃っているだけでなく、各弦を個別に調整することもできます。独特なオープンチュー二ング楽器を作ってしまうことも可能です。

楽器演奏の経験がない?それでも大丈夫。INSTRUMENT 1は一般的な鍵盤のように押す(プレスする)だけでも音を出すことができ、誰にでもすぐに演奏が楽しめるようにスペシャル・デザインを施しました。コードが押さえられなくても大丈夫、"Smart Strum"機能を使って1本の指でコードをかき鳴らすことや、アルペジオを奏でることも可能。また、どこを弾いても指定したスケールの中で音を出して感覚的に楽器を鳴らすチューニング機能もあります。

INSTRUMENT 1本体にはギター、バイオリン、ピアノ、ドラムなど8つのプリセット楽器をスタンバイ(MacやWindows、iPhoneやiPadを使うことで無限のカスタム楽器をストックしておくこともできます)。そのうち4つのスロットには自分だけのカスタム楽器をセーブすることも可能。モード、メソッド、チューニングを保存してくことで、Logic Pro X、Garageband、Ableton live、Reason、Cubase、Pro Toolsなどのデジタルオーディオワークステーション(DAW)やKontakt、Serumなどのプラグインにとっての強力なMIDIコントローラーにもなります。

カスタム楽器の作成はiOSアプリ、Mac/Winの無料アプリArtiphon INSTRUMENT 1 Editorから行うことができます。

「押さえる力」と「ベロシティ」に敏感なフレットボード形状を採用することにより、INSTRUMENT 1は今までのMIDIキーボードになかった新しい表現を可能にします。ノート・オンの後に特定の指にだけにビブラート(モジュレーション)を掛けることもできます。ギタリストがそうするように、特定の指で垂直方向に力を掛けることでチョーキング(ピッチベンド)をその指(音)だけに掛けることも可能。

そうです。INSTRUMENT 1は次世代のMIDI規格であるMPE(MIDI Polyphonic Expression)に対応しています。従来のMIDIコントローラーのような限られたチャンネルの表現だけでなく、複数のチャンネルを用いることで、普段使っているソフトウェア音源からも新しい表情を引き出すことができるようになります。スティール・ギターのようなスライド、特定の音(指)にわずかなビブラートを加える、片手で重厚なオーケストラを奏でる。今よりも深い表現がきっと可能になるはずです。

製品の発表以来、数々の賞を受賞したArtiphon INSTRUMENT 1。一見するとギターの指板のように見えるこの楽器は、プロダクション、パフォーマンス、プレイの新しいカテゴリを切り開くポテンシャルを備えています。無限のカスタマイズをフルに活用して、自分だけのインターフェイスに仕立て上げましょう。

よくある質問(FAQ)

INSTRUMENT 1全般に関するご質問

INSTRUMENT 1はどこで購入できますか?
全国のArtiphon取り扱いディーラーにてご購入いただけます。

INSTRUMENT 1の充電方法を教えてください。
同梱の電源アダプターを使用することで充電可能です。電源アダプタには、世界の様々な国の電源コンセントに適した複数のタイプのアダプターがあります。ミニUSBポートからは充電されません。
必ず同梱の電源アダプターのみを使用してください。異なるアダプターをご使用の場合は、INSTRUMENT 1を損傷する可能性があります。アダプターの組み立て方法はこちらをご覧ください。

INSTRUMENT 1はMIDIコントローラーですか?
はい。MPE規格もサポートする、非常に多用途のMIDIコントローラーです。

INSTRUMENT 1 Editorとファームウェアを更新するにはどうすればよいですか?
INSTRUMENT 1 Editorをartiphon.com/downloadsからダウンロードするか、ArtiphonアプリをiOS Appストアからダウンロードします。これらのソフトウェアやアプリでは、常に最新のファームウェアが利用可能です。

INSTRUMENT 1と互換性のあるiOS, Mac, WindowsのOSのバージョンは?
iPhone 5以降iPad第4世代以降iPod touch第5世代以降Mac OS X 10.9以降Windows 7(64ビット)以降

INSTRUMENT 1は単体での演奏が可能ですか?
INSTRUMENT 1で演奏するためには、ソフトウェア音源を再生するための外部デバイスが必要となります。外部デバイスとしては、iOSデバイス、Mac, Windowsコンピュータ、またはUSB接続のシンセサイザーなどが該当します。
ヘッドフォン端子も備えていますので、ヘッドフォン出力もご使用いただけます。さらに、INSTRUMENT 1のスピーカーをバイパスして、接続した外部デバイスから音声を出力することも可能です。
INSTRUMENT 1は、Ableton Live、Pro Tools、GarageBand、Logic、MainStage、FL Studio、Bitwig、Cubaseなど、MacおよびPCのMIDI対応ソフトウェアと互換性があります。3rdパーティ製のソフトウェアを使用する場合、MacおよびWindowsコンピューター用のINSTRUMENT 1 Editorを用いてカスタマイズが可能です。

INSTRUMENT 1はAndroidで動作しますか?
INSTRUMENT 1は、MIDI互換ソフトウェアを再生できるクラス準拠のUSB MIDIおよびオーディオデバイスです。 OS X、Windows、およびiOSプラットフォームで広範なテストを実施しました。現在、iOSネイティブのArtiphonコンパニオンアプリを開発中です。現時点(2019年8月時点)ではAndroidサポートは実験段階にあります。

