• POPULAR LINKS
検索

本サイトでの Cookie の使用について

scroll

Genesys G3D

製品の説明

立体音響をコンソールから直接アナログ・ミキシング

Genesys 3Dは、世界初のオブジェクトベースのハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームであり、コンソール表面から直接三次元のアナログミキシングが可能です。


G3D概要

Dolby Atmos認証

Neveエンジニア・チームがDolbyのエンジニア・チームと密接に連携し、他には無い、直観的なコントール・システムを開発。このDolby社認定のG3Dオプションを搭載したGenesys、Genesys Blackコンソールから直接、Atmos ミキシングが可能です。

新しいワークフローの可能性

Genesys G3Dユーザーは、1つのハードウェアでステレオでのトラッキング、オーバーダビング、およびDolby Atmosミキシングが可能。まさに、モダン・ミキシングのすべてに対応する「ワンストップ・ソリューション」に他なりません。

Dolby Atmos ミキシング

新しいI/Oマッピング・メソッドにより、Genesysのアナログ・チャンネル・ストリップ(EQダイナミクス処理、アウトボード・インサート・パス、アナログ・フェーダー・モーションを含む)を使用した三次元でミキシングが可能になりました。

ハードウェア&ソフトウェアの強化

Neveエンジニア・チームはハードウェアとソフトウェアの両方を組み合わせた独自の技術を開発。Genesys/Genesys Blackコンソールでの直感的な三次元ミキシングを実現しました。

デジタル・コントロール・フレームワーク

Genesys/Genesys Blackは、ソフトスイッチングとコントロールを備えた唯一のスタジオ・コンソールです。Dolby Atmos Rendererのコントロールの他、内部、及び外部機器の多彩なデジタル・コントロールが可能です。


G3Dハードウェア

タッチ・センシティブ・エンコーダー

G3Dシステムには4個のタッチ・センシティブ・エンコーダーを搭載。コンソールから感覚的にオブジェクトの配置、オートメーションのエディットが可能です。

直感的なビジュアル・モニタリング

各エンコーダーはステップ式のため精密なオブジェクトの配置をコントロールが可能。加えて、オブジェクトの位置を示す30段のLEDヘイローと、タッチ・インディケーションLEDを搭載。操作をビジュアルでも確認可能です。

RMU専用コントロール

G3Dハードウェア・パネルには、新しいスイッチバンクがあり、Dolby Atmos Rendererのリモート・コントロールが可能です。エンジニアは、コンソール表面からレンダラーの入力とマスタータブの切り替えやレンダラーのマスタートラックの録音待機のセットなどを素早く操作可能です。

3Dモニター・アッテネーション

G3Dハードウェア・パネルに3Dモニター・アッテネーション・モードと搭載。このモードでは、コンソールのコントロール・ルームモニター・エンコーダーにてDolby Atmos Rendererのメイン出力をコントール、更に数値ディスプレイにてアッテネーションを視認可能です。

Dolby Renderer ミュート、ディム、オブジェクトおよびベッドのミュート

Dolby Rendererコントロール・バンクにミュート、ディム、オブジェクトおよびベッドのミュート・コントロールを搭載。

バイノーラル・ヘッドフォン・モニタリング

Dolby Atmos Rendererからのバイノーラル・ヘッドフォン出力をコンソールのヘッドフォン出力に供給。コンソールのヘッドフォン出力にてバイノーラル・モニタリングが可能です。


G3Dソフトウェア

オブジェクト・メタデータ・コントロール

G3Dはオブジェクトベースのシステムであり、最大118のオブジェクトをDolby Atmos Rendererにてコントロール可能です。オブジェクト・パンニング・ウィンドウにて様々なコントロール方法を用いてオブジェクトを三次元空間に配置可能です。

モノ/ステレオ・オブジェクト

オブジェクトは、コンソールにてモノまたはステレオ・オブジェクトとして割り当てが可能。マニュアルでX/Y/Z位置を指定、もしくは3タイプのオートZシェイプ(球体、ウェッジ、天井)に追従設定が可能です。ステレオ・オブジェクトには、3つのミラーリング・オプション(なし、X、YまたはXY)があり、クリエイティブに配置可能です。

Dolby Atmos クライアント

G3Dシステムは、Dolby Rendererリモートクライアントとして動作します。LAN接続時には、コンソールはオブジェクト・メタデータをレンダラーに送信、また、ネットワーク上の利用可能なすべてのオブジェクトを取得できます。

スピーカー・コントロール

G3Dシステムは、接続されたStarNet ADA16の出力チャンネルを直感的にコントロールするスピーカー・コントロール・システムを搭載しています。このソフトウェア・コントロール・システムして個々のスピーカーのカット&ソロ、および固定またはカスタムのスピーカー・グループのコントロールが可能です。

高品位な音質のD/A出力

StarNet ADA16 ( AD/DAコンバーター)を接続することでG3D システムのAtmosスピーカー・システムへのメインD/A出力として使用可能です。ADA16はダイナミック・レンジと人間の聴覚範囲を超えるレンジでフラットで忠実なD/A変換チップを搭載。高品位な音質でのモニタリングが可能です。

9.1.6 コンフィギュレーション対応

G3DとADA16によりた7.1.4、9.1.4、および9.1.6のDolby Atmosスピーカー・システムに対応可能。あらゆるコンフィギュレーションでDolby Atmos for Musicのミキシングが可能です。


オブジェクト・オートメーション

オブジェクト・プラグイン・コントロール

GenesysControlプラグインにオブジェクト・コントロールパネルを搭載。オブジェクトのコントロールは、Genesys G3DアプリケーションとGenesysControlプラグイン間でミラーリングされ、どちらからもコントロール可能です。

プラグイン・スタイルのオートメーション

GenesysControlプラグインを使用することでオブジェクトの位置とパラメータをDAWのタイムラインにオートメーションを設定可能です。

Genesysタッチスクリーン・オートメーション

Genesysコンピューター・タッチスクリーンを使用して、オブジェクトのオートメーションを編集可能。直感的、かつ迅速な3次元ミキシングが可能です。

完全なオブジェクト・コントロール

G3Dシステムでは、Genesysアナログ・チャンネルの数に関わらず、118、全てのオブジェクトのオートメーションが可能です。GenesysControlプラグインではGenesysのアナログ・チャンネル・ストリップを通る「フォーカスされたオブジェクト」をオートメーション、また「フォーカス対象外のオブジェクト」はDAW内で処理されます。

シンプルなセッション管理

プラグインの新機能オブジェクト・アサイン・ウィンドウによりシンプルなDAWのセッション管理が可能です。

64bit オペレーティング・システム

Genesys G3Dは、新しい64ビットOS上で動作。G3Dシステムに搭載された強力なコントロール機能の処理に必要な処理に十分な環境を構築します。

Genesys、関連製品に関するお問い合わせはこちら

仕様・動作環境

ダウンロード

  • Genesys G3D User Manual (英語):1.5MB
TOPへ