Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
  • TOP
  • Apogee
  • Apogee Symphony I/O MKII – ProTools HD
scroll

Apogee Symphony I/O MKII – ProTools HD

製品の説明

Symphony I/O Mk II HD

Multi-channel Audio Interface for Pro Tools HD on Mac or PC

Symphony I/O Mk II HDは最高品質のサウンド・クオリティとチャンネルあたりの高い費用対効果を両立した、マルチ・チャンネ入出力を必要とするTools HDユーザーの方に最適なオーディオ・インターフェースです。Mac・PCいずれを中心とするスタジオでも、Symphony I/O Mk II HDならDigilinkポートを使用してPro Tools HDX/HD Native/Core/Accelシステムと接続することができます。

Symphony I/O Mk II HDは、他のAvid/DigidesignのPro Tools HDインターフェースと同時にまたは入れ替えて使用することが可能です。Symphony I/O Mk II HDにインストールされた各I/OモジュールはPro Tools HDからは個別のAvid HD I/Oインターフェースとして認識されます。このため、セットアップが非常に容易になり、サンプル単位での遅延補正などPro Toolsの重要な機能を活用することができます。

Symphony I/O Mk II HDは、1ユニットあたり最大32チャンネルの同時入出力が可能なため、余分なラック・スペースを占有することもありません。さらに多くのチャンネルが必要ですか?Symphony I/O Mk II HDは、1ユニットにつきシステム内のPro Tools HD DigiLinkポート1つを使用して、複数のユニットを接続することができます。各I/Oのキャリブレーションも、Symphony I/O Mk II HDのフロントパネル・タッチスクリーンで調整可能です。

特徴

  • 最高のパフォーマンスを誇るマルチチャンネルPro Tools HDインターフェース
  • チャンネルあたりの費用対効果の高いPro Tools HDインターフェース・ソリューション
  • DigiLinkポートを介してMac/PCのPro Tools HDシステムに接続
  • Avid HD I/Oをエミュレート、サンプル単位での遅延補正に対応
  • 複数ユニットの接続にも対応(1ユニットあたりHD Digilinkポート1つを使用、デイジーチェイン非対応)
  • フロントパネル・タッチスクリーンで簡単にI/Oのキャリブレーション調整が可能

Pro Tools HDハードウェアとの接続


Avid HDX


Avid HD Native Thunderbolt


Avid HD Native PCI


Digidesign HD Core/Accel

TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報