Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報
scroll

DFC3D Digital Film Console

製品の説明

マルチフォーマットのフィルムダビングとポストプロダクションのために特別に設計された、最も完成度の高いデジタルミキシングコンソール

DFC3Dは、マルチフォーマットのフィルムダビングとポストプロダクションのために特別に設計された、最も完成度の高いデジタルミキシングコンソールです。他の追随を許さない設置基盤を持つDFCは、ワーナー・ブラザーズ、ゴールドクレスト・フィルムズ、フォックス、スカイウォーカー・サウンド、ヤッシュ・ラージ・フィルムなど、世界の一流映画施設の標準となっています。実際、国際的な大ヒット映画の70%以上がDFCでミックスされています。

dfc3d_01

パフォーマンス

AMS Neve DFC(デジタルフィルムコンソール)は、Dolby Atmos®、Auro3D®、IMAX® 12などの3Dサラウンドフォーマットでのコンテンツ制作の最先端を行く世界のプレミア映画施設の間で標準となっています。DFC3Dは、マルチフォーマットの映画のダビングやポストプロダクション用に特別に設計されています。コンソールの心臓部には、世界で最も強力なミックスエンジンであるUSPが搭載されており、伝説的なNEVEのサウンドを1つの高解像度DFC信号処理タワーで、1000のオーディオ信号経路を96kHz、24bitで配信することができます。明日のコンテンツの要求に対応するために必要なパワーを提供できるデジタル・ポストプロダクション・コンソールは他にありません。

Native Dolby Atmos® Mixing

Dolby Atmos®は、没入型3Dサラウンドサウンドの最新世代で、当初は商業映画館向けに開発されましたが、現在では家庭向けに開発されています。リスナーの周りに配置されたラウドスピーカー(天井のスピーカーを含む)をターゲットにすることで、部屋のどこからでも音が出ているかのように感じさせることができます。それは、再生中に正確に利用可能なラウドスピーカーを使用して3次元空間に配置されている独立したオーディオ要素として音を表現する適応性、スケーラブル、オブジェクトベースのフォーマットです。

AMS Neveは、Dolby Atmos®がリリースされるまでの数年間、Dolbyと協議を重ね、このオブジェクトベースのフォーマットでコンテンツを効率的に作成し、スタジオが採用できるようにする方法を共同で検討する機会を提供しました。

Dolby Atmos®フォーマットでネイティブにミックスされた最初の映画は「Oblivion」で、AMS Neve DFCコンソールを使用して達成されました。この時点までは、フィルムは従来のフォーマットでミックスされていましたが、その後、限られた数のサウンドを対象としたDolby Atmos®のために修正されたバージョンが作成されました。

ネイティブオーロ-3D® ミキシング

DFC3Dミックスエンジンは、16幅のステムとプリダブにより、3次元の音空間でネイティブにミックスすることができます。これにより、一般的なAuro-3D® 11.1やAuro-3D® 15.1フォーマットを含む、すべてのAuro-3D®フォーマットのコンテンツを簡単に作成することができます。

dfc3d_cu_4

コントロール・サーフェイス

DFC3Dは、一目で最高のフィードバックを提供するために開発された新しい高解像度、3D対応のメータリングを特徴とし、3Dワークフローに最適化された独自の空間パンナーを搭載し、効率的なミキシング体験を提供し、従来のミキシング技術からの移行を迅速に行います。カメラアングルは無限にコントロールでき、3Dビジュアライゼーションの再スキニングも可能です。メーターオプションはその場で変更可能で、各オペレーターは異なるメーター設定を持つことができるので、作業している部門に合わせて調整することができます。これはまた、関連性のないメーターやオブジェクトから気が散ったり、不必要な情報を最小限に抑えることができます。

ポップアッププラグイン表示は、関連するコントロールにタッチすると表示され、波形表示はキャッシュされるため、セットアップをリロードする際に事前のプレイパスが不要になり、ステムとオブジェクトのルーティング、ステータス、MADIステータス、プロジェクト設定はすべてマスターメーターに表示されるため、迅速な診断が可能です。

現実的な作業スペース内で多数のインプットに対応するため、コンソールサーフェスにはシグナルパスとEQやダイナミクスなどの機能がマッピングされたアサインが可能で、迅速かつ直感的な操作を可能にします。どのチャンネルストリップでも、モノラル、ステレオ、または最大16チャンネルのインプットのすべてのリソースをコントロールすることができます。

コントロールサーフェスは、どんなに複雑なミックスであっても、ルーティングやモニタリングのあらゆる側面に瞬時にアクセスすることができます。このチャンネルストリップは、特許取得済みのタッチセンシティブなロジケーターポットでトータルコントロールを提供し、各ノブの設定を瞬時に視覚的に確認することができます。

dfc3d_03

DFC3Dには、サブハーモニックシンセサイザー、マルチバンドコンプレッサー、AMS RMX-16 リバーブなど、新しい統合DSPプラグインプロセスが追加されました。DSPの容量が増えたことで、DSPの可用性を損なうことなく、既存のミックスセットアップで新しいプロセスを使用することができます。このプラグインは、最小限の物理的なコントロールで可能な限りのコントロールを提供するように設計されています。これらのプラグインは、セットアップが素早く、完全に自動化されており、コンソール上でのミキシングの感覚とペースを維持しています。

オートメーション

Encore:3は、定評のあるEncoreオートメーションの最新世代であり、革命的な新しいReconformとMix Import機能に加え、StopとMix Auditionのオートメーション機能を提供します。

Star Commandは、HUIプロトコルを使用してDAWを楽にコントロールすることができます。

Encore:3 Automation Reconformは、ピクチャーの再カットが可能な最後の瞬間まで行われるため、効率的なワークフローを実現します。変更リストはEncore:3に取り込まれ、新しいカットに合わせてミックス・オートメーションがリコンフォームされ、ミキサーの負荷を大幅に軽減し、ディレクターはダブに至るまでクリエイティブな変更を自由に行うことができます。

特徴

  • TFTチャンネル表示
  • TFTマスターディスプレイ
  • アンコール:3自動化システム(1800 AMS Neveコンソール対応)
  • 膨大なコスト削減を実現するオフライン編集オプション
  • 最も強力なDSPエンジン – Ultra Scale Processingカード – 96kHzで1000パス
  • Neve EQ、ダイナミクス、ベース・エンハンスメント・プラグイン(ダイナミクスにリンクしています)
  • より高速な制御面
  • 拡張された12本の茎の混合
  • MIOS96 新型I/Oシステム(フルリモートコントロール機能付き)
  • 完全に統合された機械制御
  • オプションのモニター設備ラック
  • WavTrakディスプレイは、レベルとダイナミクスのメータリング、グラフィカルなEQカーブ、オーディオ波形情報をパスごとに表示します。
TOPへ
Exact matches only
タイトルを検索
本文を検索
製品をさがす
Search in pages
ブランド名
コンテンツ
ソリューション提案
サポート情報