• TOP
  • Info
  • Symphony I/O Mk II超大型ソフトウェア・アップデート登場!

Symphony I/O Mk II超大型ソフトウェア・アップデート登場!

2017.04.17

ApogeeよりSymphony I/O Mk II Thunderboltソフトウェア・ドライバの大幅なアップデートRelese 3.0がリリースされました。本アップデートにはスタンドアローンAD/DAモードの追加、マルチ・ユニット接続とApogee Controlハードウェアのサポート、そしてまったく新しいコントロールソフトウェアSymphony Controlが追加されました。

 

Symphony Controlソフトウェア

20170417_apogee_cae009ea-6163-4371-8017-efc5f8972838

20170417_apogee_ff32de4e-33d5-4746-ac4e-d7c721f07179

Symphony ControlはApogee Maestroに替わる、Symphony I/O Mk IIのために全く新しく作られたコントロール・ソフトウェアです。Symphony ControlはMaestroの全機能に加え、非常にカスタマイズ性に優れたインターフェイスを採用、トークバック機能やEssentialsコントロールウィンドウ、FXセンド・ミキサーなど革新的な機能が搭載されています。

 

*Symphony ControlはSymphony I/O Mk II Thunderboltのみ対応となります。

スタンドアローン・モード

20170417_apogee_39b240fb-4457-4270-863c-4790aefafe4f

スタンドアローンモードを活用することで、コンピュータなしにSymphony I/O Mk IIの利用が可能になります。タッチスクリーンのフロントパネルからゲインを始めとする入出力の調整も行えるため、Symphony I/O Mk IIを ApogeeのフラッグシップAD/DAコンバータとして、Windows環境のDAWやデジタルコンソール、ピュアオーディオ機器としても使用することができます。Symphony I/O Mk IIスタンドアローン・モードが、既存のAD/DAからの置き換えとして、様々なシステムとのデジタル接続を実現します。

 

マルチ・ユニット/最大64ch入出力のサポート

20170417_apogee_57122434-9cd8-4c9f-9455-a8dbed74557c

新しいドライバによって、2台までのSymphony I/O Mk IIユニットの同時接続が可能になりました。これによりMacとのThunderbolt接続で最大64chまでの入出力がサポートされます。Logic Pro環境との組み合わせなら、先進のネイティブ・ワークステーションにおいて、より優れた音質、そして多チャンネルのマルチトラック・レコーディングが、驚くほどの低レイテンシーで可能になります。

 

Apogee Controlハードウェアのサポート

20170417_apogee_ebb530d2-b4d6-4762-8902-ce7373d8696b

本アップデートでは、Symphony I/O Mk IIのApogee Controlハードウェアからリモートでのコントロールが可能になりました。Symphony I/Oと同様の大きなノブと3つのフォーカスボタンによる入出力レベルの調整、ユーザーからの設定が可能な8つのダイレクトアクセス・ボタンにより、ユニットから離れた場所でも、様々な機能へ素早くアクセスすることができます。Apogee ControlはMacとUSBケーブルで接続します。

 

*Apogee ControlはSymphony I/O Mk II Thunderboltのみ対応となります。

 

Apogee Symphony I/O Mk II Release 3.0ダウンロードはこちらから

 

Symphony I/O Mk II製品ページ

TOPへ