INSTRUMENT 1での演奏に関するご質問

MIDIとは?
MIDIは、電子楽器の演奏データを機器間で転送・共有するための共通規格であり、業界標準の音楽技術通信プロトコルです。

INSTRUMENT 1の電源が入りません。
I/OパネルのINSTRUMENT 1の電源ボタンを押してもPWR LEDが点灯しない場合、機器のバッテリーが充電されていない可能性が高いと考えられます。電源をオンにしてもライトが緑色に点灯しない場合は、付属の電源アダプターを用いて充電する必要があります。
お住まいの地域の電源コンセントの形式に合ったアダプターを接続して、12V電源アダプターを組み立てます。
正しく組み立てると、アダプターは充電器の本体と平らになります。

同梱の電源アダプター以外のものをご使用の場合は、INSTRUMENT 1に重大な損傷を与える可能性があります。
12V充電ポートにアダプターを挿入します。PWR LEDが青色に変わり、充電中であることを示します。この状態になれば、充電を続けながらINSTRUMENT 1をオンにして再生することが可能です。

楽器から音が出ません。
INSTRUMENT 1は、iPhone、iPad、Mac、PCなどの音声生成デバイスに接続する必要があります。音声生成デバイスはINSTRUMENT 1からMIDIノートを受信し、それらをサウンドデータに変換します。デバイスがUSBオーディオに準拠している場合(上記のプラットフォームのほとんどが準拠しています)、INSTRUMENT 1は内蔵スピーカーからサウンドを再生します。または、ヘッドフォンを接続するか、接続されたデバイス自体からサウンドを出力し、INSTRUMENT 1のスピーカーをバイパスすることもできます。

カポボタンの隣の指板でライトが点滅している場合、これはINSTRUMENT 1が接続されていないことを意味します。INSTRUMENT 1とiPhone、iPad、Mac、またはPCを接続しているミニUSBケーブルが正しく接続されていることを確認します。

INSTRUMENT 1は、音楽制作ソフトウェアのオーディオ出力デバイスとして選択する必要があります。 iOSにおいては、画面の下部からスワイプしてコントロールセンターを表示し、出力がBluetoothヘッドセットなどに切り替わっていないことを確認します。

ファームウェアの更新後に問題が生じた場合は?
INSTRUMENT 1の電源を落としてから再度オンにしてください。また、Artiphonアプリを一度閉じてから再起動してください。問題が解決しない場合は、ファームウェアを復元してください。
ファームウェアの復元方法のひとつは、INSTRUMENT 1エディターを用いる方法です。Helpタブを選択し、「INSTRUMENT 1ファームウェアの復元」を選択します。
復元方法のふたつめは、iOSのArtiphonアプリを用いる方法です。右上のAをタップしてファームウェアアップデーターを起動し、最新のファームウェアバージョンを再インストールします。

フレットレスのスライドやストリングベンディングが、シンセやバーチャル・インストゥルメントで正しく機能しません。
INSTRUMENT 1では、MIDIコントロールの一種であるピッチベンドを使用して、シームレスなフレットレススライドを実現しています。これらのテクニックをサードパーティのサウンドジェネレーターで使用できるようにするために、INSTRUMENT 1はピッチベンドデータを複数のMIDIチャンネルに送信します。
一部の音楽アプリでは、ピッチベンドのある複数のMIDIチャンネルを使用することができません。この場合、iOSアプリまたはMac / PCプリセットエディターを使用して、INSTRUMENT 1をシングルチャンネルMIDIモードに設定します。
このモードでは、ノートを1つのチャンネルのみで再生できます。このモードでは、正しいフレットレス動作で指板を上下にスライドさせることができるのは、一度に1つのノートのみです。
ArtiphonアプリとINSTRUMENT 1エディターでは、INSTRUMENT 1のピッチベンドレンジの出力を12、24、または48に変更できます。外部シンセまたはバーチャル・インストゥルメントは、フレットレスモードまたはピッチベンドの設定と一致する必要があります。

iBowメソッドで音が再生されません。
iBow方式では、INSTRUMENT 1の弦を押し下げながらiPhoneを弓なりに動かします。iPhoneの角度と動きの組み合わせにより、音の大きさが変化します。

MPE(MIDI Polyphonic Expression)とは何ですか?
MIDI Polyphonic Expression(MPE)は、INSTRUMENT 1などの多次元コントローラーがMPEソフトウェア内のすべてのノートの複数のパラメーター(ピッチ、音色など)を制御できるようにするための、MIDIの新しい標準規格です。

INSTUMENT 1のチュートリアルはありますか?
もちろんあります。詳細については、クイックスタートガイドとINSTRUMENT 1マニュアルをご覧ください。YouTubeチャンネルには、あなたのArtiphonでの楽曲制作を刺激するコンテンツを常に更新しています。

バーチャル・インストゥルメントはどうやって入手できますか?
INSTRUMENT 1で演奏可能なバーチャル・インストゥルメントは、オンラインあるいは実在の楽器店で購入可能です。MacあるいはWindows環境では任意のデジタルオーディオワークステーション(GarageBand、Logic Pro、Ableton Live、Pro Toolsなど)上でバーチャル・インストゥルメントを使用することができます。

INSTRUMENT 1 (Black)

税別価格
¥48,000

INSTRUMENT 1 (White)

税別価格
¥48,000

仕様・動作環境

 

INSTRUMENT 1はMPE MIDIクラスに準拠しており、MIDIプロダクションソフトウェアすべてに対応しています。

無料で付属するアプリだけでなく、お好みのDAWにも、幅広く対応しています。

 

製品仕様(ソフトウェア)
・Mac OS X 10.9以降
・Windows 7 (64- bit) 以降
・iOS:iPhone 5以降、 iPad 4世代以降、iPod touch 5世代以降

 

製品仕様(ハードウェア)
・本体重量: 725g
・寸法:23.5 x 3.2 x 2.1 インチ  (596.9 x 81.3 x 53.3 mm)

INSTRUMENT 1 (Black)

税別価格
¥48,000

INSTRUMENT 1 (White)

税別価格
¥48,000

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報